〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
フェブリクは通販で買えるの?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

フェブリク(フェブキソスタット)というのは、
尿酸値を下げる薬のことで、40年ぶりに開発されて発売された、
待望の痛風新薬です。

痛風 海外

 

 

従来のザイロリックなどの尿酸降下薬に比べて、
尿酸値を下げる効果は大きく、それでいて、副作用は少ない、
と考えられています。

 

ところが、このフェブリク錠というのは、
医師の処方箋が必要な薬剤なので、市販されていません。
薬局やドラッグストアでは入手できないので、
病院で医師の診察を受けることが入手の手段となります。

 

ちなみに、新薬ですから、薬価は高めです。
ジェネリックはありません。

 

開発薬剤メーカーの特許が切れるまで、あと何年なのでしょうか。
当分、フェブリクの後発薬(ジェネリック)は
出現しそうにありません。

 

 

ですが、これは国内生産の話。

 

海外には、なんと・・特許という制度がない(!)国があるのです。
そういう国では、もうすでにフェブリクのジェネリックが
発売されています。

 

 

それが、フェブタズ(Febutaz)

 

日本でも個人輸入代行業者からの購入で、
日本にいながらにしてフェブタズ(Febutaz)を入手できます。

 

フェブタズには 「フェブタズ80mg」「フェブタズ40mg」 があります。

 

 

 

フェブタズ40mg

 

 

 

ところで・・
実際に、病院でフェブリクを処方してもらっているのだけど、
尿酸値も症状も安定しているし、いつ病院へ行っても
何も変わったことがないのに、こんな高い薬を飲み続けるのはどうなのか、
と考える人も出てきています。

 

また、仕事が忙しすぎて、いつも夜遅くまで働いていて、
帰宅するのは深夜になってしまう。
そんな人は、いったい、いつ病院へ行けばいいのでしょうか。

 

痛風で長年、苦しんでいて、
まったく尿酸降下薬を飲んだことがない人が、
いきなりフェブタズを購入して飲む、というのは
お勧めできませんが、いつもフェブリクを飲んでいた人が
少しでも薬価の安い、フェブリクのジェネリックを探そうと考えるのも
無理のない話かもしれませんね。

 

本当は、痛風ならば病院で医師の指導を受けながら
フェブリクを飲み続けるのが定石ですが、
フェブタズ(Febutaz)を買おうと
考えるような人に、買うな、といってもやはり
フェブタズを購入するでしょう。

 

痛風ならビールを飲むな、と言われも、やっぱり
好きな人は、隠れてでもビールを飲むのと同じように。

 

痛風 ビール

 

 

で、
フェブリクのジェネリック(フェブタズ)の通販って、
どうやって買えばいいの?

 

 

フェブリクは医師の処方箋が必要な医薬品なので、
市販、もしくは通販でも買えませんが、フェブタズ(Febutaz)なら
個人輸入代行業者から通販で買うことができます。

 

 

フェブリクのジェネリック(フェブタズ)の個人輸入代行業者で
有名なのが、オオサカ堂。
老舗ですね。

 

 

で・・・
実際、フェブリクの薬価とフェブタズの薬価は、どれくらい違うのか。

 

 

 

=======================
フェブリク フェブタズ 比較
=======================

★「フェブリク錠10mg」の薬価は、おおよそですが、1錠あたり32円

 

★「フェブリク錠40mg」の薬価は、おおよそですが、1錠あたり107円

 

で・・
フェブタズ(Febutaz)の場合、「フェブタズ10mg」というのはないので、
「フェブタズ(Febutaz)40mg」で比較。

 

「フェブタズ(Febutaz)40mg」は、1箱 100錠入りです。
薬価は、36.20ドルです。
為替によって変動しますので、あれですが、
参考価格として、日本円で4,379円。

 

さらに2個注文、3個注文、4個注文の場合は、割引があります。

 

 

仮に、

「フェブタズ(Febutaz)40mg」
現在の価格が1箱 100錠入りで「4,379円」とすると。

 

「フェブタズ(Febutaz)40mg」
の薬価は、おおよそですが、1錠あたり 約44円。

 

「フェブリク錠40mg」の薬価は、1錠あたり107円なので、
フェブタズは“半額以下”ということになります。

 

大バーゲンですね。
これだけ価格が違っていれば、心動くのも無理はないです。

 

 

フェブリク錠は、毎日1錠ずつ飲む薬ですから、一年間で支払う薬代は、
(1錠あたり107円で計算)

 

★107円×365日=39,055円(フェブリク40mgの一年分の薬代)

 

一方、フェブリクから
フェブリクのジェネリック(フェブタズ)に切り替えた場合は・・

 

★44円×365日=16,060円(フェブタズ40mgの一年分の薬代)

 

 

ああ、こんなにも違うのですね!
フェブリクからフェブタズに切り替えるだけで、
年間、2万円以上も浮くなんて!

 

 

さらに、2箱、3箱、4箱と、まとめ買いをすれば、さらに
ディスカウント!

 

 

今は、フェブリクと
フェブリクのジェネリック(フェブタズ)の薬価の比較のために、
「フェブタズ(Febutaz)40mg」で計算しましたが、
オオサカ堂では「フェブタズ(Febutaz)80mg」も購入できます。

 

 

「フェブタズ(Febutaz)80mg」を購入した場合。

 

「フェブタズ(Febutaz)80mg」は、
「フェブタズ(Febutaz)40mg」と違って、1箱 50錠入りなんです。

 

薬価は、1箱購入した場合、29.20ドルです。
(日本円で、3,532円。為替による変動アリ)

 

2箱購入した場合、48.60ドルです。
(日本円で、5,880円。為替による変動アリ)

 

「フェブタズ(Febutaz)80mg」を2箱購入した場合は、
48.60ドルを2で割って、1箱あたりの薬価は、24.30ドルです。
(日本円で、2,940円×2箱。為替による変動アリ)

 

 

フェブタズ80mgは、飲むのには容量が多いと思いますが、
ナイフなどで切って飲めば、適量にできます。
単純に考えて、フェブタズ80mgを半分に切れば、
フェブタズ40mg×2ですからね。

 

 

 

フェブタズ ピルカッター

 

 

 

「フェブタズ(Febutaz)80mg」を2箱購入した、として、
1箱 50錠入りですから、50錠×2箱=100錠ですね。
2箱(100錠)で、5,880円。

 

5,880円÷100錠=1錠あたり 約59円。

 

ところが、59円といっても、その実情は
「フェブタズ(Febutaz)80mg」は「フェブタズ(Febutaz)40mg」の
“倍”ですから、ナイフで切って半分にして、
「フェブタズ(Febutaz)40mg」の大きさにすると・・

 

約59円÷2(80mgなので、半分にする)=1錠あたり 約30円。

 

さ、30円ですか・・

 

 

で・・・
「フェブリク錠40mg」と「フェブタズ(Febutaz)40mg」と
「フェブタズ(Febutaz)80mg」を半分に切って飲んだ場合の比較をします。

 

 

★107円×365日=39,055円(フェブリク40mgの一年分の薬代)

 

★44円×365日=16,060円(フェブタズ40mgの一年分の薬代)

 

★(59円÷2)×365日=10,767円(フェブタズ80mgの一年分の薬代)

 

(フェブタズ80mgは半分に切って、フェブタズ40mgとして使用する、と仮定)

 

 

 

毎日、飲むフェブリク錠ですが、日々の薬価は
少しずつの積み重ねなので、あまり気になりませんが、

 

「フェブリク40mgを一年間、飲み続けると、薬代は 約4万円弱」
「フェブタズ40mgを一年間、飲み続けると、薬代は 約1万6千円程度」
「フェブタズ80mgを(半分に切って)一年間、飲み続けると、約1万円程度」

 

・・という結果です。

 

 

こんなにも薬代に差が出るのですね。
フェブリク40mgを一年間飲み続けるのと、フェブタズ80mgに切り替えるのとでは、
一年間に、おおよそ、3万円の差が出ます。

 

たかが、3万円と思うかもしれませんが、もし、
10年たったら、30万円もの差になりますからね。
この差は、デカイかも。

 

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)40mg(ジェネリックフェブリク)

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)80mg(ジェネリックフェブリク)