〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
フェブタズを適量に切る
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

フェブリク錠が、3種類、発売されているのに比べて
(「フェブリク錠 10mg」「フェブリク錠 20mg」「フェブリク錠 40mg」)
フェブタズ(Febutaz)は、2種類だけ、発売されていています。

「フェブタズ80mg」と「フェブタズ40mg」です。

 

細かい容量の薬剤は、フェブタズには、ないのですね。
フェブタズ10mgとか、フェブタズ20mgとかもあれば、簡単でいいのに。
飲みやすくていいのに。

 

 

あ。
フェブタズ(Febutaz)というのは、海外製造の、
フェブリク(フェブキソスタット)の後発薬(ジェネリック)です。

 

(フェブタスではなく、フェブタズ)

 

フェブリクは、40年ぶりの痛風新薬なので、
まだ特許が切れていなくて、ジェネリック医薬品はありません。

 

ですが、それは国内製造の話で、外国の、
特許制度そのものがない国では、フェブリクのジェネリックは
すでに作られて販売されています。

 

フェブリクのジェネリック(フェブタズ)は、日本国内では、
個人輸入代行業者などから通販で購入できます。

 

 

ですが・・
通販で、フェブリクのジェネリック(フェブタズ)を購入したところで、
「フェブタズ80mg」と「フェブタズ40mg」しかないのなら、
ちょっと大量摂取すぎる気もします。

 

 

じゃあ、どうするの?

 

切るのですよ、カッターとか、ナイフで。

 

 

でもね。
カッターナイフで切るにしろ、切るのに細心の注意がいりますし、
テーブルとか傷つけるのも嫌ですしね。
思わず、力が入ってしまったりして。

 

それに毎回毎回、毎日、
フェブタズ(Febutaz)を飲むたびにカッターナイフで切るのも面倒。

 

 

 

そこで、便利なものが。

 

そうです、ピルカッターです。
これは「錠剤専用のカッター」なので、
ナイフで錠剤を切るよりも安易に素早く、錠剤をカットできます。

 

 

錠剤専用のカッター、といっても 安価なので、
フェブリクのジェネリック(フェブタズ)を購入するついでに買う、
という手もあります。

 




▼↓↓ ブルーピルカッター