〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風 断食
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風を改善しようとして「絶食」するのは駄目です。
断食とか、するべきじゃありません。

 

絶食しても断食しても「痛風は治りません」

 

むしろ、体力を落として健康を害する可能性があります。

 

痛風改善目的で、断食・絶食などをすることには、反対です。

 

 

痛風は生まれつきの体質など、さまざまな複合的な要因で
罹病するので、原因をただ一つに特定することは困難です。

 

痛風といえば、尿酸値が高い(尿酸値 7.0mg/dl以上)ことが
痛風(高尿酸血症)の直接の原因ですが、
その、尿酸値をあげてしまう要素の一つに
「肥満」があります。

 

 

なんで、肥満が駄目なのか。

 

痛風 絶食

 

 

男性の場合、肥満になると
内臓に脂肪がついてしまうのです。
いわゆる、内臓脂肪です。
(女性の場合は、皮下脂肪につきやすい)

 

で。
この内臓脂肪が増加すると、内臓脂肪が
ホルモンに似た物質を分泌してしまうのですよ。

 

この物質に「尿酸値を上げてしまう作用」があるのです。

 

 

だから、肥満解消のため、
絶食したり断食したりして「痩せよう」と試みるのは、
理に かなっている、というか、見当違いの行動でもないのです。

 

現実に、肥満を解消しただけで
「尿酸値が下がった」という人もいますしね。

 

 

ですが、痛風の要因は、「肥満だけじゃない」ので。

 

一番大きい要素は、生まれつきの体質。
持って生まれた体質です。

 

 

「尿酸を体内で作りすぎる体質」もしくは、
「尿酸の排泄が弱い体質」あるいは、
「その両方を兼ね備えた体質」

 

これらの体質の人が痛風に なりやすいです。

 

 

確かに「肥満解消」は痛風改善の第一歩ですが、
痛風の原因は、それが全てでは ありません。
つまり、肥満解消しても「尿酸値が下がらなかった」
という人もいるのですから。

 

肥満解消は、数多くの痛風リスクのうちの一つに過ぎません。

 

でも、一つ一つ、痛風リスクを外していくことが
痛風改善の近道なんでしょうけどね。

 

 

 

・・・・いうわけで、断食・絶食の話。

 

 

「痩せているのに痛風」という人も世の中には、いるのです。
「痩せていても尿酸値が高い」というわけです。

 

これは、もう・・持って生まれた体質です。

 

子供なのに、尿酸値が高いとか。
中学生だけど、尿酸値 11.0mg/dlだとか。

 

遺伝です。
体質です。

 

 

痩せることだけが痛風対策じゃないんです。
断食しても駄目なモノは駄目。

 

 

 

それにね。
断食すると、体力が落ちるのですよ。

 

 

痛風 断食

 

 

人間の体には、まず、脳に絶対的に「たんぱく質」が
必要なんです。

 

絶食・断食によって、食事が口から入ってこないと、
タンパク質を摂取できないと、脳にタンパク質が入ってこなくなるので、
体内の筋肉を溶かしてタンパク質を摂取するのです。

 

 

自分の体の筋肉を溶かすのですよ!?
昆虫じゃあるまいし!

 

 

絶食すると、骨と皮になる、というでしょ?

 

あれは大げさでも なんでもなく、
ホントに骨と皮になるんですよ。

 

キンニクというと、腕っ節とか、太腿とか、
そういうイメージがあるでしょ?

 

でも、全身、いたるところに
筋肉がありますから。

 

重い頭を支える首にも筋肉はあるし、
内臓を支えているのも筋肉ですし。

 

筋肉が無い、ということは体力がない、
人間を生命体と考えたとき、生存能力が低下する、
ということです。

 

絶食なんか、するべきじゃありません。
しっかり食べなきゃ。

 

プリン体の多い食事を制限するどころの話じゃないです。
死んじゃいますよ。

 

 

私の知り合いの女の子、
(ぽちゃっ、として太めの女の子だったので 気持ちは わかりますが)
断食して、体調を崩して病院に運ばれちゃいましたよ。

 

 

断食とか、絶食とか、するべきじゃないです。

 

 

ああいうのは、修行中の高僧とか、
そういう人に任せておけばいいんです。

 

痛風だから、痛風改善のために
絶食するとか、断食するとか、絶対に
やめておいたほうがいいです。

 

まったく推奨できません。