〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風後のお風呂に入るタイミング
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風発作が出たら、お風呂に入っちゃいけない!

 

・・・そう思われていることが多いような気がしますが、
そういうわけでもないです。

痛風 風呂

 

 

そもそも、痛風発作が発症する、一番多い季節は
夏ですらからね。

 

多発する夏に風呂に全く入らないというのは、
いろいろな意味で厳しいです。

 

 

たしかに足が痛かったり、歩けなかったりして、
風呂場まで辿りつけないかもしれませんが・・・

 

銭湯に行く場合は、ちょっと無理かもしれませんね。

 

 

シャワーで洗い流すとか、濡れタオルで体を拭くとか、
そういうのなら、何の問題もないです。

 

 

じゃあ・・何が悪いのか?

 

 

お風呂に入って湯船につかって温まる、これがね。
体が温まると血流が良くなって、痛風発作が酷くなる原因です。

 

 

なんで血流が良くなると、痛風発作の腫れや痛みが酷くなるのか?
激痛になってしまうのか?

 

 

血流が良くなると、腫れている足(必ずしも足とは限りませんが)に
白血球が増加して、蓄積している尿酸結晶を攻撃するので
ますます攻撃量が増える、すなわち痛みが増加する、ということなのです。

 

痛風発作が起こったら安静にしましょう、とか言うのも、
動き回ると血流が良くなって、白血球が痛い足によく巡るから、
なのです。

 

寝るとき、足を心臓より高い位置に置きましょう。
布団とか敷いて、足を放り上げるようにして寝ましょう、
というのも、血流があまり良くならないように。
白血球が痛い足に押し寄せないように・・・ということ。

 

 

で、痛風発作が出たら、いつお風呂に入ればいいのか?

 

 

湯船で温まらない、温もらないのなら、
即日、お風呂に入っても大丈夫です。
でも、足が痛いので、歩ければの話ですが。

 

お風呂で湯船で温まるのは、完全に・・というか、
腫れも引いて、痛みがなくなってからにした方が
良いと思います。

 

 

それに夏場なら、暑いので、
そんなに温まらなくても大丈夫ですしね。
湯冷めとか、しませんし。

 

 

痛風発作は必ずしも夏に出るとは限りませんが
(一年中、出ます)
圧倒的に多発するのは夏場ですので、
空調を小まめに入れたりして、なるべく
汗をかかないような工夫も必要かもしれませんね。