〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風発作のとき、ビールを飲んでもいいか?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風発作ってのは、とにかく痛いです!
腫れて腫れあがって、しかも足に多発するので、
足が腫れあがって痛い・・ということは、歩けないです。

歩けない?
仕事に行けない、遊びにも行けない。

 

それどころか、トイレにも行けない。
我慢しろって?

 

結局、這うように激痛をこらえながら、トイレに行く有様。
簡易トイレとか尿瓶って方法もありますが。

 

 

つまりね。
何も楽しいことがないわけです。
痛くて辛くて歩けなくて、何が楽しいの?
何が嬉しいの?

 

 

ああ、おもしろくない!
飲まなきゃ、やっていられない!

 

・・・と思うのは、自然の成り行きであります。

 

せめて、この痛みを、ビールでも飲んで紛らわせたい。
痛風の痛みをごまかしたい。
うさばらしをしたい。

 

 

けど・・・ちょっと、待ってください。
もう少し、よく考えてからビールは飲んでください。

 

 

 

=======================
痛風発作のとき、ビールを飲むと、どうなる?
=======================

 

痛風発作のときにビールを飲むと、ビールの中に
プリン体が多く含まれていて、そのせいで体内に尿酸が増えて、
尿酸値が上がる、と。

 

だから、痛風のとき、ビールは飲まない方が良い・・・
と考えているかもしれません。

 

でもね。
それなら、プリン体ゼロのビールを飲めば大丈夫ってことになるでしょ?

 

そうじゃないのです。
問題はプリン体だけでなく。

 

ビールが体内に入ると肝臓で分解されて、
そのときに尿酸がたくさん作り出されます。
だから、飲めば飲むほど尿酸値が上がるのです。

 

 

さらに乳酸もつくられて腎臓に蓄積して
腎臓の濾過機能が低下して、尿酸の排泄量が低下。
つまり、尿酸の排出が滞るので結果として尿酸値が上がってしまいます。

 

それにビールを飲むと食も進むでしょう。
食欲がわく、というか。

 

で、カロリーオーバーになって肥満につながります。

 

肥満になると内臓脂肪が増えて、
内臓脂肪が増えると尿酸値をあげる原因となるホルモンのような
物質を分泌しますので、ロクなことがないです。

 

さらに、ビールには利尿作用があって、
水分を多く排泄(トイレが近くなる)しますので、
体内の血液が水分不足となって、血中尿酸濃度が濃くなってしまい、
その結果、尿酸値が上がってしまいます。

 

 

なんか、飲むな飲むなの大合唱ですが・・・

 

 

でも、これは一時的なものですしね。
大量の飲酒じゃなかったら、いいかなと思ったりもしますが。

 

人間は機械じゃないので、
そんな理屈どおりには動けないです。

 

 

ただ、上記のようにビールは尿酸値が押し上げますので、
痛風発作の最中は控えておいたほうが無難です。

 

ビールは、おいしく楽しくいただきましょう。

 

足が痛いときに飲んでも、楽しくないでしょ?

 

痛風発作が治ったら、また大宴会で盛り上がろう!
それを楽しみに、苦しい闘病生活の心支えにすることで、
少しは苦痛に耐え忍ぶことができるかもしれません。