〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
喫煙者は痛風にならない!?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風で、プリン体の多い食品の摂り過ぎに注意しましょう、
というのは、よく聞く話ですが、
それはプリン体が尿酸の原材料になるからで、
プリン体の多い食品が回りまわって、尿酸値を上げる要因となるから、です。

ところが、プリン体は尿酸値を上げる遠因になる、とか言われていますが、
ニコチンが尿酸値を上げる、という説はあまり聞いたことがありません。

 

直接的には、タバコは痛風に関係ないでしょう。

 

 

あえていうならば、たばこはビタミンCを破壊するので、
体内がビタミンC不足に陥ります。

 

尿酸値というのは、生まれつきの体質
(尿酸を作り過ぎる体質、尿酸の排泄するチカラが弱い体質)
の影響が大きいのですが、強いストレスでも尿酸値は上がります。

 

ストレスを受けると人間の体はダメージを受けるので、
副腎という臓器から、副腎皮質ホルモンという、抗ストレスホルモンを
分泌して体を守る、という防御システムがあります。

 

その副腎皮質ホルモンを分泌するためには、原材料が必要で、
その原材料として消費するのが「ビタミンC」なのです。

 

 

だから、タバコをぷかぷか吸い過ぎて、ビタミンCの摂取が少ないと、
副腎皮質ホルモンの分泌が減って、だんだん
ストレスに弱い体になってしまいます。
そして、尿酸値がじわじわ上がっていくわけです。

 

 

ところが、タバコというものは、そもそも、やめられないものです。
意志がどうこう・・・じゃなくて、中毒性があるので、
やめられないのが普通です。
別に意志が弱いから、やめられないわけじゃないのです。

 

病院で「禁煙外来」なんてところがある時代ですからね。
?禁煙治療は、病院で治療しましょう、みたいな。
ニコチン依存症にオサラバです、とか。

 

「禁煙外来」に行けば、たばこが止められるのかどうかは、
よくわかりませんが、健康保険も適用されるそうですし、
喫煙者の人は試してみるのもいいかも。

 

 

 

それでも、やめられない人は、
せめて、ビタミンCだけはシッカリと摂っておくのがいいです。
サプリでもいいから。

 

 

昔から、タバコは「百害あって一利なし」なんて言いますが、
いやあ・・それほど、ミソ糞に言わなくてもね。

 

“一利”くらいは、ありますよ。

 

 

・・・というのは、長年の喫煙者がタバコを止めると、
途端に太りだすのですよ。

 

「ご飯って、こんなにおいしかったのか!?」

 

・・とか何とか言ってね。

 

つまり、逆に言えば、それほどタバコは体に悪かった、
ってことにもなるのですが、肥満は尿酸値を上げますしね。

 

肥満による内臓脂肪の増加で、
内臓脂肪が尿酸値を上げる要因となるホルモンのような物質を
出すのですよ。

 

だから、太ると良くない(痛風には)。

 

 

・・・というわけで、痛風にタバコは良いのですよ!
というのとは、ちょっと違いますが、
世間は喫煙者に厳しい風潮がありますから。

 

喫煙者は栄養状態が良くないので、痛風になるリスクが少ない、
という説もあるくらいですしね。

 

タバコを吸うから、といって悪いことばかりじゃないみたいです。

 

 

 

ウチの近所の家でも、家の中でタバコを吸うと怒られるのか、
夜に、家の前で一人、(寒いのに)
タバコを吸っている人を見かけます。

 

まあ、いろいろ事情があるんでしょうけど。

 

 

とにかく、禁煙ってのは、はたで思うよりも難しいです。

 

できることなら、痛風に・・というより、
体のために止めたほうがいいのは、わかっているのですけどね。