〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
フェブタズ(Febutaz)は、いつ買えばいい?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

フェブタズ(Febutaz)というのは、
フェブリク(フェブキソスタット)のジェネリック(後発薬)
のことですが、国内生産品ではないので、
海外から個人輸入することになります。

ですが、税関とか手続きがややこしすぎるので、
個人輸入代行業者から購入するのが普通です。

 

ところがね・・
この、
フェブタズ(Febutaz)に限らず、輸入品というのは
為替に左右されるのですよ、価格が。

 

つまり、円高とか円安とか、そういうことなのですが。

 

理想論をいえば、円高のときに
フェブタズ(Febutaz)を買うと安く買えます。
あるいは、同じお金を使うにしても、多いめの量を買えます。

 

円高ってことは「円」の価値が高いってことですからね。

 

日本国内にいると、まったくピンときませんが、
(いつも円ばかりを使っているので)
外国製品を日本に居ながら買う場合、常に
為替の変動の波を受けます。

 

 

仮に・・
1ドル120円のときと、1ドル80円のときでは、
50パーセント割高って感じですからね。
もちろん、1ドル80円のときが、お安く購入できるわけです。

 

 

でもねえ。
こればっかりは狙っても、うまくいきません。

 

いまの為替が高いのか安いのかは、後になってから
わかることですので。

 

仮に、いま、
1ドル120円だとしたら、昔は
1ドル80円だったこともあったのに、それに比べりゃ、
高いなあ・・と思うかもしれませんが、後年、
1ドル240円(ありえない?)のときが、もし、来たら・・
ああ、1ドル120円のときは安かったなあ、良かったなあ、
と思うかもしれませんよ?

 

つまり、為替なんか、後からになってみないと、
安いのか高いのかは、わからないってこと。

 

 

・・・というわけで、
為替が有利になる時期を待って、ずっと待ち続けていても、
それがうまくいくかどうかはわかりませんので、
欲しい、買いたい、と思ったタイミングで購入するのが
賢明かもしれませんね。

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)40mg(ジェネリックフェブリク)

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)80mg(ジェネリックフェブリク)