〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風 牛乳
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風に良い飲みもの、というか、
牛乳は痛風に良い、といわれいます。

 

一つは、牛乳にはプリン体が含まれていないから。

プリン体は、食品において
「旨み(うまみ)の元」と言われているくらいなので、
おいしいものには、だいたいプリン体が含まれている
(肉とか魚とか)ような感じですが、
あまり摂り過ぎてしまうと、尿酸値の上昇とか
気になってしまいます。

 

それに、あまり尿酸値ばかり気にしていても、
食事もおいしくないですしね。

 

 

 

で、その点、牛乳にはプリン体がないので、安心です。
牛乳と良く似た感じの「豆乳」は、大豆が原料なので、
栄養価は満点ですが、こっちのほうは牛乳と違って、
プリン体が含有されています。

 

少し飲む程度なら、そんなに気にすることもないですが、
毎日、大量に飲む人は少し気をつけた方がいいかもしれません。

 

 

で・・・牛乳にもいろいろありますが、どうして、
低脂肪牛乳なのか?
どうして、痛風には低脂肪牛乳が良いのか?

 

 

 

=======================
痛風には、低脂肪牛乳?
=======================

 

牛乳にはね。
単にプリン体が無い、という、ある意味、消極的な理由だけでなく、
尿酸を排出しやすい、という積極的な働きもあるようです。

 

これは豆乳には無い作用ですからね。

 

これが「痛風の人には牛乳がお勧め」な一番の理由です。

 

 

で、なぜに牛乳でなく、低脂肪牛乳なのか?

 

 

 

いえ、牛乳でも低脂肪牛乳でもいいですけど、
低脂肪牛乳は低カロリーでしょ?

 

ごくごく飲むと、牛乳だとカロリーがあるので、
すぐにお腹がいっぱいになってしまいます。

 

また、飲みすぎてカロリー過多になって太ってしまってね。
逆に痛風改善から離れてしまうので、やはり
肥満には注意しないと。

 

 

あと、低脂肪牛乳は安価です。
つまり、お安い価格、ということ。

 

 

飲んだら、なくなっちゃう、ものですから、
できるだけ、安いものにしましょう、というのも
間違いじゃないです。

 

 

けど、大切なのは、牛乳を飲んでいるから、
低脂肪牛乳を飲んでいるから、痛風発作は出ない、
というわけじゃない、ということ。

 

 

痛風の最大の要因は、生まれつきの体質。
尿酸を多く作りすぎてしまう体質です。
ぶっちゃた話、遺伝です。

 

それから、運動不足。
肥満。

 

寝不足。
ストレス過多。

 

プリン体の多い食事の摂りすぎ。
食べ過ぎ、過食。
飲酒。

 

 

・・・・そんな、さまざまな要因が積み重なって、
尿酸値が高くなってくるわけです(高尿酸血症)。
痛風になるわけです。

 

 

ですから・・その他のたくさんの要因を棚に上げておいて、
牛乳を飲んでいるから痛風は大丈夫、
低脂肪牛乳を飲んでいるから尿酸値は下がるよ、
というのは、ちょっと違うのです。

 

 

牛乳を飲むこと、低脂肪牛乳を飲むことは、
たくさんあるうちの、痛風のリスクの一つを下げる、
・・・ただ、それだけのことです。

 

 

 

でも、リスクは上げるより、下がるほうがいいでしょ?