〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
◆ 痛風 尿酸値
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風の検査といえば、一番の基本は「尿酸値を測ること」です。

 

これに尽きます。

尿酸値が高い(尿酸値 7.0mg/dl以上)と、
高尿酸血症と診断されてしまうのですが、
尿酸値 7.0mg/dl以上になると、血液中に尿酸がこれ以上、
溶けにくくなってしまうのです。

 

 

尿酸が血液に溶けにくい?

 

 

つまり、水が満タン入ったコップに、砂糖を入れて溶かし、
さらに砂糖が溶けている砂糖水に、さらに砂糖を入れても、
下に溜まって「溶けずに残っている」。

 

 

これに近い状態になるわけです。

 

 

すなわち、血液中の尿酸が尿酸濃度が高くなりすぎて、
血液中に溶けずに結晶化して関節などに沈着する。

 

 

これが痛風発作の原因です。

 

 

ですから・・
尿酸値が高くなりすぎていないか、検査するのが
痛風の検査の第一歩です。

 

 

 

=======================
◇ 痛風 尿酸値 検査
=======================

 

ちなみに「尿酸値検査」というのは、どうするのか?

 

これはね。
血液検査をします。

 

通常、病院へ行って「尿酸値を測りたいです」といえば、
採血してくれます。

 

で・・大きな病院(総合病院など)では、
当日のうちに検査結果がわかったりするようですが、
近所の町医者の場合は、普通、採血した血液を医療センターへ
提出しますので、結果を我々が知るのは、数日後になります。

 

また、何日か後に来てね、とか言われて。

 

 

え?
めんどくさい?

 

 

よく言われるのが、献血では「尿酸値は、わかるのか、どうか」。

 

 

それはね。
『献血では 尿酸値が わからない』ようになっています。

 

 

なんでか?

 

本当は、検査しているのだから、尿酸値もわかるはずなのに、
なんで知らせてくれないのか?

 

 

さあ、なんででしょうね?
病院が儲からないから、じゃないですか(知らんけど、たぶん、そうでしょ)

 

 

・・というわけで、尿酸値が知りたい人は、
病院へ行きましょう、ということ。

 

仕事が忙しくて病院へ行くヒマのない、
あるいは夜の仕事で昼間に寝ていて、
病院にも行けない、という人には
自宅ででもできる検査キットなども販売されています。

 

 

 

でも、これも結局は、自分で採血して、
医療センターへ送付するわけですから、病院へいって
検査してもらうのと同じことです。

 

尿酸値検査キットは、たしかに便利で重宝するかもしれませんが、
健康保険がきかないと思うので、医療費的に
少し高くつくように思います。

 

でも、病院に行く時間がなければ、
そんなことも言っていられませんけどね。

 

 

▼↓