〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
ボルタレン 市販 錠剤
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

 

 

 

 

 

・・と悲鳴を上げるほどの激痛の痛風発作ですが、
その強烈な痛みを緩和するための方法は、
どのようにしていますか?

 

痛風 痛み止め

 

 

腫れあがる患部を冷やす、安静にしている、など
いろいろありますが、一般的なのは
痛み止めの薬(消炎鎮痛剤)を服用すること。

 

通常、痛風発作に使われる消炎鎮痛剤といえば、
ロキソニンが王道。

 

 

ロキソニンは、痛風発作ばかりではなく、
歯痛、腰痛、生理痛など、ありとあらゆる痛みの緩和に
使用されていて、一般の薬局でも市販されています。

 

ロキソニンは、第1種医薬品なので
薬剤師の在留する薬局でしか販売されない、というのは
ありますが、それでも入手は容易です。

 

 

ところが・・・
これほどメジャーな消炎鎮痛剤のロキソニンですが、
本当に効くのか。
効果はあるのか。

 

もちろん、効果があるからこそ、これだけ幅広く
痛み止めの薬として使用されているわけですが、それでもね。
痛風発作の一番痛い時期(痛風のピーク時)には、
ロキソニンですら、あまり効かない、と感じるときも あります。

 

「あまり効かない」っていうか、それ以上に
痛風発作の痛みが激烈すぎるのですけどね。

 

本当に 鬼のような激痛ですから。

 

 

 

そんなとき、です。

 

もっと強力な痛み止めは、ないのか。
ロキソニンより強い薬は、ないのか、と。

 

 

それが「ボルタレン」です。

 

 

ボルタレンは、ロキソニンよりも強力な消炎鎮痛剤です。

 

ゆえに、ボルタレンは市販されていません。
処方薬です。
つまり、病院に行かなきゃ、医師の処方箋がなけりゃ、
薬局でも買えない薬ってこと。

 

ロキソニンも数年前までは、そういう類の薬、
処方薬だったんですけどね。
なぜか、一般に開放、というか、市販の薬になってしまいました。

 

 

じゃあ・・
ボルタレンを入手するには、病院に行けばいいのね?

 

 

その通りなのですが、これがまた、うっとおしい。

 

病院に行って、
「痛風なんで、ボルタレンをください」と言っても、
はい、そうですか、とは、まず、ならないでしょう。

 

 

まず、検査です。
病院によるのかもしれませんが、普通は、そんな感じ。

 

検査ってのは、血液検査。
尿酸値や腎機能(クレアチニン、尿素窒素)。

 

それから、ついでに尿検査。

 

さらに血圧。

 

病院によっては、心電図も測ったり。
(痛風なのに!)

 

 

ボルタレンをくれ、と言っただけなのに、
なんでこんなに検査ばかりするのか。

 

 

診療報酬目当てと言えば、言葉が悪いですが、
病院は検査するのが「商売」みたいな一面がありますしね。

 

それと、もうひとつ。
病院にしたら、どんな症状なのか、
どういう状態かもわからないのに、おいそれと
簡単に処方できないのでしょう。

 

 

 

・・・というわけで、考えただけでも
病院に行くのが、おっくうになってしまいます。

 

 

じゃあ、病院に行かずしてボルタレンを入手するのは
不可能なの?

 

というと、そうでもないです。

 

 

海外製造のボルタレンなら通販で購入することが可能です。
しかも、ボルタレンのジェネリック。

 

海外の薬なので、個人輸入する、という形になるのですが、
個人輸入は税関とか語学とか大変です。

 

で、個人輸入代行業者から購入するというのが普通。

 

 

 

痛風 ボルタレン

 

 

 

ただし、個人輸入でも、個人輸入代行業者からの購入でも
気をつけなきゃいけないことは同じ。

 

 

●『決して転売しては いけない (譲渡もダメ)』

 

 

日本では、医薬品というのものは、
薬局(薬剤師)や病院(医師)など、国家資格のある者しか
販売しては いけないことになっています。

 

個人輸入代行業者から、海外の医薬品を格安で購入した、と。
初めは自分用に買ったつもりだけど、
あまってしまったので、過剰分をネットで転売した。

 

 

これはダメなんです。

 

 

通販で購入することに慣れていない友人から、
海外製造の激安のボルタレンのジェネリックを買ってくれ、
と頼まれた。
代金も もらった。
で、自分が個人輸入代行業者から
格安のボルタレンのジェネリックを買って、友人に渡した。

 

 

これもダメなんです。

 

 

たとえ、代金分カッキリでも、利益なんか得ていなくても
そういう問題じゃないんです。

 

個人輸入や個人輸入代行業者から購入する場合は、あくまで
「自分用のものしか、駄目」なんです。

 

つまり、薬の輸入で(資格のない者が)商売しちゃ駄目だよ、
という法律があるので。

 

 

それさえ、気をつけてりゃ、問題ないです。

 

 

 

問題ない?
ホントに?

 

 

いえ、法的に問題なくても、
飲み方にも気をつけなきゃ駄目でしょ。

 

 

ボルタレンはロキソニンより強い薬です。
効き目も強力ですが、副作用も心配です。

 

副作用で有名なのは、胃腸障害ですが、
飲み方に留意すれば、まず大丈夫。

 

●水無しでボルタレンを飲んだりしない。
(食道の粘膜を傷つける)

 

●空腹時は避けて、食後に服用。
(胃腸障害を防ぐ)

 

●どうしても痛みが強くて食後まで待てないときは、
牛乳やヨーグルトを飲んでタンパク質で胃に膜を張る。
(胃を守る)

 

●下痢や胃のムカムカ感が出たら、服用を止める。

 

●どんなに痛くても、1回1錠。
朝昼夕、1日3回3錠まで。

 

●ロキソニンとボルタレンの併用は しない。

 

●痛いからといって、1回に大量に飲んだりしない。
(5錠まとめて飲む、とか)

 

●痛みが治まってからも、いつまでも飲み続けない。
(痛いときだけ飲む)

・・・という感じ。

 

 

ボルタレンはロキソニンよりも、鎮痛効果は強力ですが、
効き始める時間は、ロキソニンの方が早いです。

 

効き目遅いけど、そのかわり、
効き始めると鎮痛効果は絶大。

 

それがボルタレン。

 

 

どんなに足が痛くても、ボルタレンを
飲めば飲むほど痛みが弱まる、とかいうような考えは捨てて、
飲むけど「胃も守らなきゃ」という意識を持って
服用するのがいいかな、と思います。

 

 

 

 

▼↓ボルタレン(Voltaren)25mg

 

 

 

▼↓ジクロフェナクナトリウム腸溶錠(DiclofenacAL)50mg