〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風 薬をやめたら、元に戻る
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

聞いた話。

 

とある奥さんの御主人が、痛風だそうで。

 

当然・・というか、奥さんの方は痛風じゃないので、
痛風のことも御主人の気持ちも、何もわからない。

 

で・・・
奥さんは、こんなことを言ったのだそうな。

 

 

「ウチの旦那は、なんと・・
 もう20年も痛風の薬を飲み続けている。
 20年も?
 おかしいんじゃないの、ウチの旦那」

 

 

 

・・・・・・・・・・。

 

 

 

 

わかってないなぁ。

 

 

 

 

通風薬止める

 

 

この場合の「痛風の薬」というのは、
尿酸値を下げる薬のことでしょう。

 

20年という月日から考えて、おそらく、
ザイロリック(アロプリノール)かもしれませんね。

 

 

そりゃあ、まあ、奥さんは自分が痛風じゃないなら、
痛風の苦しみも痛風発作がどれくらい痛いかも、わからないでしょう。

 

薬といえば、風邪薬や抗生物質のように、
飲んで数日で症状が治まれば、もう飲むのを止めるのが
「“薬”というもの」というふうに思っているんでしょうね。

 

 

残念ながら、痛風というのは、持って生まれた体質の要因が大きいので、
風邪のように数日で治ったりしないです。

 

っていうか、痛風の薬を飲んでも痛風は治りません。

 

 

は?

 

痛風の薬なのに、痛風が治らないなんて、どーゆーこと?

 

 

 

痛風の薬というのは、一般的な名称で、
ザイロリックやフェブリクのような尿酸降下薬は、
「尿酸生成抑制薬」なんです。

 

つまり、体内で尿酸を作りすぎないよう、抑制する働きがある薬。
これによって、尿酸生成を阻害して、大きく尿酸値が下がります。

 

・・・というわけで、一般的に“痛風の薬”などと呼ばれていますが、
実は、単なる「尿酸値が下がるだけ」の薬なんです。

 

しかも、1錠飲めば、その効果は、およそ半年間 持続・・・・
とかなら、嬉しいのですが、実は、毎日 飲まなければ、
いつしか、尿酸値は元の水準、もとの数値に戻ってしまうのです。

 

 

え〜〜
毎日、飲むの・・・

 

 

 

毎日、飲まなきゃいけない、と考えると、気持ちが
おっくうに なりがちですが、見方を変えると
「飲んでいる限り、尿酸値は低いまま」なのです。

 

 

前述の御主人は、そんなこと百も承知で、
尿酸値を下げる薬を、長年、飲み続けてきたのでしょう。

 

いちいち、細かいことを奥さんには 言わない御主人なのかもしれません。

 

こ〜ゆー、奥さんには、少々、教育する必要があるかもしれませんね。

 

 

○痛風は、遺伝など生まれつきの体質による要因が大きく、
 世間一般に思われている「贅沢病」などではない。

 

○尿酸値を下げる薬は効果絶大だけど、飲むのをやめてしまうと、
 すぐに尿酸値は 元の高い数値に戻ってしまう。

 

○けど、尿酸値を下げる薬を飲んでいる限り、尿酸値は低いまま。

 

○尿酸値を下げる薬を飲んでいるから、長年、
 痛風発作が起こっていない。

 

○尿酸値を下げる薬のおかげで、痛風発作が起こらないので、
 家族に心配や迷惑をかけずに済んでいて、自分の足で歩けるので、
 仕事にも行けるから、会社をクビにならずに済んで、
 おかげで生活が安定して、家族が安心して生活していける。

 

 

・・・・・・こういうことをね。
ちょっと、奥さんに、キョーイクをしなきゃいけないかもしれませんね。
教育的指導ですよ。

 

 

 

 

話せば、わかってくれますかね?

 

 

 

 

フェブリク通販