〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風にアルコールは関係ないか
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

この場合のアルコールというのは、アルコール飲料のことです。
ビールとか、焼酎とか、ワインとか、お酒とか、ウイスキーとか。

 

理科の実験に使う、アルコールランプのことじゃありません。

 

 

で。
痛風にアルコール飲料は良いのか、どうか・・ですが、
「痛風ならアルコールは飲まない方が良い」
ということになっています。

 

つまり、禁酒しろ、ってことで。

痛風 アルコール

 

 

 

どういうことか。

 

 

原因は、ビールなどに含有量が多い、プリン体が原因、
だと思われていますが、そうじゃないんです。

 

プリン体だけが原因なら、プリン体ゼロのビールを飲めば
アルコールは痛風でもOKってことになるでしょ。

 

 

そうじゃなくて。

 

ビールなどのアルコール飲料は、体内に入ってきたとき、
肝臓で分解されるのです。
解毒ってヤツです。
肝臓は、体内の最大の臓器で、化学工場の役割を
果たしますからね。

 

その、肝臓が体内に入ってきたアルコールを解毒分解するときに
尿酸がたくさん生成されるのです。

 

だから、尿酸値が上がる。

 

同時に乳酸も発生して、この乳酸が腎臓に溜まって、
そのため、腎臓での尿酸排せつが低下する。

 

腎臓からの尿酸排泄が低下すると、血液中に
排泄されない尿酸が増えて(残って)しまい、
血中尿酸濃度が高くなります。

 

ってことは、尿酸値が上がる。

 

さらにビールには利尿作用があって、
体内が水分不足になります。

 

ってことは、血中尿酸濃度が高くなります。

 

ゆえに、尿酸値が上がる。

 

 

さらに、さらに、ビールは食欲増進効果があって、
食が進むゆえ、肥満を促進し・・・・ああ、もう、いいや、こんな話。

 

 

 

つまり、ね。
教科書通りの言い方をすれば、痛風にアルコールは良くない、
ということになります。

 

ノンアルコールビールなら、問題ないですけどね。
あれは清涼飲料水だから。

 

でも、おいしくないでしょ?
好きですか、ノンアルコールビールって。

 

 

 

しかしながら。

 

だから、といって、痛風ならアルコールは
飲んじゃ駄目なのか、ビールは止めなきゃならないのか。

 

 

いえ、体調だけを考えたら、痛風のことだけを
考えたら、確かに禁酒したほうがいいでしょう。

 

でも、仕事帰りの一杯が唯一の楽しみの人も
いるかもしれません。

 

ビールを飲むのが楽しみで、一生懸命仕事を
している人もいるでしょう。

 

それを取り上げてしまったら。

 

もしかしたら、働く気力もなくしてしまうかもしれません。

 

 

 

通風 アルコール

 

 

 

人生に“楽しみ”は必要です。

 

絶対に必要です。

 

他人から見たら、ささやかな楽しみかもしれませんが、
当人にとっては大切なことです。

 

 

痛風にアルコールは良くないのかもしれませんが、
それ以上に「人生にとってアルコールが必要」な人もいるでしょう。

 

 

なんでも「痛風だから禁酒」みたいな、
教科書通りには物事は運びません。

 

 

 

ですが、痛風の人なら、
体調とかも心配ですので、
「飲む量を減らす」、あるいは
「飲まない日をつくる(休肝日)」
など対応していくのが現実的かな、と思います。