〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風と高尿酸血症は、どう違うの?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風というと、耳にタコができるほど聞かされているので、
今さら説明なんか、されなくったって・・という感じですが、
では、高尿酸血症って、どうなの?

 

っていうか、高尿酸血症って、何なの?

高尿酸血症というのは「尿酸値 7.0mg/dl以上」の状態をいいます。
また、その尿酸値が高い状態の人そのものをいう場合もあります。

 

この「尿酸値 7.0mg/dl以上」ってのは、何かというと、
この「尿酸値 7.0mg/dl」ってのが、ボーダーラインのようになって、
これ以上になると、血液中の尿酸が溶けにくくなるのです。

 

つまり、血液中の尿酸が過剰になって、
血中尿酸濃度が高くなる、ということ。

 

血液中の尿酸が過剰になると、尿酸が結晶化して
関節などに溜まって、痛風発作の原因になりますから、
できるだけ、尿などに溶かして体外に排せつしたいわけです。

 

ところが、血液に溶けなきゃ、腎臓で濾過されて
体外に排泄されなくて、結晶化して尿酸結晶となって
体内にドンドン溜まっていきますから、ちょっと・・まずい、
ということなのです。

 

 

だから「尿酸値下げなきゃ」と口うるさく言われてしまうのです。

 

これが、高尿酸血症ですね。

 

 

じゃあ、痛風は?

 

痛風の場合は・・
尿酸値が高い、高尿酸血症の人に「痛風発作が出る!」

 

この症状、または、その人のことを「痛風」といいます。

 

 

 

つまりね。
ひらたく言うと・・・

 

「高尿酸血症の人が痛風発作が出ない」→“高尿酸血症
「高尿酸血症の人が痛風発作が出た!」→“痛風

 

・・・というわけ。

 

 

はじめに、高尿酸血症ありき、なのですね。

 

で、痛風発作が一度でも出たら、その人は「痛風」ってわけです。

 

 

こういう事例より、高尿酸血症のことを
「痛風予備軍」なんて言い方をする人もいます。

 

あまり嬉しい呼び方じゃないですけどね。

 

 

 

=======================
高尿酸血症の人は、必ず痛風になるのか?
=======================

 

普通、高尿酸血症になって数年経過すると、
だんだん体内に結晶化した尿酸が溜まってきて、
関節などに溜まりきれなくなって尿酸結晶が剥がれてしまいます。
そして、その剥がれた尿酸結晶を白血球が攻撃することによって、
痛風発作が起こるのですが・・

 

 

それがね。
たいていの人は「高尿酸血症→いずれは(将来は)痛風」になる
可能性が非常に高いのですが、そうじゃない人もいるです。

 

つまり、尿酸値が高いのに、それも
かなり尿酸値が高いのに、いつまでたっても、痛風発作が出ない、とかね。

 

 

なんなんでしょうね、やはり体質でしょうか。

 

 

他の人は尿酸値が高いことによって、ときどき
痛風発作を発症して、痛い思いをしているのに、
全く痛風発作が出ない体質の人がいるなんて、不公平!

 

 

そう思うかもしれませんが・・・
高尿酸血症がある以上、体内で尿酸が結晶化して
蓄積し続けていることは同じなのです。

 

ただ、痛風発作が出ないだけで。

 

 

痛風発作が出なきゃ、それでいいでしょ?
痛くないし。

 

 

 

たしかに、痛風発作が発症しないのならば、
痛くなくていいですが、体内に尿酸結晶がたまりすぎて
瘤(こぶ)のようなものができてきたりね。

 

この、コブというのは、尿酸結晶の塊なんです。
痛風結節というのですが・・

 

 

ときどき、痛風発作が出る人は、
痛くて腫れていて、患部を触ると、熱くなっている・・
と思うのですが、それは発熱で体内の尿酸結晶を溶かしているのです。

 

痛風発作が「ない」ということは、
尿酸結晶が溶けることなく、溜まる一方だ、ということなので。

 

 

痛風結節も、あまりにも尿酸結晶が増えすぎると、
皮膚をブチ破って外へ出てくる場合もありますので、
痛風発作がないので安心・・だなんて言っていられないかも。

 

 

しかし、痛風発作の痛みは激烈ですし、
歩けないですし(足に出た場合)、まあ、どっちがいいのか、
良し悪しですが。