〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
ザイロリックからフェブリクへの切り替え時
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

フェブリク錠(フェブキソスタット)というのは、
尿酸降下薬、いわゆる、尿酸値を下げる薬のことです。

 

痛風の人や高尿酸血症(痛風発作は なくても尿酸値の高い人)が
飲む薬なのですが、この「フェブリクは腎臓に優しいのか?」

 

 

フェブリク ジェネリック 通販

 

 

「フェブリクが腎臓に優しいのか、どうか」は、わかりませんが、
昔から広く使用されているザイロリック(アロプリノール)よりは、
腎臓への負担は少なめ、です。

 

フェブリクだから、40年ぶりに発売された痛風新薬(と呼ばれているらしい)
だから、腎臓への負担は一切ないよ、というわけではない、と思います。

 

すべての医薬品には、多少なりとも副作用はありますからね。

 

ただ、ザイロリックよりは腎臓に負担が少ない。
そういう意味では「フェブリクは腎臓に優しい」と
言えるかもしれません。

 

 

 

で・・・
なんで、フェブリクはザイロリックよりも
腎臓への負担が少なめ なのか。

 

 

フェブリクもザイロリックも、どちらも尿酸生成抑制薬ですが、
体内で尿酸を代謝して排泄するまでの経路が違います。

 

ザイロリックが腎臓からの排泄に頼っているのに対して、
フェブリクには複数の排泄経路がある。

 

もちろん、フェブリクも腎臓からも排泄するのですが、
胆汁からも排泄できる。

 

多経路排泄になると、そのぶん、分散しますので、
排せつも二分する、というか、腎臓への負担が
腎排泄オンリーよりも負担は減る、ということになります。

 

 

フェブリク ジェネリック

 

 

ですから、
ザイロリックは「腎臓が悪くなってしまった人には向かない」
というのは、そういう事情から。

 

フェブリクならば、本格的に腎臓が悪くなってしまった人には
ともかくとして、少々、腎臓が弱っている程度の人でも服用することが
可能です。

 

長年、痛風の薬(尿酸降下薬)として君臨(?)してきたザイロリックですが、
だんだん、フェブリクの方が主流になりつつあるようです。

 

ですが、ザイロリックは駄目だ、ということではなく、
やっぱり、今でもザイロリックは処方し続けられていると思います。

 

 

なんといっても、ザイロリックは薬価が安いですからね。
(フェブリクは高い)

 

 

それに、ザイロリックを病院で処方してもらって、
長年、飲み続けていて、それで尿酸値も低いレベルで安定して、
これといって副作用も少なくて体調も良いのなら。

 

主治医は、ザイロリックからフェブリクに切り替えましょう、とは
言わないかもしれません。

 

 

=======================
ザイロリックからフェブリクへの切り替えどき?
=======================

 

「ザイロリックからフェブリクへの切り替え時は、いつだ!?」
という人がよくいますが、そういうのって特にないと思いますよ。

 

「自分で“ザイロリックからフェブリクへの切り替えよう”と思うときが
「ザイロリックからフェブリクへの切り替え時」なのかもしれません。

 

 

飲み慣れた薬を替えるのは、あまり気が乗らないかもしれませんが、
一番良いのは、主治医の指示でしょうね。

 

いつも通院している病院の先生から
「そろそろ、ザイロリックからフェブリクへの切り替えましょうか」
と言ってくれたら、踏ん切りが つきやすいかも。

 

フェブリクには薬価が高いマイナス面はありますが、
ザイロリックのように1日に2〜3度、飲まなきゃならない面倒さは
ないです(フェブリクは1日1回1錠で良い)。

 

 

フェブリク通販

 

 

まあ、自分から主治医に頼んでみるのもいいかもしれませんね。
ザイロリックからフェブリクに替えたいって。

 

どちらもメリット・デメリットというか、
良い面ばかりでもないし、悪い面ばかりでもないので、
主治医の説明を聞いて、よく考えてみるのが良いと思います。

 

ただ、フェブリクに替えたり、またザイロリックに戻したり、
また、何が気に入らないのか、フェブリクにしてみたり・・・というのは、
あまり推奨できません。

 

体質に合う、合わないとかもあるので、飲んでみないと
わからない面もありますが、一般にはフェブリクは
「尿酸値を下げる効果が大きく、それでいて、副作用は少なめ」と
考えられている尿酸降下薬です。

 

 

尿酸値を下げる効果を上げるためだったり、
腎臓の負担を減らすためでもあったりするのですが、
もし、ザイロリックを飲んでいる人がフェブリクのことが気になったら、
私は「フェブリクに切り替えたほうが良いかな」と思います。
副作用も少なくなるかもしれませんし。

 

ただ、フェブリクは薬価が高いのが玉に瑕です。

 

 

海外の薬ならば、フェブリクの後発薬(ジェネリック)が
発売されていますが、国内では
今のところは、フェブリクのジェネリックはないですから。

 

通販でフェブリクのジェネリック(フェブタズ)を購入することは
可能ですが、基本は、やはり
病院で診察を受けて処方してもらうのが一般的です。

 

忙しくて病院へ行く暇もない人向き・・・というわけではないですが、
まあ、そういう入手の方法もある、ということ。

 

ただし、海外の薬を購入するときは、
譲渡や転売することは認められていませんので、注意してくださいね。