〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風 野菜が食べられない
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風対策っていうか、痛風発作を起こさせないためには
なんといっても尿酸値を下げることが肝要です。

 

尿酸値を下げるためには、尿酸値を下げる薬を飲むことが
一般的ですが、他にも いくつか方法があります。

 

 

方法?
どんな方法?

 

「野菜を多く食べること」です。

 

通風 野菜

 

 

野菜?
なんで、野菜なの?

 

野菜、きらいっ!
やさい、おいしくないッ!!

 

いや、そりゃあ、まあ、野菜より肉や魚のほうが
(たぶん)おいしいですが、ここは身体のため、ということで。

 

どうして、痛風改善に野菜が望ましいか、というと、

 

野菜や海藻は、尿をアルカリ性に傾ける食品
肉や魚は、尿を酸性に傾ける食品

・・・だから、です。

 

 

この「尿の酸性、アルカリ性」というのは何かというと、
尿酸は酸性の尿には溶けにくく、アルカリ性の尿には溶けやすいのです。

 

「尿酸が溶けにくい尿」「尿酸が溶けやすい尿」では、
どっちが体外にたくさん尿を排泄できる?

 

「尿酸が溶けやすい尿」ってのが、ピンとこなければ、
「尿酸がよく溶けている尿」と言った方が、しっくりくるかも。

 

要するに、
血液中にどれだけ尿酸があるのか、というのが「尿酸値」ですから、
血液の中に尿酸が過剰になっている状態が「尿酸値が高い」のです。

 

じゃあ、
「尿酸値を下げる」ためには、血中尿酸濃度を下げてやればいい。
つまり、血液中に溢れすぎている尿酸を少しでも多く、
体外に排せつしてやれば良い、ということになります。

 

それなら、尿酸があまり溶けていない酸性尿よりも、
より多くの尿酸が溶けているアルカリ尿の方がいいですよね。

 

 

ところが、野菜なんかよりも、肉や魚のほうが
おいしい、と・・きているじゃないですか。

 

外食なんかしても、肉や魚が入っていなくて、
野菜ばっかりだったら、その店、潰れちゃいますよ。
お客さん、来てくれないです。
この店、おいしくないって。

 

だから、どうしても、肉や魚が多くなる。
必然的に多くなる。
そして、どうしても少なめになってしまうのが
「野菜」ということ。

 

 

通風 尿酸値を下げる

 

 

で。
やさいを多く食べるって・・具体的に、どれくらい食べたらいいの?

 

一般的に、

野菜や海藻は、一日に100グラム以上は食べた方が良い

と言われています。

 

一日100グラム?
野菜ばっかり?

 

ウサギじゃねえぞ!
んなもんばっかり、食えるかっ!

 

 

いえ、肉や魚を食べちゃいけないってことではないのですよ。
肉や野菜も食べるけど、野菜を全然食べないってのは
望ましくないですよ、という話。

 

肉、魚を食べるなら、野菜もしっかり食べましょうよ、ということ。

 

 

ところが、100グラムと言われても、どうもピンとこない。

 

おおざっぱではありますが、毎食のたびに
野菜(サラダ)を一皿以上、食べる、とか。
そんな感じでしょうか。

 

 

でもね。
案外、あまり野菜は食べられないのですよ。
そりゃあ、野菜が大好きな人はいいですよ。
でも、それほどでもないや・・という人には、
野菜を食べなきゃ、という強迫観念といえば大げさですが、
せっかくの お食事が楽しいものでは なくなってしまいます。

 

 

野菜の量を食べるコツ(?)は、
「野菜を加熱する」こと。

 

青菜みたいな野菜は加熱すると、かさが減ります。
ぱくぱく食べられます。

 

スープに入れる、という方法もあります。
ゆでたり、蒸したり、とか。

 

生野菜じゃなければ駄目、というものでもないので、
なんとか工夫して、自分でも食べれる方法を見つけてください。

 

 

どうしても、野菜が苦手で食べられない、という人には
野菜ジュース、という手もあります。

 

ただ、この頃の野菜ジュースは、とてもおいしくなっていて、
果汁などとミックスして飲みやすくなっています。

 

それは良いのですが、果糖などを多く含み、
かなり甘い野菜ジュースもあるので、糖分の摂り過ぎには
気をつけてください。

 

果糖に限らず、砂糖などもそうですが、
甘いものは、体内で分解されるときに尿酸を生成しますので、
かえって尿酸が増えてしまうことになります。

 

甘いものをぜんぜん飲んじゃいけない、食べちゃいけない、
というわけではないですが、そこそこにしておきましょう、
という話です。

 

 

 

 

▼↓MF3野菜プラセンタカプセルADVANCED