〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
飲み始めはフェブタズよりフェブリクで
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

フェブタズ(Febutaz)というのは、
フェブリク錠の後発薬(ジェネリック)です。

 

ふぇぶりっく、とか、フェブリックという人もいますが、
正しくは、フェブリク。

フェブリク

 

 

フェブリク(フェブキソスタット)というのは、
40年ぶりに発売された痛風新薬で、いわゆる、
尿酸値を下げる薬(尿酸降下薬)のことです。

 

フェブリクは新薬だけのことはあって、
尿酸値を下げる効果が従来の尿酸降下薬よりも大きく、
それでいて、副作用は少なめ、と報告されています。

 

 

ところが、フェブリク錠には国内では、まだジェネリックがなく、
このフェブタズ(Febutaz)というのは、
海外メーカーが製造したフェブリク錠の後発薬(ジェネリック)なんです。

 

だから、国内では
フェブタズ(フェブリク ジェネリック)を入手することは できません。

 

 

じゃあ・・薬価の高いフェブリクを買い続けるしかないのか、
というと、個人輸入という手段によって、
フェブタズ(Febutaz)を購入することができます。

 

ところが、個人輸入というのは、敷居が高い。
税関や語学など堪能の人はいいですが、そうじゃない人には
なかなか・・・ね。

 

そこで、個人輸入代行業者から
フェブタズ(フェブリク ジェネリック)を入手する、
という方法が一般的。

 

 

フェブタズ(Febutaz)は、価格(薬価)が安いだけで、
フェブリク錠と全く同じものか・・というと、
そうじゃありません。

 

フェブリクには、
「フェブリク錠 10mg」「フェブリク錠 20mg」「フェブリク錠 40mg」
と3種類あるのに対して、
フェブタズ(Febutaz)の場合、
「フェブタズ 40mg」「フェブタズ 80mg」
の2種類しか、ありません。

 

 

「フェブタズ 40mg」の方は、ともかく「フェブタズ 80mg」?

 

 

80mgは・・・ちょっと多すぎるんじゃないの?

 

 

でも、これはピルカッターなどで半分に切れば良いだけの話。
「フェブタズ 80mg」を半分に切れば、
「フェブタズ 40mg」が2個できあがるし、
「フェブタズ 40mg」を2等分すれば、
「フェブタズ 20mg」が2個できあがる、ということ。

 

 

 

こんなヤツです。
▼↓ブルーピルカッター

 

 

 

問題は、そういうことじゃないんです。

 

フェブリクからフェブタズに切り替えてしまうと、
「病院に行かなくなる」可能性がある、ということ。

 

病院には“薬をもらいに行く”という側面もありますからね。
(薬を貰う、といっても、実際には、病院(薬局)に
お金を支払って、薬を購入するわけなのですが)

 

薬を個人輸入代行業者から購入する手段を
覚えてしまうと、病院から足が遠のくかもしれない、ということです。

 

痛風治療の基本は、
病院での薬物療法、というのが一般的ですからね。

 

本当は、食生活や運動なども含めた生活習慣の改善が
痛風改善、痛風対策の基本なのですが、
節制とか、食事制限とか、飲酒とか、そういうのって
キビシク自制するのって、思ったより難しいんです。

 

なかなか、出来そうで、できません。

 

数ヶ月とか、半年なら できても、何十年も続けられるのか、
というと、できる人もいるかもしれませんが、
たいていの人は困難なのでは。

 

だから、痛風の改善は難しくて、
薬物療法で尿酸値を下げる、というのが一般的な痛風治療と
されています。

 

 

●病院で尿酸値検査、腎機能検査する
●フェブリクなどの尿酸降下薬を処方してもらう
●フェブリクを毎日、飲み続ける
●重篤な副作用が出ていないか留意する
●定期的に尿酸値検査、腎機能検査をする
●前回、前々回の尿酸値検査の結果と推移を比較する

 

これらが一般的な、病院での薬物療法の流れです。

 

 

この、腎機能検査というのは、
「クレアチニン」「尿素窒素」という項目のことです。
これらは尿酸値と同じく、血液検査でわかります。

 

ちなみに、尿酸値は「尿酸」という項目です。
「尿酸値」という項目じゃないので。

 

 

 

フェブリク ジェネリック

 

 

 

で・・
こういう流れをわかっている人が、個人輸入代行業者から
フェブリクのジェネリック(フェブタズ)を購入するなら
いいのですが、病院にも行かずに、いきなり
フェブタズを買う、というのは・・・あまり お勧めできません。

 

フェブタズを購入しよう、とするくらいですから、
尿酸値が高いのでしょうし、痛風発作にも苦しんでいるのでしょう。

 

気持ちは わかりますが、まずは病院で診察を受けて。
薬価が高くても、フェブリクからスタートするのが良いと思います。

 

 

こういう一連の経験を すっ飛ばして、いきなり
フェブタズ(フェブリク ジェネリック)からスタートすると、
いろいろなことが わからない。

 

 

 

○通常、「フェブリク錠 10mg」からスタートして、
 副作用の有無を注意しながら、徐々に
「フェブリク錠 20mg」→「フェブリク錠 40mg」と増量していく。

 

(いきなり、「フェブリク錠 40mg」から始めてしまうと、
尿酸値が急速に下がりすぎて、数値の変動が大きすぎて
痛風発作が誘発される場合が多い)

 

 

○フェブリクを飲み始めてから、2ヶ月〜半年の間は、
痛風発作が頻発するケースが多い。

 

(長年、体内に蓄積している尿酸結晶が多いので。
痛風発作を起こさせないためにフェブリクを飲んでいるはずなのに、
尿酸値が下がることによって、かえって痛風発作が発症してしまう)

 

 

○フェブリクは1日1回。1錠を飲むだけで良い。
(従来薬のザイロリックは、1日に2〜3回に分けて飲む)

 

 

○フェブリクの副作用は肝機能低下が多い。
(眠い、だるい、元気が無い、イライラする、怒りっぽい、
目の調子が悪い(コロコロする)、皮膚が痒い・・など)

 

 

○フェブリクは痛風を治してくれる薬ではなく、
尿酸値を下げる効果があるだけ。
しかも、飲んでいる間だけ、尿酸値を下げる薬。
でも、飲んでいる限りは尿酸値を下げ続けてくれる効果があるので、
飲み続けることが尿酸値を低い水準で安定させる。

 

 

○「尿酸値 7.0mg/dl以上」で血液中の尿酸は溶けなくなる。
これが高尿酸血症で、発作が出ると痛風と診断される。

 

じゃあ、フェブリクを服用することで「尿酸値 7.0mg/dl以下」
にすれば良い、ということなのですが、長年、
体内に蓄積している尿酸結晶を溶かさればならない。

 

体内に大量に蓄積している尿酸結晶が溶け始めるのは、
「尿酸値 6.0mg/dl以下」に しなければならない。

 

さらに、体内の尿酸結晶が全部溶けるのに、
「尿酸値 6.0mg/dl以下になってから、2年間」の月日が必要。

 

 

 

 

・・・・こういうことをね。
病院での診察・治療を はしょって、
いきなりフェブタズ(フェブリク ジェネリック)から始めた人は、
知らない、わからないわけで。

 

 

どうするかは自分の勝手、各自の自由ですので、
自分が決めれば良いだけのことですが、
尿酸値の推移(上がっているか、下がっているか)とか、
腎機能(クレアチニン、尿素窒素)が落ちてきていないか、とか。

 

そういうのは、血液検査でしか わからないので
(ちなみに献血では、尿酸値は わからないようになっています)
フェブタズ(フェブリク ジェネリック)を購入するにしても、
病院で血液検査をするために、定期的に通院したほうが良いと思います。

 

 

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)40mg(ジェネリックフェブリク)

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)80mg(ジェネリックフェブリク)