〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
なんでフェブリクで痛風発作が出るのか
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風の薬といっても、いろいろありますが、
フェブリク錠は、尿酸値を下げる薬のことです。

 

40年ぶりに発売された痛風新薬、ということで、
副作用が少なめで、尿酸値を下げる効果は大きい、
と考えられてます。

 

この「副作用が少なめ」の件ですが、
副作用が少なくなるよう、意図されて開発された薬なので、
従来の尿酸降下薬よりは少なめの副作用になっています。

フェブリク 痛風発作

 

 

でも、全ての薬には副作用がありますからね。
重篤な副作用でなければ、そんなに気にすることも
ないのかもしれません。
個人差があるので、実際に飲んでみないと
わからない面もあります。

 

 

具体的には「肝機能低下」がみられるケースが多いようです。

 

この「肝機能低下」の具体的な自覚症状は、
「だるい、眠い、元気が無い、皮膚がカユい、目がコロコロする、
イライラする・・」など。

 

 

こうやって、副作用を列記すると、
「え〜〜ッ!? そうなの!?」
という感じで、嫌な気持ちになるかもしれませんが、
これも個人差があるので、必ずしも
全てが、自分の身に降りかかるわけでもありません。

 

それらが起こる可能性もある、ということで、
飲んでみないとわからないです。

 

体質とか、一人ひとり、みんな違いますので。

 

 

もちろん、デメリットばかりではなく、
なんといっても、尿酸値が大きく下がる、というのが
最大のメリットです。

 

痛風発作に苦しむ人生とも、おさらば できます。

 

 

 

ただね。
痛風発作が嫌だから、フェブリクを飲んだはずなのに、
飲み始めの当初は、かえって痛風発作が起こりやすくなるのですよ。

 

飲み始めの、2ヶ月〜半年くらいでしょうか。
(これも個人差アリ)

 

このときに、
「何でフェブリク飲んでいるのに、痛風が出るんだ!」
と疑心暗鬼になる人もいるかもしれませんが、
これは、もう・・仕方が無いんですよ。

 

だって、フェブリクを飲むってことは、
尿酸値が高いのでしょう?

 

それも、長年、尿酸値が高かったんでしょ?

 

つまり、体内に長年蓄積されている尿酸結晶が
たくさんあった、ということなんです。

 

 

尿酸は、
尿酸値 7.0mg/dl以上で血液中に溶けなくなってしまい、
結晶化して体内の関節などに蓄積し始めます。

 

それが飽和になるほど沈着してしまうと、
痛風発作の要因となるわけですが、
直接の引き金となることが多いのが、
「尿酸値の急な変動」なんです。

 

この、トリガーとなる「尿酸値の急な変動」は、
「尿酸値が高くなったときに痛風発作が発症する」
と考えられがちですが、実は
「尿酸値が急に低くなったときにも痛風発作は発症する」
のです。

 

数値の急変が良くないわけですね。

 

 

フェブリクを飲むことによって、
この「尿酸値の急変」が起こってしまうわけです。

 

だから、痛風発作が起こりやすくなる。

 

 

 

でも、対策がないわけでもないです。

 

少しでも、痛風発作が起こりにくくするために、
段階的にフェブリクを増量したりしてね。

 

つまり、最初は「フェブリク錠 10mg」を投与。

 

量を少しだけにして様子を見るわけです。
体調の変化とかね。
重篤な副作用はないのか、とか。

 

 

そうそう。
副作用といえば、さっき、副作用の話のときに「眠くなる」
というのがありましたが、
これから仕事をしたり、運転したり、という人も
いるでしょうし、眠くなると困りますよね。

 

 

で、対策。

 

フェブリクは、ザイロリックなど
従来からの尿酸降下薬と違って、
1日1回1錠だけでいいんです。

 

 

つまりね。
帰宅後、「夜(夕食後)に飲む」ということ。

 

 

フェブリク 眠い

 

 

薬といえば、朝に飲むというイメージがありますが、
フェブリクの場合、朝 飲まなきゃならない、
ということもないので。

 

夜なら、もし、眠くなっても、
仕事をしない (人に よりますが、たぶん) ので
あとは 寝るだけですから。

 

朝に なったら、もう、すっきりしている ことでしょう。

 

 

 

で・・
「フェブリク錠 10mg」を服用し始めて、
数週間〜数ヵ月後(?)に「フェブリク錠 20mg」に増量。

 

「フェブリク錠 20mg」に移行してからの体調などを
見定めて、そして、やがては「フェブリク錠 40mg」へ。

 

 

このように細心の注意(?)を払って、
徐々にフェブリクを増量させていきます。

 

そりゃあ、いきなり「フェブリク錠 40mg」を投与したほうが、
ぐぐ〜〜ん、と尿酸値は下がるでしょう。
効果てき面でしょう。

 

 

でも、尿酸値が下がりすぎる分、
痛風発作のリスクも高くなるわけです。

 

それから、
そんなことは滅多にないとは思いますが、
万が一、薬が自分の体に合わない場合だと、
「フェブリク錠 10mg」の時点で気がつくわけですから、
それならそれで、他の薬に変えるなり、なんなり、
違う対策を立てることができる、ということ。

 

いきなり「フェブリク錠 40mg」からスタートしないのは、
理由がある、ということで。

 

 

 

フェブリク錠は、痛風新薬(40年ぶりに新発売!)なので、
まだ、後発医薬品(ジェネリック医薬品)は、ありません。

 

ですが、後発薬(ジェネリック)がない、というのは、
国内の話で、海外では、もうすでに、フェブタズ(Febutaz)という
フェブリクのジェネリックが発売されています。

 

 

 

フェブリク通販

 

 

 

 

ですが、個人輸入代行業者などから、
フェブリクのジェネリック(フェブタズ)を購入する場合、
注意すべきことがあります。

 

 

フェブリク 通販

 

 

フェブリク錠が
「フェブリク錠 10mg」「フェブリク錠 20mg」「フェブリク錠 40mg」
と小刻みに三段階に分かれているのに対して、
フェブタズには「フェブタズ80mg」「フェブタズ40mg」の
2種類しかない、ということ。

 

「フェブタズ40mg」の方は、ともかくとして、
「フェブタズ80mg」は多すぎます。

 

日本では、1日のフェブリクの最大摂取量は、“60mg”と
されていますからね。

 

体の大きな、欧米人向け、ということでしょうか。

 

 

ですが、日本のフェブリク錠よりも、
フェブタズ(フェブリクのジェネリック)の方が、
相当安いです・・・っていうか、激安です。

 

しかしながら、安いから、といって
フェブタズに限らずですが、薬の大量摂取は禁物。

 

 

ここは、やはり、
フェブリク錠を飲むときのように、小刻みに
段階的に増量していくのが望ましいと思うので、
ナイフなどでカットして、細かくして服用するのが良いかな、
と思います。

 

「フェブタズ40mg」を二分割したら、
「フェブタズ20mg」が二つできますし、
分割して出来た「フェブタズ20mg」をさらに半分に切ると、
「フェブタズ10mg」が、合計4つできあがります。

 

 

錠剤をナイフやカッターナイフで切ると、
砕けてしまったり、破片として飛び散ってしまったりして
難しいので、錠剤専用のピルカッターで切ると、
飛び散らずに簡単に錠剤を切ることができます。

 

 

 

フェブタズ ピルカッター

 

 

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)40mg(ジェネリックフェブリク)

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)80mg(ジェネリックフェブリク)