フェブリク(フェブキソスタット)というのは、
尿酸値を下げる薬のことです。
つまり、痛風の薬ですね。

 

 

よく、フェブリック錠とか、ファブリク錠とか言う人もいますが、
正しくは、フェブリク錠です。

 

 

で、このフェブリクは、尿酸降下薬としては
40年ぶりの新薬なんです。
いわゆる、痛風新薬ってヤツです。

 

その薬効は、従来薬のザイロリックなどよりも
効果は大きく、しかも新薬のフェブリクの方が
副作用も少ない、と考えられています。

 

 

効果が大きくて、副作用も少ないのなら、文句ないんじゃない?

 

 

ところがね。
文句がある人もいるのです。

これね。
フェブリク錠は新薬でしょ?

 

高いのですよ。
価格の話です。

 

つまり、新薬なので特許も切れていなくて、
いわゆる後発品(ジェネリック医薬品)の存在がないのです。

 

 

まあ、その代わりに。
価格が高い代わりに、1日1回、1錠の服用で良かったりしてね。
ザイロリックが1日に複数回、服用しなきゃならなかったことを
考えると、飲む人の負担(面倒くさいというか)は少ないように
思うのですけどね。

 

 

フェブリク錠のジェネリックは無いの?

 

そりゃあ、40年ぶりの新薬ですよ。
40年ぶりということは、それだけ
長い年月、医薬品メーカーが開発の時間と費用をかけている、
ということ。

 

薬品開発費を回収しなきゃならないのに、そうカンタンに
ジェネリックなんか発売されません。
特許とか、ありますしね。

 

 

じゃあ、もう何年も・・フェブリクのジェネリックは出ないの?

 

 

フェブリクのジェネリックは当分、出ないでしょうね。
国内産ではね。

 

 

 

どういうこと?

 

 

日本国内の医薬品メーカーが開発したフェブリクのジェネリックは、
ここ数年、出そうな気配はありませんが、現実に、
海外モノならば、フェブリクのジェネリックは発売されているのです。

 

 

それが『フェブタズ(Febutaz)』

 

 

日本にいながら「フェブタズ(Febutaz)」を入手するには、
個人輸入代行業者から購入する必要があります。

 

海外モノなので、為替相場の変動の、価格影響を受けますが、
それでも、激安です。
びっくりするほど、格安です。
(そのときの為替相場によります)

 

 

 

ただね。
注意点が2〜3あります。

 

「フェブタズ(Febutaz)」はフェブリクのジェネリックですが、
まったく同一のものかどうかは定かではありません。

 

というのも、フェブタズ(Febutaz)に限らず、
ジェネリック医薬品というのは、単に特許が切れているから安い、
というだけではなく、主成分が同じで、副成分は(原価の安い)
違うものを混ぜているケースもあるそうです。

 

効果のほうは、ほぼ同じ。

 

それでも、毎日飲むモノですから、お安い価格は
ありがたいので、大勢の人がジェネリック医薬品を望むのですけどね。

 

 

 

それから、個人輸入について。
ネットで個人輸入するのは各人の自由ですが、
医薬品の場合は薬事法というものがあって、少し注意が必要です。

 

いえ、医薬品を個人輸入するのがイケナイ、というわけじゃないのです。
(麻薬とかは、ダメよ?)

 

個人輸入で薬を購入する場合、自分が使うために購入するのは「可」。
他人に譲渡するために購入するのは「不可」なんです。

 

つまり、他人に譲渡する、ということは、
いわゆる「転売」、要するに「商売する」って扱いになるようです。

 

薬剤師とか、販売許可業者の資格もないのに、
勝手に、個人輸入したクスリを売りさばいたらダメよ、ってことなんです。

 

 

さらに、注意しなきゃならないのは、
友人に頼まれたから、とかいうのも駄目なのです。
(お金をもらって、薬品を譲った、つまり商売のようなことをした、と)

 

 

いろいろ、小難しいですが、
自分が飲む医薬品を自分で個人輸入した、というのなら、
合法です。
法的に何の問題もありません。

 

 

ただ、自分で個人輸入すると、税関とか、
いろいろと知識もいるし、手間がかかるというか、
やっかいなので、通常は個人輸入代行業者から購入するのが、普通です。

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)40mg(ジェネリックフェブリク)

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)80mg(ジェネリックフェブリク)