〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風 合併症
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風といえば、尿酸値が高い(高尿酸血症)が原因で、
足などに激痛を起こす、痛風発作が有名です。

 

痛くてツラくて苦しい思いをする病気と思われがちですが、
本当に怖いのは、足が痛くなることなんかじゃないです。

 

あんなに痛いのに、大したことじゃないって言うの!?

 

 

痛風発作が起こるのは、長年、結晶化した尿酸が足の関節などに
蓄積するから・・というのが原因ですが、さらに
その状態が長く続くと、今度は膝から上へと上がっていくのです。

 

一番怖いのは、内臓・・それも腎臓に沈着してくること。

 

尿酸結晶が腎臓のフィルター
(ろ過して排泄するためのフィルター。糸球体のこと)
に蓄積してくると、腎機能が落ちてきます。

 

すると、老廃物のろ過がうまくいかなくなり、
体内に老廃物が滞るようになってきます。

 

これが腎機能障害、というやつで、だんだん進んでくる、というか、
機能低下が悪化してきます。

 

いずれは、腎不全となり、いわゆる痛風腎と
いわれるようになってしまいます。
この、痛風腎というのは、痛風が原因でなってしまう、
腎不全のことです。

 

痛風じゃなくても腎不全になることはありますが、
痛風の人は、特に要注意ということです。
なりやすい要素が痛風の人にはある、ということ。

 

 

 

 

=======================
透析でも簡単に死んだりしませんが、苦しいです。
=======================

 

腎臓の機能している部分の残存が少なくなってくると、
命をつなぐため、透析治療に入ることになります。

 

昔はね。
尿毒症になって命を落とす人がたくさんいたのですが、
近年での医学の進歩のおかげで、多くの人が恩恵を被り、
そう簡単に死んだりしません。

 

普通の人と同じように長生きする人も大勢おられます。

 

本当に医学の進歩はありがたいですね・・

 

 

でも、実際に知り合いに透析を受けている人がいるのですが、
大変です。

 

特に家族が大変です。

 

透析は、最初は回数も少なく(週に1回とか)、それほど
負担でもないのですが、だんだん、週に2回、3回と
回数が増えてきて、その1回の透析治療に要する時間も
長くなってくるようです。

 

 

食べるものにも制限があるようですし、
行動というか、人生そのものにも制限があるようになってきます。

 

 

それでもね。
命があるだけ、ありがたいですし、
透析は命を繋いでくれる、命綱みたいなものです。
本当に感謝です。

 

 

痛風の人は、痛風発作が発症しても治まってしまえば、
痛かった足も痛くなくなるので、もう、いいや。
・・と思ってしまいがちですが、長期的視野で
継続的に尿酸値を下げていくよう、あるいは
あまりこれ以上、溜まっていかないよう留意していくことが
大切かな、と思います。

 

でも、生まれつき痛風になりやすい体質、
尿酸が作りすぎてしまう体質などがあって、
なかなか尿酸値は下げることは難しいのですが・・

 

 

自分でできることを一つ一つ、気長に積み重ねていくことが
大切かな、と思ったりもします。