〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
リンパドレナージュ 痛風
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

「リンパドレナージュ」というのは、リンパマッサージのことです。

 

リンパマッサージとは、リンパ液の流れを良くするための
マッサージのこと。

 

・・・といっても、そもそも「リンパ液」ってのが
ピンと来ませんよね?

 

 

ええと。
人間の体には、多くの血液が流れていて、全身を巡っています。

 

でも、ただ流れているのではなくて、
血液には働きがあって、酸素と栄養分を全身の隅々の細胞まで
送り届けているのです。

 

で、送り届ければ、それでオシマイなのではなく、
その帰り道というか、その、酸素と栄養分を届けたときに、
今度は老廃物を受け取って帰ってくるわけです。

 

運送屋で言えば、商品を配達して、その配達先で
荷物の梱包の空箱を受け取って帰ってくる、みたいな感じでしょうか。

 

実際の運送屋は、そんなこと、してくれませんが。

 

 

ところが、心臓にはポンプの働きがあって、
血液を送り出すところまではいいのですが、
血液を呼び戻す働きなんか、ないんです。

 

つまり、血液を送り込んだら、それだけ。
一方通行なわけです。

 

 

じゃあ、どうするの?
どうやって、受け取った老廃物は心臓へ戻ってくるの?

 

 

それが、リンパ液なんですよ。
受け取った老廃物はリンパ液が運ぶのです。

 

 

リンパ液は、心臓のポンプの力ではなくて、
筋肉運動や自律神経の働きによって流れていくのです。

 

 

ところが、このリンパ液というのは、案外、デリケートなものらしくて、
ストレスの影響を受けたり、とか、疲れが溜まっていると、
スムーズに行かなかったり、とか、いつも順調でもないらしい。

 

 

そこで、リンパマッサージで、リンパ液の流れを良くしましょう、
というわけです。

 

 

いえ、それは、まあ・・・いいのですが、
そのリンパマッサージと痛風が何の関係があるの?

 

 

リンパドレナージュ 通風

 

 

 

痛風というと、尿酸値が高いから罹病するものですが、
尿酸値が高くなってしまう理由の最大のものは、
「生まれつきの体質」です。

 

つまり、尿酸を作り過ぎる体質、とか。
尿酸の排泄が弱い体質、とか。
その両方の性質を兼ね備えた体質、とか。

 

でも、それ以外にも、
ストレスでも尿酸値は上がりますし、
肥満(内臓脂肪の増加)や睡眠不足も尿酸値上昇に関係がある、
と考えられています。

 

もちろん、プリン体の多い食事の摂り過ぎとか、飲酒とか、
痛風に関係する要因は、たくさんあります。

 

痛風が生活習慣病と言われる所以は、その辺りなのかも。

 

 

 

で、
リンパドレナージュ(リンパマッサージ)が
痛風改善に効果があるかもしれない、という話。

 

私は、今のところ、
実際に自分が施術してもらった経験がないので、
こんな効果があったよ!
・・みたいな体験談はないのですが、
通える範囲に住んでおられる方は、試してみるのも一興かも。

 

 

リンパドレナージュ(リンパマッサージ)は、手指による、マッサージ。
圧迫と弛緩を有効に繰り返すことで、リンパの流れを良くする技術です。

 

老廃物の排泄を促進させる、いわゆる、デトックス効果がある、
と考えられてます。

 

体の痛みの緩和や糖尿病の改善にも効果がある、という説もあるので、
代替医療(病院以外の医療)の範疇に入る、とも言われているようです。

 

マッサージといえば、肩こり改善とか、美容・・・という
イメージがありますが、リンパドレナージュ(リンパマッサージ)は
高い技術によって、その一歩先を行く存在なのかもしれません。

 

 

リンパドレナージュ(リンパマッサージ)が痛風に効果があるのか
どうかはわかりませんが、そもそも「痛風は代謝の病気」ですので、
老廃物の排泄の促進作用があることや、リンパの流れを良くすることから、
一定の改善効果はあるんじゃないか、と考えています。

 

 

私の場合、
問題は、通える範囲に施術してくるところが「ない」ことですかね。

 

今後、数年経過して、もっと世の中に
リンパドレナージュ(リンパマッサージ)の施術をしてくれるところが
増えてくれれば、試してみる機会があるかもしれません。