〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風鎮痛剤市販
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風発作というのは、とても痛いものです。

 

怪獣に足を踏まれた痛み、なんて表現する人もいるくらいです。

 

ちょっと大げさな気もしますが、それくらい痛いってことで。

痛風 痛み止め 薬

 

 

 

で・・
最上級の痛みの一つ、とも評される痛風発作ですが、
じっと我慢していたところで、少しも緩和してくれません。

 

痛くて眠れません。
歩けません。

 

発症する箇所によっては、歩けず、
トイレにも自力で行けなかったり。

 

具体的にいうと、アキレス腱とか、くるぶし(足首)とか。
この箇所に痛風発作で出てしまうと、歩くたびに
体重がかかるので、一歩踏み出すたびに激痛が脳天に走ります。

 

とても歩けやしません。

 

 

そこで、鎮痛剤の出番。

 

 

でもね。
消炎鎮痛剤は、炎症や痛みを緩和してくれますが、
あくまで対症療法。

 

対症療法ってのは、ひらたく言えば、「その場しのぎ」。

 

そのときだけ、今だけでも、痛みが緩和すればいいや、
激痛が和らいだら、それでいいや、という感じです。

 

痛風の場合、本当の治療と言うか、改善するには
尿酸値を下げるしかないですからね。

 

消炎鎮痛剤では、尿酸値は下がったりしません。

 

 

 

そんなことは、わかっているよ!

 

 

 

わかっては いるのですが、とりあえず、
この痛みをなんとかしないと。

 

こんなに痛けりゃ、眠れやしない。
歩けやしない。

 

対症療法は、根本的な治療ではないので、
軽視する人もいるようですが、でも、
痛みが和らぐ、ということは、
痛みで苦しんでいる者にとっては、とても
ありがたいことです。

 

 

 

では・・
消炎鎮痛剤で痛みを緩和する、といっても、
痛み止めの薬には種類もたくさんあります。

 

いったい、どれを使えばいいの?

 

 

一番オーソドックスなのは、やっぱりロキソニン。
これが一般的だし、市販もされているので、
薬剤師の在籍している薬局で普通に販売されています。
(ロキソニンS【第1類医薬品】)

 

ロキソニンじゃあ、効き目が弱いと思う人は、
ボルタレンでしょう。

 

ところが、ボルタレンは市販されていない処方薬。
つまり、病院で処方箋をもらわないと
購入できない医薬品。

 

 

う〜ん・・めんどくさいな。

 

 

仕事が忙しくて病院に行けない人、
近所に病院がない人・・・人それぞれの事情はあると思いますが、
自宅にいながら購入するなら、個人輸入代行業者から購入、
という手もあります。

 

国内では、病院に行かなきゃ入手できない薬が、
海外製造の薬なら、通販で購入できる、という利便性があります。

 

薬の種類も多いですしね。

 

 

▼鎮痛剤比較↓↓

 

 

 

 

で。
いろいろありますが、どれを選べばいいのか。
やっぱり、ロキソニンなのか?

 

 

 

一番の お勧めは、ね。

 

 

「自分が一度でも飲んだことのある薬」です。

 

 

鎮痛剤にもいろいろ種類があるので、
もっと効果の高い痛み止めの薬はないのか、と
いろいろ試してみたくもなります。

 

もっと強力な薬は、ないのか・・ってね。

 

 

 

でもね。
効果の大きい薬は、副作用も大きい可能性もあるのです。

 

副作用は個人差があるので、誰にでも出るとは
限りませんが、もしかしたら、自分に出るかもしれないのです。

 

薬は「自分に合う、合わない」というのがあるので、
飲んでみないとわからない、というような一面があります。

 

 

病院で処方してもらっても、それは同じ。

 

たいてい、病院で薬を出してもらったら、
初めは少しだけ、でしょう?

 

なんで少量なのかというと、なくなると
来院させるため。

 

何度も通院させて、診療報酬を獲得するためだ、
という人もいるかもしれませんけど、
患者の体調に変化がないか、重篤な副作用とか
変調はないのか、と観察するため、でもあるのです。

 

 

薬だけは飲んでみないと、わかりませんからね。

 

1万人が飲んでも大丈夫でも、自分にだけは
副作用が出るかもしれないのですから。

 

 

なんか、消極的すぎるかもしれませんが、かつて
一度でも飲んだことがある鎮痛剤なら、少しは
安心でしょう。

 

 

もっと効果のある薬、いつもと違う薬を試してみたい気持ちも
わかりますが、やはり、飲みなれた薬がいいかな、
とも思います。