〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風の薬 病院
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

病院で3時間待ちをして診察が3分で終わると、
もうこんな病院へ通院するのをやめようか、と思うのです。

 

病院ってのは、なんで こんなに混んでいるのか。
患者が多いのか。

 

それに痛風の場合、痛風発作が痛くて腫れ上がっていて
病院に来る場合、痛いので何とかして欲しいので、
少々、待ち時間が長くても我慢できますが
(っていうか、ホントは痛くて我慢できない)
痛風の薬(尿酸値を下げる薬)をもらうだけの場合、
事実上、診察なんか あってないようなもの。

 

血圧を測ったり。
聴診器を当てたり。
「何か変わったことはないですか」と訊かれたり。
「調子はどうですか」と言われたり。

 

いつも、いっしょ。
毎回、いっしょ。

 

それでも、この診察を経なければ
薬は貰えない。
なんで、もらえないのか・・・というと、
このステップを踏まないと病院は診療報酬を貰えない。
病院側が儲からない。

 

 

・・・・って、まあ、そんな言い方をすれば
身も蓋もないですが、
「特筆すべきことが無い、変わったことがない」
というのは、良いことなんですけどね。

 

毎日、代わり映えのない、つまんない平凡な毎日だ、
と思っていたら、予期せぬ災害に見舞われて、
あの平凡な日々が、どんなに有難いものだったのか、やっと
わかるみたいに。

 

 

いや、でもね。
そうはいっても、毎回、病院へ行くたびに
3時間も待っていられませんよ。

 

通風 フェブリック

 

 

 

結局ね。
3時間も待たされる病院ってのは、流行っているのですよ。
人気の病院っていうか。

 

 

じゃあ・・・はやっていない病院のほうがいい?
いつ、行っても患者がいなくて、ガラガラで。

 

来院すると、受付の女の子がびっくりして、
目を まんまるに見開いて。

 

「うわあ・・・患者さんが来ましたよ!」

 

とか、絶句されたりして。

 

 

 

そんな病院に行きたいですか?

 

どうして、そんなにガラガラなのか、
考えてみるのも怖い。

 

 

 

まあ、痛風の薬をもらうだけなら、それでも、いいか。

 

 

 

暇で時間を持て余しているような人なら、
病院で長時間、待ち続けるのもいいかもしれませんが、
そんなヒマな人は少ないでしょう。

 

それに・・・
病院ってところは、どこなく、うっとおしいし。
体調の良くない人が行くところなので、仕方がないのですけどね。

 

 

通風 ふぇぶりっく

 

 

でね。
「痛風の薬を通販で買う」方針に切り替える人が出てくるわけです。

 

いつ、病院へ行っても同じ薬をもらうだけだし・・・と。

 

それに、特にね。
痛風の薬でフェブリク錠を飲んでいる人は、
(国内には)ジェネリックがないので、薬価が高いわけです。
痛風新薬ですからね。

 

ところが、海外では
もうすでにフェブタズ(Febutaz)という、
フェブリクの後発医薬品(ジェネリック医薬品)が発売されているので。

 

で、このフェブタズを個人輸入代行業者などから購入するわけです。
つまり、通販でフェブタズ(フェブリクのジェネリック)を買う、ということ。

 

で・・・
その激安な価格にびっくりして、もう病院から足が遠のいてしまう、
というわけで。

 

 

まあ、通販でのフェブリクのジェネリックの購入、
といっても、良し悪しなんですけどね。

 

たしかに便利かもしれませんし、安いし、自宅に届けてくれるし、
待たなくてもいいし、時間を節約できるし、いい面もあるのですが。

 

 

けれども、いくら、毎回、同じ薬をもらっているから、といっても
やっぱり、月に1回くらいは病院の先生の顔も見ておいたほうが
いいでしょうし。

 

 

 

え?

 

そんなもん、みたくもない?

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)40mg(ジェネリックフェブリク)

 

 

 

▼↓フェブタズ(Febutaz)80mg(ジェネリックフェブリク)