〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
フェブリク毎日飲む?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

フェブリク錠というのは、痛風の薬、つまり、
尿酸値を下げる薬のことですが、毎日、飲むことになっています。

 

1日1回、1回につき、1錠。

 

用量は、個人差がありますが、先発医薬品(新薬)の場合、
「フェブリク錠 10mg」「フェブリク錠 20mg」「フェブリク錠 40mg」
の、どれかになります。

 

「フェブリク錠 20mg」の人なら、
「フェブリク錠 20mg」を1日1回、1錠だけ飲む、ということ。

 

 

ところがね。
この、フェブリク錠ですが
「毎日じゃなくて、2日に1回・・にしては、駄目か」
という人がいるんです。

 

 

フェブリック

 

 

まあ、面倒だったり・・
フェブリク錠は新薬(40年ぶりの痛風新薬)なので、
国内では後発医薬品(ジェネリック医薬品)がまだなくて
薬価が高いとか・・・
理由は、人それぞれでしょうけど。

 

 

で、結論→「毎日、飲んだほうがいい」です。

 

 

フェブリクは、残念ながら、
痛風を治療してくれる薬ではなくて、
「飲んでいる間“だけ”尿酸値を下げる薬」なんです。

 

つまり、飲むのを止めると、尿酸値は元の水準の高い数値に
戻ってしまうわけで。

 

でも、逆に考えると、
「飲んでいる限り、尿酸値は上がらない」わけで。
上がらない、ということは「下がったまま」なわけで。

 

ってことで、あの泣きそうなほど痛い
「痛風発作にもサヨウナラ」と。

 

 

フェブリク錠は「尿酸生成抑制薬」なので、
体内で尿酸を作り過ぎないようにさせる薬です。

 

1錠飲めば、具体的に何時間の効果が持続するのか、とか
正確なことは、よくわかりませんが、
「飲む」→「次に飲む」という、「飲む」と「飲む」との
時間の間隔があけば空くほど、尿酸値は元の水準に戻る傾向があります。

 

毎日、飲み続けるのは面倒・・というのは、
わからなくもないですが、逆に
「2日に1回、飲む」ようにすると、“飲み忘れる”のでは?

 

 

あれ、昨日、飲んだんだっけ?
今日、飲む日だったっけ、どうだったっけ?

 

・・・とかね。

 

 

でも、フェブリク錠の人は、まだマシですよ。
新薬であるフェブリクが発売されるまでは、
尿酸降下薬といえば、主流はザイロリック(アロプリノール)でした。

 

ザイロリックもフェブリクと同じように「尿酸生成抑制薬」ですが、
毎日どころか、1日に2回〜3回も飲まなきゃならないのです。

 

フェブリクは、同じように毎日でも、
「1日1回1錠で良い」のですからね。

 

ずっとずっとマシです。

 

 

 

ふぇぶりっく

 

 

 

あと、薬価が高いと思う場合。

 

そうですよねえ・・新薬ですし、ジェネリックは ないしね。
高いですよ、毎日のことですからね。

 

(フェブリク錠は国内ではジェネリックは未発売ですが、
海外では「フェブタズ(Febutaz)」という
安価な、フェブリクのジェネリックが発売されています。
日本国内でも、個人輸入代行業者などから購入可能です)

 

 

 

それでもね。
「2日に1回、飲む」くらいなら、ピルカッターで
カットして、半分にして毎日、飲む方がいいです。

 

ピルカッターというのは、薬専門の錠剤を切断する道具。

 

カッターナイフで切ってもいいですが、切断した際、
力の入れ具合で、半分がドコかに飛んでいってしまったり。
あるいは、力を入れすぎて粉々になってしまったり。

 

慣れるまで難しいので、そういう場合、
ピルカッターなら容易に半分に切断できる、ということ。

 

 

▼↓ブルーピルカッター

 

 

 

 

でね。

 

たとえば、
「フェブリク錠 20mg」の人なら、
「フェブリク錠 20mg」を半分に切断して、
「フェブリク錠 10mg」を二つ作る、と。

 

で、その半分になった「フェブリク錠 10mg」を二日に分けて飲む、と。

 

1日1回、「フェブリク錠 10mg」を1錠だけ飲む、ということ。

 

 

これなら、
毎日「フェブリク錠 20mg」を飲む続けると、
薬代が高いなあ・・・と思う場合でも、
半分(フェブリク錠 10mg)にして毎日飲むなら、
薬代としては同じことなので。

 

また、飲まない日を作ってしまうわけでもないので、
尿酸値は安定すると思います。

 

 

安定?
でも、それも飲む時期によりますけどね。

 

 

尿酸値を下げている最中、つまり・・・
たとえば、

 

尿酸値 13.0mg/dlの人が、尿酸値 6を目標にしているとして、
「フェブリク錠 10mg」→「フェブリク錠 20mg」→「フェブリク錠 40mg」
と、徐々に尿酸値を下げている段階で、少しずつフェブリクを増量している時期。

 

こんな時期に、ピルカッターで半分にして・・
などと、こんな悠長なことをやっていると、下がる尿酸値も下がらないです。

 

 

ところが、いったん、尿酸値 6以下になった、と。

 

で、あとは維持量というか「フェブリク錠 40mg」で継続・・
という段階に入ったら、用量を減らしても、そんなに尿酸値は
変動しないんじゃないか、と。
(でも、用量を減らしてもよいか、主治医の判断を仰ぐのが正解だと思います)

 

 

 

 

・・・と、まあ、そういうわけで。

 

 

「フェブリクは2日に1回でも良いか」

 

→「毎日、飲んだほうがいい」です。

 

 

 

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)40mg(ジェネリックフェブリク)

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)80mg(ジェネリックフェブリク)