〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
フェブタズを切って飲む
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

フェブタズ(Febutaz)というのは、
フェブリク錠の後発薬(ジェネリック)です。

 

痛風新薬であるフェブリクには、国内では
まだジェネリックはありませんが、外国では
フェブタズ(フェブリク ジェネリック)が発売されています。

 

 

で・・
この、フェブタズを何で分割するの?

 

フェブタズ 分割

 

 

 

分割するってのは、要するに
ナイフや包丁で切ることです。
半分、もしくは四分の1にカットします。

 

フェブタズ(Febutaz)というのは、海外の医薬品なので
格安・激安ではありますが、
「フェブタズ 80mg」と「フェブタズ 40mg」の
2種類しかないので。

 

わざわざ飛行機に乗って外国へ飛ばなきゃ購入できないのか、
というと、そんなことはなく、日本国内にいながら、
個人輸入代行業者などから入手することができます。

 

 

 

フェブリク通販

 

 

 

でね。
フェブリク錠が、
「フェブリク錠 10mg」「フェブリク錠 20mg」「フェブリク錠 40mg」
と小刻みに種類があるのに、フェブタズは
外国人の体格に合わせているのか(フェブタズ 80mgは日本人には)、
容量が多すぎるわけです。

 

 

 

でも、錠剤を切って飲めば同じことでしょ?

 

 

 

「フェブタズ 40mg」は、国内の「フェブリク錠 40mg」よりも
遥かに安いですし(ジェネリックなので)、
さらに「フェブタズ 80mg」を半分に分割して飲めば、
1個あたり(40mgあたり)の単価は、さらに格安です。

 

 

ところがねえ。
この、錠剤を切るのが面倒くさいのですよ。

 

っていうか、うまく切れない。
いえ、切れないことはないのですが、
ナイフや包丁で錠剤を切ると、力を入れた拍子に、
錠剤の破片が飛んでしまうというか、飛び散るというか、
どこかへ飛んでいってしまったりするのですよ。

 

まあ・・切り方が下手なんだ、と言われれば、
その通りなのですが・・

 

 

そこで、ピルカッターの出番。

 

ピルカッターがあれば、簡単に楽に切れます。
力も いりません。
錠剤の半分が、どこかに飛んでしまったりしません。

 

もう、床に かがみこんで、
飛んで何処かへ行ってしまった錠剤の半分を探す人生とも
オサラバです。

 

 

で。
ピルカッターなら、どれも同じか、というと
そうじゃありません。

 

「普通に切るタイプ」と「粉砕できるタイプ」があります。

 

 

粉砕?

 

なんで、粉砕する必要があるの?

 

 

 

いや、そりゃあ、もう、世の中には
いろいろな人がいるので、錠剤を飲み込むのが苦手な人とか。

 

子供の頃、飴玉を喉に詰めて、呼吸困難で苦しんだ経験があって、
それ以来、錠剤は怖くて絶対飲めないんだ、とか。

 

そういう人は、薬が飲めないのか、というと
そんなことはなく、粉砕して水と一緒に飲めばいいだけのこと。

 

要するに、自分が飲みやすいようにすれば良いだけの話で。

 

 

 

▼↓ピルカッタークラッシャー

 

 

 

 

 

それから、「普通に切るタイプ」でも
多少は・・・粉のようなものが出ますよ。

 

キュウリを切るように、スパーン!
とは切れないです。

 

だって、錠剤ですからね。
錠剤ってのは、元々、医薬品の粉末を飲みやすいように
固形状に固めてあるものですから。

 

それを切断するわけですから。

 

多少は・・(ほんの少しですが)切り口から、
粉のようなものは出ます。
これは、もう、仕方がない。

 

 

もしかしたら、人によっては、
切断したときの粉も「舐める」人も いるのかもしれませんが、
そこまで しなくたって、ねえ?

 

 

まあ、ともかく、ナイフや包丁で錠剤を切って、
どこか予期しない所へ錠剤の破片が飛んでいくよりは、
ピルカッターで確実に切断できるほうを推奨したいと思います。

 

 

 

フェブタズ ピルカッター