〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
フェブリク 購入
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

尿酸値を下げる薬として、40年ぶりに痛風新薬として発売された、
フェブリク(フェブキソスタット)ですが、いまや、
尿酸降下薬として、従来薬のザイロリックを抜いて、
主流となりつつある勢いを見せています。

ですが、このフェブリク錠は薬価が高い。
なんてったって、新薬ですからね。
特許も切れていませんし、毎日、飲む薬にしては
やはり高い感が否めません。

 

 

ところが、新薬であるが故に、
フェブリクには後発薬(ジェネリック)がない。

 

でも、それは国内製造の話であって、
特許制度がない国では、すでにフェブリクのジェネリックは
作られていて、フェブタズ(Febutaz)という名前で発売されています。

 

日本国内で、フェブタズ(フェブリクのジェネリック)を入手するには、
個人輸入代行業者から購入するしかないです。

 

もちろん、個人輸入という以上、
自分の力で輸入してもいいですが、
外国語とか、税関の手続きとか、思ったより大変そうです。
自信のある人は、どうぞ。

 

 

で、そのフェブタズ(Febutaz)ですが、
私は当初、かなり懐疑的でした。
こんな得体の知れない薬、本当に大丈夫なのか、と。

 

 

 

ところが、最近。
海外の支店に、仕事で転勤しなきゃならなかった人の話を
聞く機会があって。

 

 

 

 

 

=======================
フェブリク 海外
=======================

 

その人は、長年、痛風で苦しんでいて、
フェブリクを服用していました。

 

 

ところが、日本の病院(あるいは薬局)では、
一度に大量の薬を処方してもらえないのですよ。

 

その人のように、長期海外出張などの人は、
たちまち、困ってしまうわけです。

 

フェブリクを入手するためだけに、日本に帰れませんからね。

 

 

で・・
その人は、どうしたのか?

 

 

海外へ転勤する前に、かかりつけの病院で、
「英語での処方箋」を書いてもらったのです。

 

そして、現地(海外)の病院へ。

 

すると、その病院で処方された薬は・・・

 

 

なんと、フェブタズ(Febutaz)だったのです!

 

 

 

フェブタズ(Febutaz)といえば、フェブリクのジェネリック。
海外では、フェブリクの後発薬(ジェネリック)として、
普通にフェブタズ(Febutaz)が処方されているようです。

 

しかしながら、毎日飲む薬ですから、
やはり、いろいろと心配です。

 

で、その人は、
日本にいる薬剤師さんに連絡して、
「フェブタズ(Febutaz)40mgが処方されたけど、
これを飲んでも大丈夫か、フェブリクじゃないけど、問題ないか」、
と確認したそうです。

 

すると、薬剤師さんの返答は
「大丈夫、問題ありません」
ということでしたので、やっと、その人も安心して、
フェブタズ(Febutaz)を飲むようになったそうで。

 

 

 

私が当初、フェブタズ(Febutaz)のことを、
なんとなく、怪しげな薬だなあ、大丈夫なのかなあ、
と考えていたように、やはり同じように考えていた人もいるのですね。

 

心配な人は、この人のように、
日本の病院や薬剤師さんに
「フェブタズ(Febutaz)を飲んで問題ないか、安全性は大丈夫か」
と尋ねてみるのも良い方法かもしれません。

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)40mg(ジェネリックフェブリク)

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)80mg(ジェネリックフェブリク)