痛風の尿酸値対策は、どうする?

痛風改善法や尿酸値対策、痛風食事療法、痛風運動療法などについて。

アンセリン 尿酸値 下がった

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
アンセリン 尿酸値 下がる?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

アンセリンというのは、サプリメントのこと。

 

アンセリンというのは、疲労回復効果が期待できる、と
考えられているサプリですが、同時に痛風サプリとしても有名で、
このアンセリンを飲んで尿酸値が下がった、というのも
よく聞く話です。

 

これは本当なのか。
本当にアンセリンで尿酸値が下がるのか。

 

アンセリンで尿酸値が下がったことは本当かもしれないけど、
もしかしたら、実際に尿酸値が下がった人だけが
「尿酸値が さがった下がった!」と言ってるだけかもしれない。

 

つまり、アンセリンを同じように飲んでも、
尿酸値が下がった人もいれば尿酸値がたいして下がらなかった人もいて、
尿酸値が下がらなかった人はガッカリして興味を失って、
黙っているのかもしれない。

 

だから、尿酸値が下がった人の話ばかりが耳に届くけど、
万人に尿酸値が下がるかどうかは定かではない、ということ。

 

そもそも「痛風です」と病院へ行ったら、
「それではアンセリンを飲みましょう」などと医師から言われることは
決して「ない」ですからね。

» 記事の続きを読む

フェブリクやザイロリックで やっちゃいけないこと

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
フェブリク ザイロリック
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

ある日、突然、原因不明に足が痛くなったので病院へ行くと、
血液検査などの、いくつかの検査の後、
「アナタは痛風です」などと宣告されてしまいます。

 

歩けなくなるくらいの激痛である痛風発作が、
ロキソニンやボルタレンなどの消炎鎮痛剤で
ある程度治まってくると・・・今度は
「それでは痛風の治療を開始しましょう」などと
病院で医師に言われてしまいます。

 

痛風の治療?

 

じゃあ、ロキソニンやボルタレンは治療じゃなかったのか。

 

病院が言うところの痛風の治療というのは、
痛風発作の炎症を緩和する投薬治療のことではなく、
要するに「尿酸値を下げる薬」を飲むことです。
フェブリクとか、ザイロリックとか。

 

数年前までは、ザイロリックが一番、
飲まれている尿酸降下薬でしたが、現在では
主流はフェブリクになりつつあるようです。

 

でも、まだまだザイロリックを飲み続けている人も
多いみたいですけどね。
長年、飲み続けている薬を変える、というのは
勇気がいる、とまでは言いませんが、
替えづらいものなのかもしれません。

» 記事の続きを読む

海藻サラダ 痛風

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
どうしても野菜サラダが食べられない
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風改善の第一歩は「食生活の改善から」などと言われてますが、
要するに「厳しい食事制限をしなさい」という意味なんです。

 

これが、なかなか できない。

 

だって、おいしいものは食べたいし、好きでもないものは
できたら食べたくない。

 

プリン体の多く含まれている食品は、
なるべく食べるのを減らしましょう・・・ってことは、
肉や魚を食べるのを少なくして、野菜や海藻を食べましょう、ってこと?

 

いえ、確かに「野菜サラダ」や「海藻」は痛風の人にとって
望ましい食品なんです。

 

それらを組み合わせた「海藻サラダ」なんかは、
痛風の人にとって最強の食品かもね。

 

» 記事の続きを読む

痛風の病院と薬

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風の病院は、どう選ぶ?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風になったら病院に行って治療を受けましょう、などと
よく言われますが、近年では病院の事情も少しずつ変わってきました。

 

バスに乗ったら、病院の宣伝をしていますからね。
アナウンスとか。
つり革広告とか。

 

一昔前なら、病院なんか宣伝しなくても、
次々に患者が訪れたものですが、最近は激戦というか、
結局、病院のパイ数が増えたんでしょうね。

 

病院も経営なんだ、と思い知らされます。
時代は変わった、ということでしょうか。

 

 

さて、痛風になったら病院へ行く・・というところまでは
いいのですが、いったい、どんな病院を選択すれば良いのでしょうか。

» 記事の続きを読む

夏に尿酸値を下げる

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
夏の痛風発作
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風のおける、尿酸値というものは、
血液中に どの程度の尿酸があるのか、というもの。
つまり、血中尿酸濃度のことですね。

 

痛風発作は痛くてツラくて嫌なので、
なんとか尿酸値を下げたい。
それも一時的でなく、継続的に。

 

尿酸値を上げる要因といえば、プリン体の多い食品の食べ過ぎ・・が、
有名ですが、実はプリン体を食べすぎなくても、
体の中で勝手に作り出されているのが尿酸。

 

それは体質によって大きな個人差があって、
俗にいう、痛風体質(痛風になりやすい高吸収体質)
の人は、体内で作り出される尿酸の生成量も多めです。

 

なんで、体内で尿酸が作られるのか、というと、
体内の無数にある細胞が新陳代謝するときに、細胞が核というものを
吐き出すため、最終的にそれが尿酸になったり。

 

あるいは、体内にある栄養分を人間が活動するためのエネルギーに
変換するときに尿酸が発生したり。

 

たしかにプリン体も尿酸の原料みたいな面もありますが、
痛風は「食事2割・体質8割」と言われているように、
本当は食事によるプリン体うんぬん・・よりも、
体内で作り出される尿酸のほうが、ウエイトは大きいのです。

 

» 記事の続きを読む

痛風 ボルタレンは胃に注意

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風発作 ボルタレン
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風発作は激痛です。
痛風の好発部位は足で、足が痛いと歩けなくて、本当に不便。

 

でも、どんなに痛くても痛み止めの薬を飲んででも
会社に行かなきゃ・・という人も多いのでは。

 

普段は何てことない通勤の道中も
痛風発作の最中は修羅の道に思えてしまいます。

 

痛風発作の痛み止めの薬、といえばロキソニンが定番。
痛風です、と病院に行って、まず処方されるのは、
普通は、そうです。ロキソニンです。

 

でもねえ。
実感として、あまり効かないのですよ、ロキソニンは。

 

確かに痛みは緩和しますが、痛みが和らいだ・・という程度。

 

嘘のように痛みが消失した!
・・・というには、程遠い気がします。

 

そこで、もっと強い痛み止めの薬はないのか。

 

もっと強力な痛み止めの薬はないのか、と考えるのが世の常。

» 記事の続きを読む

尿酸値対策にアンセリンを飲む

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風対策にアンセリンを飲む
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風サプリメントとして有名なアンセリンですが、
巷に溢れるアンセリン関連商品。

 

いったい、どれを選べばいいのか。

 

私なら、まず、値段を見ますね。
財布と相談っていうか。

 

それから、やっぱり、成分です。
アンセリンを飲む、ということは
痛風対策というか、やはり尿酸値を下がることを
期待して購入するわけですから、ノーチェックじゃダメでしょう。

 

しっかりと成分を確認しないとね。

» 記事の続きを読む

痛風だからといって絶食しちゃいけない

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風発作 絶食
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風発作の真っ最中は、あまりに痛くて、
腫れあがった足は痛々しいし、とにかく、ツラくて、
普段以上に食べられない、食欲がない、というケースは
たしかにあります。

 

しかしながら、どっちかというと、
この、激烈な痛風発作の痛みに辟易して、
なんとか、この強烈な痛みをどうにかできないのか、と。

 

少しでも、このキョーレツな痛風発作の痛みをなんとかしたい!

 

 

→で・・・痩せよう。
と思うのは、私だけ?

 

 

痩せたから、といって、
痛風発作の激痛が緩和するわけじゃございません。

 

体重が減ったから、といって、
痛風発作が早く治まるわけじゃございません。

 

しかし、何かせずに
いられないじゃないですか。

» 記事の続きを読む

尿酸値を下げる薬で尿酸値を下げる

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
フェブリク ザイロリック
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

一昔前は、痛風の薬といえば、ザイロリックが有名でしたが、
いまでは、だんだんフェブリクが主流になってきています。

 

ザイロリックもフェブリク(フェブキソスタット)も、
尿酸降下薬、いわゆる、尿酸値を下げる薬のことです。

 

もう、ザイロリックは服用されなくなった薬なの?

 

いえ、そんなことはなく、もちろん、ザイロリックも
今でも広く使用されている薬、尿酸値を下げる薬ですが、
今から飲み始めるなら、やはり、フェブリクでしょう。

 

ザイロリックを飲んでいる人は、今まで
ずっと続けて飲んでいるので、飲み慣れているので・・
という感じなのかもしれませんね。

 

以前から服用し続けている薬には愛着(?)があったり、
っていうか、単に薬をかえるのが面倒なだけだったりして。

 

 

病院で「ザイロリックから、そろそろフェブリクに切り替えましょう」
などと言われなければ、そのまま継続、というのもアリでしょう。

 

フェブリクは、ザイロリックよりも尿酸値を下げる効果が大きく、
それでいて、従来の薬よりは副作用が少なめ、と言われていますからね。

 

どっちを選ぶかは、もちろん、飲む当人が決めること。
医師は、あくまで指導、アドバイスをする立場。

 

自分が自分で、どうするか決めれば良いだけのことです。

» 記事の続きを読む

一般的な痛風治療法

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
基本的な痛風改善法
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風といえば、なんといっても
一番怖いのは「痛風発作」・・・と思われがちですが、
本当はそうじゃないんです。

 

たしかに最も痛くてツライのは痛風発作でしょう。
“人生最大級の痛み”なんて表現する人もいるくらいですからね。
(ちょっと大げさかも)

 

そして、痛いばかりでなく、
その好発部位が足に多発するなどの理由から、
歩けなくなってしまい、その歩行困難から
場合によっては失職したり、そこまでいかなくとも
仕事に支障が出たり、自宅でトイレにまでも
歩けなくなったり。

 

こんなに痛い痛風発作。
これほど苦しい痛風発作。

 

なのに・・・
これよりも怖いものがあるって?

» 記事の続きを読む

Copyright (C) 2017 痛風サプリを通販で買ってみる? All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます