〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
フェブリクのジェネリック
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

フェブリク(フェブキソスタット)が、
「フェブリク錠 10mg」「フェブリク錠 20mg」「フェブリク錠 40mg」
の3種類、存在しているのに対して、
フェブタズ(Febutaz)の場合は、
「フェブタズ錠 40mg」「フェブタズ錠 80mg」の2種類しか ありません。

 

 

フェブリクというのは、痛風の薬。
尿酸値を下げる薬のこと。

 

尿酸降下薬といっても何種類かあるのですが、
フェブリクは「尿酸生成抑制薬」といって、
体内で尿酸をたくさん作りすぎてしまう体質の人に
大きな効果を発揮します。

 

また、同じ「尿酸生成抑制薬」でも、
長年、痛風の薬といえば、ザイロリック(アロプリノール系)が
一番有名でしたが、フェブリクの方が40年ぶりに開発された
痛風新薬、ということもあって、
従来薬よりも「効果が大きく、副作用が少なめ」と言われています。

まあ、だいたい、後から開発された薬のほうが
優秀な場合が多いです。

 

 

“副作用が少なめ”とはいっても、フェブリクでも
副作用は少なからず、あるのですけどね。

 

よくある、フェブリクの副作用としては、肝機能の低下です。
眠い、とか、だるい、とか、疲れやすい、とか。

 

それでもね。
フェブリクの場合は、複数の排泄経路(胆汁、腎臓)を持つので、
ザイロリックのように、腎臓にばかり負担がかかる排泄経路ではないので、
腎臓が少々、弱り気味の人でも服用することができます。

 

 

あ。
そうそう、フェブタズ(Febutaz)ってのは、
フェブリクの後発医薬品(ジェネリック医薬品)のこと。

 

フェブリクは、国内では、まだ
後発薬(ジェネリック)は発売されていませんが、
海外では、もうすでに発売されていて、それがフェブタズ(Febutaz)。

 

国内での、フェブリクのジェネリックは
いったい、いつ、発売されるんだ!?

 

・・・という感じですが、海外版の
フェブタズ(Febutaz)なら、個人輸入代行業者などから
購入することができます。

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・長い「前フリ」は、もういいや。

 

 

でね。
フェブリクが、
「フェブリク錠 10mg」「フェブリク錠 20mg」「フェブリク錠 40mg」
の3種類もあるのには、意味があって。

 

通常、はじめてフェブリクを飲む場合は、
「フェブリク錠 10mg」でスタートして、
数ヶ月(もしくは、数週間)で「フェブリク錠 20mg」に増量。
さらに期間を空けてから、「フェブリク錠 40mg」へ増やしていく、
という服用方法が一般的です。

 

フェブリクを飲む前に、長年、ザイロリックなどの
尿酸生成抑制薬を飲んでいた場合は、
「フェブリク錠 20mg」からスタート、する場合も多いみたいですけどね。

 

 

なんで、こんな面倒なことをするのか。

 

 

フェブリクを飲もうとするような人は、長年、
尿酸値の高い人です。
痛風発作で苦しめられ続けてきた、とかね。

 

尿酸値 7.0mg/dl以上で、血液中に尿酸は溶けなくなってしまい、
結晶化して、体内の関節などに蓄積し始めるので。
これが長年の間、蓄積し続けて痛風発作の要因となるので。

 

 

つまりね。
いきなり「フェブリク錠 40mg」からスタートすると、
尿酸値が下がりすぎる、ということなんです。

 

 

下がりすぎるのなら、いいんじゃないの?
上がりすぎるより、ずっといいでしょ?

 

 

いえ、そうじゃなくて、
急激に尿酸値が下がってしまうと、下がること自体は
望ましくても、長年、蓄積していた尿酸結晶が
急に尿酸値が下がることによって、血液中に溶けだしてしまうのですよ。

 

で、一時的に、血液中に溢れ出した尿酸結晶が析出してしまい、
痛風発作を誘発してしまうのです。

 

 

尿酸値って、高くなればなるほど、
痛風発作が発症しやすいイメージがありますが、
低くなっても誘発するケースがある、ということ。

 

つまり、高い低いよりも「急な変動が良くない」ということ。

 

 

だから、なるべく
「緩やかに尿酸値が下がるように」
少しずつ、フェブリクを増量していくのです。

 

 

そんなに細心の注意を払って服用法に留意していても、
やっぱり、痛風発作が出るケースが多いのですよ。
(特に、フェブリクの飲み始めの“半年くらい”は、鬼門)

 

 

ある程度は、仕方が無いかもしれませんが、
まあ、なるべく痛風は出て欲しくないので、
少しずつ、フェブリクを増量していく、ということ。

 

 

 

 

 

 

でね。
フェブリクの場合、増量していって
「維持量」は「フェブリク錠 40mg」と言われているんですよ。

 

もともと、「フェブリク錠 40mg」を投与したかったのですが、
なるべく、尿酸値が急激に下がり過ぎないように
(フェブリク増量の)段階を踏んだ、ってことでしょうか。

 

 

あと、1日の最大摂取量は「60mg」まで、と考えられています。

 

・・・って、フェブリクは「フェブリク錠 40mg」までしかないので、
誰も「60mg」も飲まないと思いますが。

 

まあ、どうしても飲もうと思えば、
「フェブリク錠 20mg」+「フェブリク錠 40mg」で
合計「60mg」ですが、そんなに飲む人は少ないでしょう。

 

 

 

ところがね。
先発医薬品(新薬)のフェブリクは、そんな感じでも、
後発薬(ジェネリック)フェブタズ(Febutaz)は、
「フェブタズ錠 40mg」「フェブタズ錠 80mg」の2種類あるのです。

 

 

「フェブタズ錠 40mg」の方は、ともかく・・・
「フェブタズ錠 80mg」って、1日の最大摂取量をオーバーしてるんじゃあ?

 

 

 

 

 

 

この「フェブタズ錠 80mg」ってのは、
欧米人の体格に合わせた規格なんじゃないか、と思うのです。
(正確なことは知りません、すみません)

 

日本人の、1日の最大摂取量は、
フェブリクなら「60mg」なのですから、やっぱり、
フェブタズでも「60mg」でしょう。

 

ってことは、「フェブタズ錠 80mg」は、そのままでは
日本人には用量オーバーだ、と。

 

 

じゃあ、どうする?

 

 

「フェブタズ錠 40mg」を飲む場合は、そのまま服用すればいいですが、
「フェブタズ錠 80mg」を飲む人は、ピルカッターで錠剤を切断します。

 

なんで、そんな面倒なことを?
そんなことしなくても、普通に「フェブタズ錠 40mg」を飲めばいいのでは?

 

いえ、「フェブタズ錠 80mg」は薬価というか、
お値段的に、かなり格安なのですよ。

 

あ、ピルカッターというのは、錠剤専用のカッターのことね。
ナイフで切ってもいいんですけど、ちょうど半分に切れなかったり、
粉砕して、粉がたくさんできてしまったり、勢い良く切りすぎて、
錠剤の半分が飛んでいってしまったり。

 

ピルカッターなら、錠剤専用なので
苦労なく(?)切れる、というわけです。

 

 

▼↓ブルーピルカッター

 

 

 

 

で・・・
「フェブタズ錠 80mg」をピルカッターで半分に切断すると、
「フェブタズ錠 40mg」が二つ出来上がるわけで。

 

丸い錠剤を半分にするだけなら、たやすいです。

 

 

ところがね。
この「フェブタズ錠 80mg」を切断して、半分にした、と。
半月型で半分になった「フェブタズ錠 40mg」が、手元に二つある、と。

 

さらに、この半月型の切断済みに「フェブタズ錠 40mg」を
ピルカッターで半分にします。

 

すると、「フェブタズ錠 20mg」が二つになります。
四分の1サイズですね。

 

もう一方の、半月型の「フェブタズ錠 40mg」も同様に切断すると、
四分の1サイズの「フェブタズ錠 20mg」が四つ出来上がりです。

 

「フェブタズ錠 80mg」1錠から、なんと
「フェブタズ錠 20mg」が4錠(四分の1サイズですが)できた、と。

 

 

逆に、この辺りが切断の限界かな、とも思います。

 

四分の1サイズになった、切断済み「フェブタズ錠 20mg」を
さらにピルカッターで切って、「フェブタズ錠 10mg」を
8錠作る・・・・というのは、不可能ではないですが、
いやあ、細かくて難しいですよ。

 

やってやれないことは ないですが。

 

 

「フェブタズ錠 10mg」を作るなら、
「フェブタズ錠 40mg」(元のまま、1錠)を
分割、分割と2回分割して、四等分して、
「フェブタズ錠 10mg」を四つ作ったほうが、扱いやすいです。

 

 

 

 

フェブタズを飲もう、と思う人は、おそらく
たいていが、今までフェブリクを飲んでいて、切り替えようと考える人が
大半じゃないか、と思うのです。

 

 

フェブリクは薬価が高いので、薬代もバカにならないので、
海外の安いジェネリックに切り替えたい、とか。

 

いつ、病院に行っても「調子はどうですか、変わりないですか」
と同じことしか訊かれないので、とか。

 

仕事が忙しすぎて、病院に行くヒマがない、とか。

 

 

事情は、人それぞれでしょうけど、
今まで「フェブリク錠 40mg」を飲んでいたのなら、
フェブタズに切り替えても、同様の用量を継続するのが良いかな、
と思います。

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)40mg(ジェネリックフェブリク)

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)80mg(ジェネリックフェブリク)