〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風で足を揉んでもいい?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風発作で足などが腫れあがると、
なんとか痛みを和らげたい、早く治まって欲しい、と
誰もが考えます。

 

 

で、
激痛とともに腫れている患部を揉むのは、どうなのか。
マッサージしてもいいのか、と迷ったりする人もいるかもしれません。

 

 

「痛風で痛い足をマッサージしてはダメです」

 

 

どうなるのか、と試してみるのは勝手ですが、腫れは酷くなり、
痛みも強くなるので、揉んだりしないほうがいいです。

 

 

揉んだりマッサージして、痛みが和らいだり、
症状が改善するのは、筋肉痛のときなのですよ。

 

登山とかマラソンとか。
前日、普段以上に足の筋肉を酷使したときに
筋肉にコリがある、筋肉痛がある。
・・・そんなこときにね。
マッサージしたり、痛いところの筋肉を揉んだりすると
効果的です。

 

 

痛風発作の場合は、体内の尿酸結晶が蓄積していることが原因なので、
揉んでも症状が改善することはないです。

 

 

 

ただね。
ちょっと意味が違うのですが、
痛風ならば脚を揉んではいけない、というわけでもないです。

 

 

というのは、痛風発作は痛くてツライですが、
いつか、終焉のときがきます。

 

今は歩けなくても、また歩けるようになる日が戻ってくる、と。

 

痛風発作は、両足いっぺんに発症することは稀有であり、
たいてい、片足だけが痛くなります。

 

ってことは、なんとか、痛い足をかばいながらでも歩ける、
ということ。

 

いえ、あまりにも痛いので、歩ける・・
というレベルではないかもしれませんが、
それでも、トイレとかには行かなきゃなりませんからね。
(尿瓶、簡易トイレという手もありますが)

 

 

▼↓↓ こんなやつです(簡易トイレ) [楽天]
■レスキュー200X■ 20回分消耗品付き! 簡易トイレ 災害・非常時に役立つ簡易トイレ ワン…

 

 

 

そのときにね。
痛い足がなるべく痛くないように歩くものですから、
痛い足を無意識のうちに「かばう」のですよ。

 

なるべく、痛い方の足に体重がかからないように。
できるだけ、痛い足がもっと痛くならないように。

 

 

そういうのを何日も続けているとね。
今度は、逆に良いほうの足、痛くない方の足の筋肉が
凝ってくるのです。

 

妙に力が入ってしまって筋肉痛になってきたりしてね。

 

 

そこで、マッサージなんですよ。
もちろん、痛くない方の足ね。

 

 

痛くない方の足をマッサージしたからといって、
痛い足の痛風発作が緩和したりはしませんが、
筋肉痛は緩和します。

 

痛い足をかばうことによって、変な姿勢というか、体勢というか、
歩き方というか、普段、使わない筋肉を酷使することで、
筋肉痛が「上にあがってきて」今度は“腰が痛くなってしまう”
などのケースもあります。

 

 

ですので、(痛くない方の足の)
マッサージは決して無意味じゃないですよ。