〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風 ウイスキー
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

ウイスキーは、ビールや日本酒などに比べて、
非常にプリン体の含有量が少ないです。

このことから、夏場などの痛風発作が起こりやすい季節には、
ビールはダメでもウイスキーを飲んでいれば大丈夫、
と考える人もいるようです。

 

でもね。
痛風というのは、プリン体が多いものを飲まなきゃ大丈夫、
というような簡単なものではないのですよ。

 

 

ウイスキーであろうが、もっとプリン体が少ないと言われている
焼酎でさえ、アルコール飲料である以上、飲めば飲むほど、
尿酸値は上がるのですよ。

 

それは体内にアルコール飲料が入ってきたときに、
肝臓がアルコールを解毒として分解するため、そのときに
尿酸が生成されるのです。

 

さらにアルコール飲料は乳酸を発生させて、
その乳酸が腎臓に溜まって尿酸の排泄を妨げます。

 

 

・・・というわけで、すべてのアルコール飲料は
飲めば飲むほど尿酸値が上がります。

 

(ワインは、ポリフェノールが相殺するので、例外。
ただし、少量なら)

 

 

 

・・・・で、こんなふうに書くと、
ウイスキー好き、お酒好きの人はガッカリするかもしれませんが、
飲んでも飲まなくても、痛風発作が出る人は出るのですよ。

 

痛風は、体質8割・食事2割と言われていますからね。

 

食事由来のプリン体の製造以外に、
体内の新陳代謝のとき、体内の栄養分をエネルギーに変換するときに
できるプリン体の方が多いのですから、
う〜ん・・無理して我慢していた日々は、何だったの!?
・・・という感じです。

 

 

ウイスキーなどのアルコール飲料は、少量ならば
ストレス解消の効果もあり、また飲みたいのに我慢し続けることは
強いストレスになる可能性もあります。
(強いストレスは尿酸値を上げる作用があります)

 

 

そんなことを言うと、
「そうなんだ! だったら飲むぞ!」
と思うかもしれませんが、人生長丁場なので、
節制ばかりしていても、なかなか続きません。

 

ほどほどに飲む、人生を楽しみながら飲む、程度にしておくのが
痛風にも健康にも精神衛生上にも良いのではないでしょうか。