〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
フェブリクのジェネリック
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風改善法といえば、
「プリン体の多い食品の摂取を制限する」
というのが有名です。

が・・
フェブリクやザイロリックなどの尿酸値を下げる薬を飲んで、
実際に尿酸値が下がってしまうと、
「プリン体の多い食品の〜制限」なんか、
やめてしまうケースが多いようです。

 

そりゃあ、もう、現実に
「尿酸値が下がっている」わけですから。

 

誰が食べたいものを我慢なんか、するものですか。
誰が飲みたいものを我慢・・・するわけないでしょ。
飲みたいのに。

 

 

痛風 食事

 

 

焼肉、レバー、魚卵、牛丼、とんかつ、ビール・・

 

プリン体の多い食品は数多くありますが、
今まで、それらのプリン体を多く含む食品を我慢してきたのは、
ひとえに、尿酸値が高かったから。

 

尿酸値が高いので、しぶしぶ、
食べたい物も飲みたい物も、我慢し続けていた。

 

けど、もう、尿酸値、高くないですから。
薬飲んでますから。

 

そういう状態で、食事制限なんか、できないでしょう。

 

 

でも、本当は、痛風の薬を飲んでいても、

 

「食べ過ぎに気をつけて」
「プリン体の多い食品も食べ過ぎないようにして」
「肥満にならないように気をつける」

 

・・ようにしたほうがいいんですけどね。
薬を飲んでいても、生活習慣に気をつけることが大切なんです。

 

糖尿病とかの合併症を予防する意味でもね。
でも、なかなか、できない。

 

食べたいモノを食べたいですしね。
飲みたいものを飲みたいですし。
一度の人生なので、やりたいようにしたいです。

 

 

それには痛風の薬を飲み続けることが必須になってきます。

 

痛風の薬(尿酸値を下げる薬)を飲むのは、
長所も短所もあるので、良い悪いは
一言で言い切れない一面もありますが、
とにかく、尿酸値は大きく下がる効果が見込めます。

 

特にフェブリクなんかは、40年ぶりに開発発売された、
痛風新薬ですからね。
副作用が少なく効果絶大という触れ込みです。

 

新薬なので、フェブリクのジェネリックは
まだ発売されていませんが、それは国内製造の話であって
海外ものでは、もうすでに後発薬(ジェネリック)は、
フェブタズ(Febutaz)として発売されています。

 

 

 

フェブリク通販

 

 

 

お勧めは、やはり病院へ行って医師の診察を受けて
フェブリクを処方してもらう、というのが一般的ですが、
新薬ですので、薬価が高いので。

 

中には、薬価の安いフェブタズ(フェブリクのジェネリック)に
切り替える人もおられます。

 

個人輸入ですと、税関とか外国語とか、
いろいろと面倒なので、通常は、個人輸入代行業者を通じて
購入する、というのが普通です。

 

 

高いフェブリクをやめて、
安価なフェブタズ(フェブリク ジェネリック)に切り替えてしまうと、
病院への足が遠のいてしまう、というデメリットもあります。

 

たまには、やっぱり、
尿酸値検査をしておく方がいいですからねえ。

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)40mg(ジェネリックフェブリク)

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)80mg(ジェネリックフェブリク)