〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
フェブリク フェブタズ どちらがいいのか
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

フェブリク錠(フェブキソスタット)というのは、痛風の薬のことです。

 

痛風の薬といっても、いろいろありますが、
痛み止めの薬とかではなくて、尿酸値を下げる薬のこと。

 

 

 

ホントに尿酸値が下がるのか、って?

 

そりゃあ、もう・・・

 

ファブリック

 

 

長年(およそ40年)、新薬がなかった尿酸降下薬のジャンルだったので、
久々の、「痛風新薬」などとも呼ばれています。

 

何が・・って、もちろん、フェブリクが、ですよ。

 

 

このフェブリクというのは、従来からの薬
(アロプリノール系の尿酸生成抑制薬。ザイロリックなど)
に比べて、尿酸値を下げる効果が大きく、それでいて
副作用は少なめ、と言われています。

 

 

いいことばかりじゃないですか。

 

だって、効果が大きく、副作用は少ないんでしょ?

 

 

ところがね。
フェブリク錠は、効用面では良いことばかりのように思えますが、
実は薬価が高い、というマイナス面もあります。

 

なんせ、40年ぶりに発売された新薬ですからね。
これから、莫大な研究開発費を回収しなきゃならないわけなんですから、
値下げなんかするわけないです。
(知らんけど、たぶん、そう)

 

 

つまりね。
フェブリクには、ジェネリック(後発医薬品)がないんですよ。

 

だから、病院へ行って、薬価の高い先発医薬品(新薬)を
処方してもらうしか方法は ないわけです。

 

普通の方法では、ね。

 

 

フェブリック

 

 

この、
「フェブリクには、ジェネリックがない」
というのは、日本国内での話。

 

つまり、海外では、もう
すでにフェブリクのジェネリックは発売されています。
それが、フェブタズ(Febutaz)。

 

 

海外?
外国の薬?

 

海外なんかで発売されていても、どうしようもないでしょ?

 

 

ところが、便利な時代になっていて、
個人輸入代行業者から購入できるのですよ。
要するに通販です。

 

自分で個人輸入してもいいのですが、
税関とか語学とか大変ですので。

 

ただし、医薬品の個人輸入は「転売」は認められていませんので、
自分が使用するため以外の購入は しないでください。
転売・譲渡などは違法となりますので、くれぐれも
自分用だけにしておいてください。

 

家族や友人に頼まれた、とかも不可ですので、注意が必要です。

 

 

でも、それさえ注意しておけば、
薬価の高い先発医薬品(新薬)よりも
安価な後発医薬品(ジェネリック医薬品)のほうがいい?

 

 

いやあ、それは・・・
人それぞれ、というか、自分が決めれば良いだけのことなので。

 

 

ふぁぶりく

 

 

ただね。
値段に関しては、
なんせ、フェブタズはフェブリクのジェネリックなんですから、
ぜんぜん薬価が違うんです。

 

1回や2回飲んだくらいでは、その金額差がピンと来なくても
なにしろ、毎日飲む薬ですから、1年で365日。
10年3650日だと、かなり違ってきます。

 

「フェブリク錠 40mg」→ 109円60銭

 

フェブリク錠の場合、上記のような価格。

 

 

で・・・
薬価を節約するため、フェブタズを購入する場合↓

 

 

フェブリクの場合、
「フェブリク錠 10mg」「フェブリク錠 20mg」「フェブリク錠 40mg」
の3パターンあるのですが、フェブタズの場合、
「フェブタズ 80mg」「フェブタズ 40mg」の2種類しかないんです。

 

通常、フェブリク錠は、
維持量が「フェブリク錠 40mg」推奨、
最大での摂取量が「60mg」とされていますので、
あきらかに、「フェブタズ 80mg」ってのは、
日本人の体格には多すぎるわけです。

 

 

じゃあ、「フェブタズ 40mg」の方を購入すればいいのね?

 

用量的には
そうですが、より格安で入手するならば、
「フェブタズ 80mg」の方を購入して、
ピルカッターなどで切断して(2分割)
「フェブタズ 40mg」を二つ作ったほうが、薬価がより安くなります。

 

ピルカッターというのは、錠剤専用のカッターのことで、
別にこれでなくても、普通のカッターナイフや包丁で切断してもいいですが、
力をいれすぎて錠剤が粉々になってしまったり、
切った半分の錠剤が思わぬ方向へ飛んでいってしまったりなどの事態が
避けられますので、一つくらい持っていても悪くないんじゃないか、
と思います。
ピルカッターは安価ですしね。

 

(でも、本当は、あまり安いものは刃も安いものを使っています。
お値段が少し高めのピルカッターは、刃がドイツ製だったりね)

 

 

 

▼↓ウルトラピルカッター(APEX Ultra Pill Splitter)

 

 

で・・・
「フェブタズ 80mg」を1箱(50錠)購入すると、3,335円ですが、
「フェブタズ 80mg」を2箱(100錠)購入すると、
まとめ買いした場合のディスカウント価格となって、
5,552円となります。

 

(* フェブタズの価格は、この記事を書いた時点での価格です。
為替などの関係で変動する可能性があります)

 

 

「フェブタズ 80mg」が100錠(2箱)で、5,552円ということは、
1錠あたりの薬価は、55円52銭。

 

で、この「フェブタズ 80mg」をピルカッターで2分割すると、
「フェブタズ 40mg」が二つできます。

 

ということは、
「フェブタズ 80mg」で1錠で55円52銭だったので、
半分に切断すると、「フェブタズ 40mg」が二つできるので、
半分になった「フェブタズ 40mg」の1錠あたりの薬価は、27円76銭。

 

 

で。

「フェブリク錠 40mg」→ 109円60銭

「フェブタズ錠 40mg」→ 27円76銭

「フェブリク錠 40mg」と「フェブタズ錠 40mg」の、
1錠あたりの薬価の差額は、

 

「109円60銭−27円76銭=81円84銭」

 

ってことは、
「フェブタズ錠 80mg」を100錠(2箱)を
まとめ買いのディスカウント価格で購入して、
ちょっと面倒だけど、ピルカッターで半分に切断して
「フェブタズ錠 40mg」を二つ作ると・・・
病院で「フェブリク錠 40mg」を処方してもらうよりも、
1錠あたり「81円84銭」安くなる、ということ。

 

 

なあ〜んだ、たった81円84銭かあ。

 

 

そう思うかもしれませんが、
1日1回1錠に過ぎないフェブリクですが、
1年365日。
いえ、10年で3650日経過すると、塵も積もって

 

81円84銭×3650日=29万8716円の金額差、となるのです。

 

 

 

29万ですか!?

 

 

20年なら、その倍。
59万7432円の差額に。

 

 

59万ですか!?
(もう、いいって)

 

 

というわけで、薬価だけをみれば、
圧倒的にフェブタズ(Febutaz)優位かな、と。

 

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)40mg(ジェネリックフェブリク)

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)80mg(ジェネリックフェブリク)