「血液検査の結果は、日によって違うか?」→その日によって、微妙に違います。

 

身長170センチの人が一ヵ月後に190センチになったりしませんが、
体重60キロの人が一ヵ月後に体重90キロになったりしません。

 

あれ?
30キロ、増える人もいる?

 

 

30キロも増える人は滅多にいなくても、
60キロの人が61キロになったり、59キロになったりすることは
普通にある、と思うので。

 

同じように、血液検査も日によって違うというのは、充分、有り得る、と。

 

というわけで、尿酸値も日によって変動します。

 

定期的に尿酸値を測るようにしましょう、とか、よくいいますしね。

 

 

具体的に言うと、
病院を掛け持ち・・というか、はしごしてるじゃないですけど、
主治医が二院あるような人が、
A病院では尿酸値が7.4だったのに、B病院で測ったら、
尿酸値8.6だった。

 

1カ月しか経ってないのに有り得ない!
B病院は藪医者だ!

 

・・・ってのは、ちょっと違うと思います。

 

1カ月の間に尿酸値が大きく上がることがあるので、
仮に2回目もA病院ではかっても、似たような尿酸値になっていると思いますよ。

 

 

また、季節的要因などもあり、
夏場には尿酸値が高くなりやすいですし、
年末年始も尿酸値が高くなりやすい時期です。

 

 

夏場は暑いので、汗をかきすぎて、
体内が水分不足になって血中尿酸濃度が高くなりすぎるから。

 

また、年末年始は忘年会など暴飲暴食の多くなりがちで、
過食になって尿酸値が高くなりやすい季節だから。

 

 

ですので、こういう時期に尿酸値を測ると、
本来の数値と違った高い数値になりやすいので、
半年に1回・・いや、年に一回でもいいですから、
これらの時期を外して、毎年、同じような時期に
尿酸値検査をするのが良いと思います。

 

 

 

▼↓デメカル血液検査キット