〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風発作 ボルタレン
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

痛風発作は激痛です。
痛風の好発部位は足で、足が痛いと歩けなくて、本当に不便。

 

でも、どんなに痛くても痛み止めの薬を飲んででも
会社に行かなきゃ・・という人も多いのでは。

 

普段は何てことない通勤の道中も
痛風発作の最中は修羅の道に思えてしまいます。

 

痛風発作の痛み止めの薬、といえばロキソニンが定番。
痛風です、と病院に行って、まず処方されるのは、
普通は、そうです。ロキソニンです。

 

でもねえ。
実感として、あまり効かないのですよ、ロキソニンは。

 

確かに痛みは緩和しますが、痛みが和らいだ・・という程度。

 

嘘のように痛みが消失した!
・・・というには、程遠い気がします。

 

そこで、もっと強い痛み止めの薬はないのか。

 

もっと強力な痛み止めの薬はないのか、と考えるのが世の常。

 

ボルタレン 通風

 

 

ボルタレンは、ロキソニンよりも強力な消炎鎮痛剤です。

 

ロキソニンは薬局などで市販されていますが、
ボルタレンは病院の、医師の処方箋が必要な薬剤ですので、
それだけでも強力な鎮痛剤である、という感じ。

 

ロキソニンも数年前まで、医師の処方箋が必要な鎮痛剤でしたので、
いずれはボルタレンも市場開放されるかもしれませんが、
病院以外の入手方法としては、海外から、
個人輸入代行業者から通販としてボルタレンを入手する、
くらいしか方策がありません。

 

って、病院で処方してもらうのが一番早いのですけどね。

 

もちろん、基本は病院で医師の診察を受けるのがベストでしょう。

 

というのもね。
ボルタレンは 胃が やられるのですよ。

 

ロキソニンの場合、病院によっては
ロキソニンと一緒に胃薬を処方する病院もありますが、
胃薬ナシでロキソニンだけを処方する病院もあるのです。

 

必ずしも、ロキソニン&胃薬がワンセット・・というわけでも
ないようで。

 

★空腹時の服用は避け、必ず、お腹の中に何か
食べ物が入っている状態、つまり、食後に飲むこと。

 

★急な激痛で食後のタイミングでの服用が間に合わない場合ならば、
乳製品などで胃を守っている状態で飲むこと。
(乳製品に含まれるタンパク質が胃に膜を張ってくれる)

 

★ロキソニンを飲み過ぎないこと。
(1回1錠)

 

★1日の服用用量を厳守する。
(1回1錠 朝昼夜 合計3錠まで)

 

上記のソレさえ、守っていれば、
そんなに胃腸障害とか起こすことはないのですが・・

 

この胃腸障害ってのは、言葉悪いですが、
要するに胃に穴が開くわけです。

 

胃潰瘍ですね。
胃から出血。
下血、すなわち、血便になったりします。
いやな感じです。

 

私は痛風発作が出るとロキソニンを飲みます。
1度も血便とか出た経験は ないのですが、
胃から血が出て嬉しい人は いないでしょう。

 

痛風で痛いのも困りますが、
痛くて、足の激痛をなんとかしたいのも わかりますが、
消炎鎮痛剤の飲みすぎは ダメです。

 

胃とか、後が怖いです。

 

 

ボルタレン 通風発作

 

 

ロキソニンでコレなのですから、
鎮痛効果がもっと大きいボルタレンは、副作用も強力、
と考えるのが普通です。

 

決して飲みすぎないようにしてください。
どんなに足が痛くても、大量に飲んだりしないでください。

 

ヨーグルトや牛乳、チーズなどを事前に食べることで
胃を守れる、といっても、だからといって、
ボルタレンを何錠も一気に飲んでもOK、なんてことは ないですから。

 

 

痛風発作の場合、発作の症状は
いつ見舞われるか わかりませんので、万が一のため、
自宅にロキソニンなどを常備しておくのが望ましいです。
急に足が痛くなっても、病院には 歩いて行けませんからね。

 

 

通販でのボルタレン購入を考えている人は、
足が痛くなって激痛で のた打ち回る羽目になってから
購入手続きをしても、即日、自宅に届いたりできませんので、
少々、タイムラグというか余裕を持って注文しておくのが
良いかもしれません。

 

でも、足も痛くないうちから、
消炎鎮痛剤を購入しておこう・・という気には
なかなか なりませんけどね。

 

 

 

ボルタレン 市販薬