〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
痛風って痛み止めですぐ治るの?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

ロキソニンというのは、消炎鎮痛薬(非ステロイド抗炎症薬)のことです。
いわゆる、痛み止めの薬です。

 

歯痛、腰痛、頭痛・・あらゆるツライ痛みに処方されている薬です。

 

もちろん、痛風にも。

 

このロキソニン(ロキソニン錠60mg)というのは、
効き目も早く(15分〜1時間くらいで効果を実感)
なかなか効果的な痛み止めの薬なのですが、
痛風発作の場合、あまりにも激烈な痛みなので、
残念なことにロキソニンを飲んでいても、
「痛みが緩和される」程度です。

 

嘘のように、すっきりと痛みが消えたりしません。

 

でも、とても歩けやしない(足が患部の場合)激痛が、
トイレくらいなら、なんとかヨロヨロとでも歩いていける、
・・・程度には緩和します。

 

これでもね。
ロキソニンと飲んでいるのと、飲んでいないのとでは、
その違いは大きいと思いますよ。

 

 

 

=======================
痛風 毎食後って痛み止め効いてても飲むの?
=======================

 

さて、ロキソニンを処方されると、
効果も大きい分、副作用もある場合があります。

 

一番多いのは、胃腸障害ですね。

 

痛いからといって、早く効くように、と
大量に飲むのは、お勧めできません。
胃腸障害っていうか、胃潰瘍になったりしますからね。
血便とか、最悪、胃に穴が開いたりとか。

 

でたらめな飲み方をしてはダメです。

 

必ず、食後というのは、胃を守るためです。

 

 

で・・
ロキソニンの処方箋をみると、
「毎食後、1回1錠。1日3錠まで」
と書かれていたりします。

 

いくら痛風発作が痛いからといって、
1回に2錠も3錠も飲んでは駄目、ということ。

 

1回に5錠飲んだけど、平気だった、という人もいましたが、
その人は、たまたま大丈夫だっただけ、です。

 

そういう飲み方は、胃腸のためにも、やっちゃ駄目です。

 

 

でね。
病院では“薬を出すのが商売”みたいな側面があるので、
多めに処方されることが多いような気がするのです。

 

ですから。

 

処方箋に「毎食後」と書かれていても、
痛くない場合は「飲まなくても良い」です。

 

っていうか、痛いから痛み止めの薬を飲むわけであって、
痛くもないのに、飲む必要はないです。

 

薬は常に、副作用と背中合わせなので、
本当に必要なときに「だけ」飲む方がいいです。

 

 

それからついでに言うと、
ロキソニンは急性の炎症には効果がありますが、
慢性の炎症には、ほとんど効果がないので、
ロキソニンの長期常用は、お勧め できないです。

 

 

痛いときだけ、1錠ずつ、飲む。

 

 

ロキソニンは、短期決戦が鉄則です。



▼↓↓