〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
フェブリク ジェネリックの副作用
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

フェブタズ(Febutaz)は、
海外で発売されているフェブリク錠の後発薬(ジェネリック)ですので、
基本的に、フェブリク錠の副作用と同様、と考えられます。

 

(日本で製造されているフェブリク錠には、
今のところ、ジェネリックはありません)

 

で、そもそも、
このフェブリクというのは、40年ぶりに発売された痛風新薬で
尿酸値を下げる薬(尿酸降下薬)なのですが、
従来からの薬よりも
「尿酸値を下げる効果が大きく、それでいて、副作用は少なめ」
ということを目標に開発された医薬品なんです。

フェブタズ 副作用

 

 

また、フェブリクは機能的に
複数の排泄経路を持ち、腎臓だけではなく、
胆汁からも代謝の最終老廃物を排泄するので、
腎臓ばかりに負担がかかっていた感じのする、
従来の薬であるザイロリックよりも、腎臓への負担は少ないです。

 

(ザイロリックは、腎臓が悪くなってしまった人は
服用できないケースもあります)

 

 

さらに、ザイロリックが
1日に数回(2〜3回)服用しなければならないのに対して、
フェブリクは1日1回飲むだけで良い、というのも
飲む人の負担が軽減されますし。

 

 

ただ・・
フェブリクは新薬なので、薬価は高めですが、
外国では、フェブリクのジェネリック(フェブタズ)も
発売されていますので、日本にいながらにして、
個人輸入代行業者などから購入することが可能です。

 

 

 

フェブタズ40mg

 

 

 

さて、その、
フェブリクのジェネリック(フェブタズ)の副作用の話。

 

“副作用が少なめ”であることを目指して開発された薬とはいえ、
医薬品ですから、やはり副作用はある、と考えられます。

 

一番有名なのは「肝機能低下」です。

 

 

本当は尿酸値だけが下がってくれて、
他の下がらなくも良い数値は、そのままだと嬉しいのですが、
世の中、そうは うまくいきません。

 

肝機能低下による、自覚症状は以下のような感じです。

 

 

「だるい、眠い、元気がない、皮膚が痒い、目の調子が悪い、
微熱が出る、吐き気がする、尿の色が濃い、体重が減る」

 

 

う〜ん・・・
副作用って、あまり嬉しくないですね。

 

でも、これには個人差があるので、上記のものが
必ずしも自分に起こる、ということでもないです。

 

こういう可能性もある、ということ。

 

薬だけは、体調・体質に合う合わない、とかもあるので、
飲んでみないと副作用は、どう出るのか、あるいは出ないのか、
わからない面もあります。

 

 

命にかかわるような重篤な副作用はないと思いますが、
もしかしたら、何十万人に一人でも、
そういうケースがあるのかもしれない。
そして、その何十万人に一人が自分かもしれない、と。

 

心配し始めたらキリがないですが、
だから、フェブリクの場合は、最初は
少量からスタートして様子を見る、という場合がほとんどです。

 

「フェブリク錠 10mg → フェブリク錠 20mg → フェブリク錠 40mg」

 

・・と、体調などの様子を見ながら徐々に増量、という感じ。

 

 

ところが、
フェブタズ(フェブリク ジェネリック)の場合は、なぜか
「フェブタズ 40mg」「フェブタズ 80mg」の2種類しかありません。

 

外国人は、日本人より体が大きいから、でしょうか?

 

 

でも、こういう場合でも、
フェブタズをナイフやピルカッターで切断すれば、
半分の容量の薬が二つ、できます。

 

基本的に、容量の大きい薬は割安なので、
「フェブタズ 80mg」をピルカッターで切って
「フェブタズ 40mg」を二つ作れば、
「フェブタズ 40mg」を単体で購入するよりも
お安く買えることになります。

 

 

 

フェブタズ ピルカッター

 

 

 

それから、副作用の中で
「眠くなる」というのは気になりますね。

 

薬というのは、朝に飲むのが一般的(?)なのかもしれませんが、
車を運転する人もいるでしょうし、なにより、
仕事中に眠くなっては困ってしまいます。

 

この点、フェブリク(フェブタズ)はザイロリックと違って、
1日1回の服用で良いので、夜(夕食後)、
仕事が終わってからフェブリク(フェブタズ)を飲む、
という手もあります。

 

夜飲めば、眠くならないわけでもないでしょうけど、
夜に眠くなっても、寝ればいいだけですからね。

 

 

 

フェブリク ジェネリックの副作用

 

 

 

結局ね。
薬には副作用が付き物、というか、ある程度は仕方がないです。

 

特に、フェブリク(フェブタズ)の場合は、
尿酸値を下げる薬(尿酸降下薬)ですが“尿酸生成抑制薬”なんです。

 

つまり・・
尿酸が作られすぎるのを抑制する薬。

 

じゃあ、体の中の、ドコで尿酸が作られるのか、というと
「肝臓」なわけです。

 

尿酸を作り過ぎなくさせるために
「肝機能を抑制している」わけですから、
肝機能が多少は低下するのは、当たり前なのですよ。

 

 

肝機能低下は、副作用・・なんて言われていますが、
肝機能低下させることによって尿酸の生成を抑制している、
という一面もあるわけで。

 

肝機能低下の副作用が嫌ならば、
フェブリク(フェブタズ)の服用を止めたら、
おそらく、肝機能は徐々に元に戻ってくる、と思います。

 

でも、尿酸値も徐々に元の高い数値に戻ってくるので、
また、あの痛風発作の激痛に苦しむ日々も戻ってくる、
ということです。

 

 

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)40mg(ジェネリックフェブリク)

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)80mg(ジェネリックフェブリク)