〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風 タバコ
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風なら、タバコを吸っちゃダメなのか?

 

タバコを吸うと痛風発作が起こりやすくなったりとか、
たばこを吸うと尿酸値が上がったりするのか?

 

 

・・・といえば、そんなことはありません。
全く関係ないです。

じゃあ、どんどんタバコは吸ってもいいのね?

 

・・・というと、できれば、吸わないほうがいいです。

 

 

まあ、なかなか、禁煙ってのは難しいですけどね。

 

 

 

で、たばこによって、痛風発作が発症しやすくなるわけでもなく、
尿酸値がタバコによってあがるわけでもないのに、
なんで煙草を吸わないほうがいいのか?

 

 

直接、たばこが原因で尿酸値が上がるとか下がるとか、
そういうのはないですが、尿酸値というものは、
強いストレスを受けたときに上昇しやすいのです。

 

尿酸値、といえば、プリン体の多い食事の摂りすぎ、
ばかりが言われいる傾向がありますが、それは要因の一つであり、
それだけが痛風の原因じゃありません。

 

 

大事な出張の当日の朝に痛風発作が出たりするのは、
ストレスが原因と考えられます。

 

今、出ちゃ困る・・・というときに限って、出てしまうのは
ストレスが原因で尿酸値を上げて、
痛風発作を誘発する、という性質に起因します。

 

 

ところがね。
人間の体はうまくできていて、
腎臓の上に「副腎」という臓器があり、
そこから「副腎皮質ホルモン」という大切なホルモンを分泌するのです。

 

 

これは、何?

 

「副腎皮質ホルモン」はストレスホルモンとも言われていて、
ストレスを受けて、内蔵がダメージを受けてしまわないよう、
体をストレスから守られるよう、ストレスを受けると
副腎から分泌されるのです。

 

人間の体ってのは、うまく出来ていますね。

 

 

 

=======================
痛風 ビタミンC
=======================

 

 

ところがね。
副腎は、その「副腎皮質ホルモン」を分泌するのに、
体内のビタミンCを消費するのですよ。

 

 

つまり・・寒いから、焚き火をしようと思っても、
くべる薪がないと、火がちっとも大きくならない
(っていうか、消えていく)のと同じように、
いくら、体をストレスから守るために「副腎皮質ホルモン」
を分泌しようと思っても、原材料(?)である
ビタミンCが不足していると、
「副腎皮質ホルモン」を出しようがない、わけです。

 

 

この、重要なビタミンCを破壊するわけですよ、タバコが。

 

 

だから、タバコで尿酸値が上がったり、
直接、痛風発作を誘発したりすることはないですが、
間接的に、ストレスに弱い体になりやすい(ビタミンC不足による)
ということ。

 

強いストレスを受けると、ストレスを跳ね返す力が弱っていたら、
回りまわって、尿酸値が上がりやすい、痛風発作を起こしやすい、
ということになってしまうのです。

 

 

でも、まあ・・
煙草を吸う人が禁煙するのは至難の業ですから、
手っ取り早いのは、サプリでも何でもいいから、
ビタミンCを充分に摂取することですね。

 

 

▼↓↓