〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
夏の痛風発作
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風のおける、尿酸値というものは、
血液中に どの程度の尿酸があるのか、というもの。
つまり、血中尿酸濃度のことですね。

 

痛風発作は痛くてツラくて嫌なので、
なんとか尿酸値を下げたい。
それも一時的でなく、継続的に。

 

尿酸値を上げる要因といえば、プリン体の多い食品の食べ過ぎ・・が、
有名ですが、実はプリン体を食べすぎなくても、
体の中で勝手に作り出されているのが尿酸。

 

それは体質によって大きな個人差があって、
俗にいう、痛風体質(痛風になりやすい高吸収体質)
の人は、体内で作り出される尿酸の生成量も多めです。

 

なんで、体内で尿酸が作られるのか、というと、
体内の無数にある細胞が新陳代謝するときに、細胞が核というものを
吐き出すため、最終的にそれが尿酸になったり。

 

あるいは、体内にある栄養分を人間が活動するためのエネルギーに
変換するときに尿酸が発生したり。

 

たしかにプリン体も尿酸の原料みたいな面もありますが、
痛風は「食事2割・体質8割」と言われているように、
本当は食事によるプリン体うんぬん・・よりも、
体内で作り出される尿酸のほうが、ウエイトは大きいのです。

 

通風 汗

 

 

だから、体質のよる要因・影響は大きく、
痛風にならない人は、どんなに肉や魚ばかり食べてもビールを飲んでも
「痛風にならない人」は、ならないのです。

 

羨ましいですね。

 

でも、本当は、そういう体質の人は、生まれつき胃腸が弱かったり、
消化吸収能力が芳しくなかったり、良い面ばかりでもないのですけどね。

 

じゃあ、生まれつき、痛風になりやすい体質の人は絶望的か、
というと、これはもう、体内で作られる尿酸量は、
なかなかコントロールできないので、できるだけ
尿酸の排せつ量を増やそう、増やしていこう、というのがベターかも。

 

体内で尿酸が過剰気味になっているから、尿酸値が高いのであって、
少しでも多く、体の外へ尿酸を排泄したら、理屈の上では
尿酸が減って尿酸値が下がることになるでしょう?

 

ところが、この尿酸。
「水に溶けにくい」という、やっかいな性質があるためか、
なかなか、体外に排泄されにくいのですよ。

 

 

尿酸 汗

 

 

じゃあ、どうやって尿酸が排泄できるのか、というと、
圧倒的に多いのが「尿」です。

 

尿と一緒に尿酸が排泄される。

 

自分の尿を見ても、色というか、尿酸なんて認識できませんが、
これは尿の中に尿酸が溶けているから。

 

「水に溶けにくい」はずなのに、なんで尿酸が溶けているのか、
という感じですが、全然 溶けないわけでもないので。

 

だから、痛風ならば「水を飲め」と言われるのは、そこなんです。
これは「尿量を確保するため」すなわち、
「尿をたくさん出すため」の手段。
飲んでないのに、出ませんからね。

 

 

ところがね。
夏場以外の季節では、なかなか水ばかり多く飲めません。

 

喉も渇いていないのに、飲みたくもないのに、
水をガブガブ飲まされるのは苦痛ですから。
気持ち悪くなってしまいます。

 

じゃあ、夏は水ばかりドンドン飲めるから、
じゃんじゃん尿酸値が下がるのか、と思ったら、実は その逆。

 

夏は暑いから、汗で水分が出てしまうのですよ。
だから、逆に尿の量が減少する。

 

夏って、冬に比べてトイレに行く回数が少なくないですか?

 

 

尿酸値 汗

 

 

汗、というのは、老廃物も一緒に出してくれるイメージがありますが、
確かにサウナなどに入った後は、妙にスッキリした気分になりますが、
「汗からは尿酸は排出されない」のですよ。

 

限りなくゼロに近いです。

 

尿の方が、よっぽど効率良く、尿酸を排泄できます。
尿酸を体外に出すなら「尿」です。

 

ところが、夏場は汗のため尿量が減るので、
尿酸値が上がる傾向があります。

 

あと、夏場は「副交感神経優位」といって、
血管が拡張気味になります。

 

夏場は冬よりも血圧が低めになるでしょう?
血管の影響が大きいです。

 

血管が拡張気味になると血流が良くなり、
それ自体は望ましいことなのですが、血液中に含まれている
白血球の活動も活発化して、関節などに蓄積している
尿酸結晶のカケラなどが剥がれたときに攻撃しやすくなります。

 

だから、痛風発作を誘発しやすくなるわけで。

 

 

で・・
対策ですが、対策らしい対策もないです。
夏だから、汗をかくと尿量が減って尿酸値があがるから、といって、
1日中、クーラーがガンガンきいた部屋に閉じこもっているわけにも
いかないでしょう。

 

夏に汗をかくのは自然なことなので、
汗をかいたら、こまめな水分補給を。
やや多い目に水を飲むくらいが良いみたいですよ。

 

 

面倒くさいから、といって、トイレを我慢したりせず、
行きたくなったら、さっさとトイレに行きましょう。
排尿とともに「尿酸も出すんだ」みたいな感じで。

 

 

まとめると・・

●水を多めに飲む
●夏場は特に水を多めに
●トイレは小まめに行く

 

 

なんとか、この夏、痛風発作が出ないよう、乗り切りたいですね!