〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
フェブリク やめたら
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

この場合の「痛風治療」というのは、いわゆる投薬治療、
つまり、尿酸値を下げる薬を飲むことでしょう。

 

痛風改善の基本は「生活習慣の改善」などと言いますが、
現実には、痛風は生まれつきの体質による要因が
非常に大きく、尿酸値を下げる薬(尿酸降下薬)を飲むのが
一般的に「痛風の治療」と、されています。

 

尿酸値を下げる薬、というのは、
フェブリク錠(ジェネリック→フェブタズ) やザイロリック錠のこと。

 

 

従来から広く飲まれているザイロリックに比べて、
フェブリクの場合、1日1回1錠だけで良いのですが、
それでもね。
毎日、飲み続けなければならないので、負担と言えば負担です。

 

めんどくさい、というか。
飲み忘れたりしているうちに、おっくうになってしまったり。

 

っていうか、最大の理由は、やっぱり副作用でしょう。

 

フェブリクの場合、尿酸値を下げる効果は絶大と言われていますが、
薬ですからね、副作用があります。

 

効果は大きく、副作用が少なめになるよう、
40年ぶりに開発、発売されたフェブリク錠ですら、
個人差があるとはいえ、やっぱり副作用があります。

 

具体的には、
「だるい、眠い、いらいらする、微熱がある・・」とか。

 

これはね。
要するに、痛風の薬には、副作用として
肝機能が低下気味の傾向があって、その肝機能低下の現象です。

 

これが、けっこう、しんどい。
慣れれば、どうってことがないのかもしれませんが、
あまり楽しいことじゃありません。

 

 

だからね。
やめてしまう人がいるんですよ。
フェブリクを。

 

尿酸値は 下がったし、もう、いいかな、と。

 

ふぇぷりっく やめる

 

 

元々、尿酸値が高かった人(尿酸値 7.0mg/dl以上)が、
大きく尿酸値が下がりました、と。

 

フェブリクを飲み続けるのは面倒だし、薬代は高いし、
国内版には、まだフェブリクのジェネリックは ないし、
副作用で眠いし
(夕食後のフェブリク服用に切り替えれば、仕事への支障は少ないです)
ええい、もう、いいや。
やめちゃえ。

 

 

ところがね。
尿酸値が めでたく下がりました・・・というのは、
実は、フェブリク効果、フェブリクのおかげなんです。

 

フェブリク錠は尿酸値を下げる効果の大きな新薬ですが、
残念なことに「効果は飲んでいる間だけ」なんです。

 

逆に言えば「飲み続けている限りは尿酸値は下がったまま」
なのですが、あまり実感がないのか、ついつい、
服用をやめてしまったりね。

 

で・・
みるみるうちに、尿酸値は元の水準に。
元々、尿酸値は高い体質(痛風体質)だったわけですから、
そりゃあ、尿酸値も高くなりますよ。

 

 

尿酸値が高くなったから、といって
すぐに痛風発作が出るとは限りませんが、
低くなっていた尿酸値が急に高くなると、
この・・なんていうか、エレベーターみたいというか、
要するに、体内の「尿酸のバランス」が崩れるのです。

 

尿酸値の急変は痛風発作を誘発するケースが多いです。

 

で、痛風発作が出てしまう。

 

 

ああ、だめだ。
やっぱり、薬を飲まなきゃ。
フェブリク(ジェネリック→フェブタズ)は続けなきゃ。

 

・・・と思うのですが、いったん、
薬をやめてますからね。

 

これがまた、前の病院には行きにくい。

 

行けば、医師の先生が、まるで 鬼の首でも取ったかのように、

 

「だから、言ったでしょう?
 フェブリクを飲み続けなきゃ駄目ですって」

 

・・・と、それみたことか、みたいな顔されて言われるのは、
なんか、いや〜な気分ですし。

 

 

 

そんなときはね。
病院を変えれば いいだけの話なんですよ。

 

何も律儀に 以前と同じ病院に行く必要は ないです。
病院は他に いくらでも ありますから。

 

 

 

フェブタズ40mg

 

 

 

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)40mg(ジェネリックフェブリク)

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)80mg(ジェネリックフェブリク)