〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風 ノンアルコールビールを飲む
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

近所のスーパーに行ったら、レジ前の一番いい位置(販売の観点から)に
「ノンアルコールビール」のコーナーが設けられていました。

よく見たら、ノンアルコールビールだけじゃなくて、
ノンアルコール焼酎とか、ノンアルコール梅酒とか、
いわゆる、ノンアルコール飲料が雛壇のように所狭しと陳列されています。

 

いつの間にか、市民権を得ていたのですね、ノンアルコールビールって。

 

 

 

 

ノンアルコールビールって、ビールの味、風味に似させていますが、
アルコール成分が入っておらず、清涼飲料とか、炭酸飲料などと
ラベルに明記されています。

 

ビールテイスト飲料ってことで、ビールのような味ではあるけど、
アルコールが入っていないので、車の運転もできますよ、
ということらしい。

 

 

でもね。
それって・・・アルコールが入っていないってことは、
酔わないってことでしょ?

 

酔わなくて、何が酒なの、何がビールなの??

 

 

ところが、レジの前で、順番待ちで並んでいる間に、
中高年の男性が、スッと「ノンアルコールビールのコーナー」へ
おもむろに近づいたかと思うと、とある銘柄のノンアルコールビールを
1本掴んで、さっさとレジの方へと歩き去っていきました。

 

迷わず選んだ・・ってことは、いつも買っているんでしょうねえ?

 

もう、買う銘柄は決まってるってことですから。

 

 

個人的な意見ですが、ハッキリ言って、
ノンアルコールビールは、お味の面では、
本物のビールに劣ります。
とても、味覚・風味では、かなわないでしょう。

 

若い人なんかは、ノンアルコールビールになんか、
手を出さないのでは?

 

話の種に、一度くらいは飲んでみても、
1回飲んで、「ふ〜ん・・こんなもんか」ということで、
次からは手を伸ばさないような気がします。

 

むしろ、ノンアルコールビールを買ってまで飲もう、
というような人は、健康に留意している中高年層なのでは?

 

 

 

さて、痛風の人は、尿酸値を気にしている人が多いので、
尿酸値を上げないためには、禁酒した方が良い、と
言われています。

 

 

 

 

ところが、仕事帰りの飲酒は何にも代えがたい・・という人も
多いでしょうし、そう簡単に
「はい、そうですか、じゃあ、ビールやめます」
というわけにイカンでしょう。

 

そこで、代替品として、本物のアルコール飲料であるビールはやめて、
ノンアルコール飲料に切り替えましょう、などと言われるのですが、

 

「あんなもの、ビールじゃない」
「変な味付けしている」
「偽物は、所詮、にせもの」

 

・・・と本格的なビール好きの人は、
ノンアルコールビールに対して、随分、手厳しいです。

 

 

ノンアルコールビールは、アルコール飲料ではないので、
尿酸値を上げません。
ただし、プリン体ゼロのもの、ならば。

 

じゃあ、プリン体がゼロならば、
本物のビールでも尿酸値を上げないとかというと、
体内でアルコール分解のときに尿酸が生成されたり、
乳酸が作られて腎臓からの尿酸排泄の力が低下したりして、
やっぱり、尿酸値はあがってしまいます。

 

だから、多少、風味は本物よりも落ちても、
痛風ならば、ノンアルコールビールに切り替える、というのも
悪くないです。

 

 

 

しかし、時代の流れなのか、ノンアルコールビールに限らず
ニセモノ(?)が増えてきていますね。

 

カニかまぼこは、昔から、本物そっくりのニセモノがあるし、
漁獲量が減少しているウナギは、ナマズで本物そっくりの味が
出せるらしいですし。

 

そのうち、痛風で食べてはいけない食品も、すべてニセモノになるかもね。

 

味は、そっくりで、おいしいんだけど、プリン体ゼロの肉、とか。
プリン体ゼロの(ニセモノの)レバーとか、プリン体のない魚卵とか。

 

 

プリン体の多い食事一覧表とかを見比べながら、
食事に神経を使った時代もあったなあ・・・なんて時代になってくるかも。

 

それは、それで「いい時代」かもね。

 

しかし、どんなに時代は変わっても、
ニセモノは「本物には、かなわない」です。

 

 

 

そういえば、痛風にも「偽痛風」ってヤツもありますからね。

 

あれも、偽物といえば、ニセモノ??