〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
サウナ尿酸
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

「痛風にサウナは良くない?」

 

痛風発作の最中は、やめておいたほうが無難です。

 

 

じゃあ、
「痛風発作の最中じゃないのなら?」

 

水分不足にならないように腐心するなら、問題ないんじゃないでしょうか。

 

 

 

で。
痛風発作の最中のサウナは、なんで駄目か。

 

え〜と、ダメというわけでもないのですが、
サウナに限らず、風呂で湯船で長時間つかっている、
というのも同じですが、体が十二分に温まるとね。

 

血流が良くなるのですよ。
血管が拡張気味になってね。

 

血流が良くなるのなら、いいんじゃないの?

 

いえ、確かに血行が良いというのは、体にとって
健康にとっては良いのですが、血流が良くなると、
血液に含まれる白血球も活発化してしまうのです。

 

痛風発作の最中は、ただでさえ、白血球が増加している状態です。

 

溜まりすぎた尿酸結晶が、沈着していた関節などから
剥がれ落ちてしまい、その破片を白血球が異物と勘違い(?)して
攻撃開始するのです。

 

その白血球の攻撃の際、痛風発作の、あの激痛の元になる
成分が発生しますので、痛風発作の最中に白血球が
さらに増加すると、ますます痛みは激痛化する、ということ。

 

白血球には、せめて、
痛風発作が下火になるまで、おとなしくしてもらいましょう、と。

 

そのためには、あまり長風呂したり、サウナで長時間
頑張ったりしないほうがいいかな。

サウナ 通風

 

 

じゃあ、痛風発作の真っ最中じゃなければ問題ないのね?

 

水分不足にならないよう留意しながら入るなら、
特に問題ないのでは。

 

そもそも、体が温まる、ということは
体にとって悪いことではないですしね。

 

 

ただ、大量の発汗があるので、
汗から「尿酸が排泄される」とか、
「汗を大量にかくと尿酸値が下がる」と考えているなら、
それは残念ながら、ちょっと間違いです。

 

尿酸の体外への排出は、
尿が大部分(尿に溶けて尿と一緒に排泄)で、あと、
便と一緒にも排泄されます。

 

でも、汗からの尿酸の排泄は、ほぼゼロです。
ホント、残念ですが。

 

 

ただね。
サウナは大量の発汗があって、老廃物の排出を促したり、
すっきりした気分になるでしょう?
ストレス解消効果もあると思うのです。

 

痛風にはストレスが大敵ですし、
(強いストレスは尿酸値を上げてしまう)
サウナで気分スッキリ、というのも悪くないかも。

 

 

ただし、発汗しすぎて、水分補給が追いつかなくて、
体が水分不足になってしまうと、
血液中の尿酸濃度が上がってしまいます。

 

どういうことか、というと、
血中尿酸濃度の上昇は、尿酸値が上がることを意味します。

 

だから、サウナは健康にも痛風にも悪いわけではなく、
水分補給を充分にしながら、楽しく利用しましょうね、ということです。