〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
尿酸値が上がる原因が睡眠不足?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風、といえば、即、「プリン体」という言葉が思い浮かぶように
(知らんけど、たぶん)
「痛風=食事制限」と思われているようですが、
痛風に関係あることは「食事」ばかりじゃありません。

 

いわゆる、痛風における「生活習慣の改善」というのは、
食生活の改善だけじゃなく、運動や肥満解消など、
結構、多岐に わたっています。

 

そのうちの一つが「睡眠」

 

 

すいみん?

 

寝てりゃ、痛風が治るっての?
眠るくらいで痛風が改善したら苦労は しないよ!

 

 

いえ、毎日毎夜、ぐ〜ぐ〜、眠り続けたら
痛風が改善する、というわけではないのですが、
「睡眠不足が良くない」という話なんですよ。

 

つまり、

睡眠不足が続くと「尿酸値が上がる」のです。

 

 

通風 寝不足

 

 

睡眠不足なら尿酸値が上がるのだったら、
たっぷり睡眠をとれば尿酸値は下がるのか?

 

・・・というと、そんなハズもなく、
よく寝たから尿酸値が下がったりしません。

 

でも、寝不足だと尿酸値が上がる。

 

 

なんか・・・御褒美ナシで、罰だけが待ってる、
というふうで、ヤな感じですが、まあ、
しょうがないです。
そういうものですから。

 

世の中、みんな忙しくて、お勤めの人も学生の人も
とにかく、やたら忙しい。
帰宅してくる時間も遅かったりして、結局、
睡眠時間を削る場合が多いように思います。

 

 

眠る時間が少ない、とは、どういうことか。

 

「寝ている間=死んでいるのと同じ」と考える人もいるようですが、
いや、睡眠は大切ですよ。

 

できるだけ、起きている時間、活動する時間を増やすことが
人生をより有意義に過ごせる、という考えは
わからなくもないですが、活動する時間が長い、ということは、
「体内の老廃物」がたくさんできるのです。

 

その、起きている時間(活動する時間)が長いことによって、
大量にできる老廃物を処理するのは「肝臓」なのですが、
この肝臓が大量の老廃物の処理に追われて負担がかかる、
ということ。

 

年末年始、っていうか、正月明けの収集曜日に
家庭のゴミが山積みにされて、ゴミの多さに思わず
「うわぁっ!」と絶句する感じ。

 

おいおい、多すぎだろ・・みたいな。

 

 

また、睡眠不足は腎(腎臓・副腎)に負担をかけやすくなるので、
腎機能が低下してきたり、足の裏(腎臓のツボが多い)が
痛くなったりするようです。

 

腎臓は、体内の濾過機能、血液から尿を作ったり、
尿と一緒に尿酸を体外に排泄するカナメのような臓器なので、
痛風の人は、なるべく腎臓を弱らせないようにしたいですね。

 

 

通風 睡眠不足

 

 

「夜ふかし」したから、といって、即、
痛風発作が出るわけではありませんが、
「睡眠不足は尿酸値が上がる」ということは
知っていても損は ないと思います。

 

 

・・・・そんなこと言っても、仕事で
夜勤の人もいるでしょうし、昼間の仕事が忙しすぎて
寝る暇もない人もいるでしょう。

 

夜の11時(23時)〜夜の3時までの間は、深い睡眠がとれるので、
この時間は、寝床で眠っていた方が良い、などと言いますが、
人それぞれのライフスタイルなので、
この時間に眠れる人ばかりじゃないかもしれません。

 

しかしながら、慢性的に睡眠不足の人は、
それが原因で尿酸値に良くない影響がある場合もあるので、
睡眠を軽視せず、できる範囲でいいですから、
なるべく、夜は眠るようにしたほうが望ましいようです。

 

 

 

 

▼↓(睡眠障害改善) スリープスタータ―30パッチ (Sleep Starter) 【パッチMD社製】