〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風にサウナは良いの?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

一般的にサウナは体に良い、と考えられています。

 

熱気浴による大量の発汗で、
疲労回復、ストレス解消、減量効果、血行促進など
さまざまな効用が うたわれています。

 

 

このサウナ、痛風には どうなのでしょうか。

 

通風 サウナ

 

 

「大量の発汗」で
尿酸値もドンドン下がりそうなイメージがありますが、
実は、まったく尿酸値は下がりません

 

尿酸ってのは、尿に溶けて尿と一緒に排泄されるのが大半です。
便からも少し排泄されますが、汗から排出される尿酸は、
ほぼ「ゼロ」です。

 

だから、いくらサウナで汗を流しても、
ちっとも尿酸値は下がりはしません。

 

 

がっくり、ですね・・・

 

汗で尿酸が排せつされるんだったら、いいのに。
汗をかけばかくほど尿酸値が下がるんだったら、いいのに。

 

 

サウナの一番の心配は「体内の水分不足」です。

 

体重が落ちるのは、嬉しいですが、
スッキリした気分にもなりますが、
体内の水分不足は深刻ですから。

 

サウナで脳梗塞になった人もいますしね。

 

でも、そんな人は水分補給を怠った人の場合が
多いようです。

 

しっかり水分補給さえしていれば、そんなに
心配ないと思います。

 

 

 

あと・・
サウナの効用として、体内の血管が拡張する、
というのがあります。

 

これは普通の人なら望ましいことなのですが、
長年、痛風で苦しんでいる人は、体内に
たくさんの尿酸結晶が蓄積している可能性もあります。

 

そういう人が、血管が拡張すると
体内が副交感神経優位のような状態になって、
血流が良くなります。

 

血流が良くなるならいいじゃないか、と思うのですが、
同時に白血球の活動も活発化するので、
白血球が体の大掃除を始めてしまう可能性もあります。

 

 

白血球が体の大掃除?

 

つまり、体内の関節などに蓄積している尿酸結晶を
掃除し始めるのですよ。

 

ってことは、痛風発作が起こりやすくなる、ってこと。

 

 

夏場は、他の季節より、痛風発作が多発するでしょ?
夏しか、痛風にならない、という人も多いのでは。

 

夏場は気候の関係で、体が副交感神経優位になりやすくて、
体内の血管が拡張気味で白血球が活発化しやすい季節なんです。

 

 

サウナに長時間入っていると、それと良く似た状態に
なるかもしれない、ということ。

 

 

 

でも、ねえ!

 

そんなことを言い出すと、何も できなくなりますよ。
痛風だからって、何一つ できなくなりますよ。

 

 

サウナに入る人は、充分に水分をとって、
あまり長時間、頑張らずに、気持ち良い程度でサウナから出る。

 

・・・そんな感じで、いいのでは ないでしょうか。