〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
アンセリンで尿酸値は下がるの?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

アンセリンというのは、痛風に効果的、
と考えられているサプリメントのことです。

 

医薬品じゃなくて、あくまで健康食品という扱いです。

 

 

そもそも、アンセリンってのは疲労回復物質として
研究されていたものです。

痛風 アンセリン

 

 

マグロやカツオなどの、大海を泳ぎまくる大型回遊魚が
一日中、一年中、泳ぎ続けて疲れないのは、なぜか?

 

私なら、25メートル泳いだだけでも疲れてしまいますからね。
(個人差あり)

 

 

さて、マグロやカツオが疲れないのは筋肉に「秘密」があって、
おそらく、筋肉中に疲労を回復させる物質があるんじゃないか、
というわけで、筋肉中にあるアミノ酸(アンセリン)が
見出されて研究され続けていたわけで。

 

ところが、このアンセリンを研究しているうちに、
なんと、尿酸値を下げる効果が期待できることがわかってきて、
疲労回復物質の研究は“そっちのけ”になってしまい、
痛風サプリメントとして大々的に発売されているわけです。

 

まあ、そっちの方が金(カネ)になる、ってことでしょうか。
怪我の功名というか、現金な・・というか。

 

 

たしかに疲労回復サプリとか、そういう方面の研究が進んでいたら、
疲労回復サプリで発売されていたら、私なら買いませんしね。

 

痛風で苦しんで、痛風発作で痛い思いをしている人は
世の中、たくさんいますから。
そりゃあ、痛風の人をターゲットにした方が市場は大きいでしょ。

 

痛風サプリ
で。

 

痛風サプリとして、
尿酸値が下げる効果があるよ、と言われ続けているアンセリンですが、
どの程度の効果があるのか。

 

痛風で酷い目に遭っている人なら、ついつい、
飛びついて衝動買いしてしまいそうですが、
アンセリンは、あくまで健康食品ですからね。
医薬品じゃない、ということです。

 

 

つまり、痛風の薬(尿酸値を下げる薬)で著名なものに、
フェブリクやザイロリックがありますが・・・
これらに匹敵するほどの効果を期待していたら、がっかりするかもしれません。

 

フェブリクなら
尿酸値 15mg/dlだった人が、尿酸値 6mg/dlになった、とか
充分、有り得る話ですからね。

 

(ちなみに、フェブリクのジェネリックには、海外製造のものですが→
フェブタズ(Febutaz)40mg(ジェネリックフェブリク)があります。激安です)

 

 

 

アンセリンは、尿酸値を下げる効果が期待できる、
と考えられているサプリメントですが、
そこまでの効果はないでしょう。

 

ただね。
医薬品以外に、尿酸値が下がる効果がありそうなものは、
他にそんなに「ない」ということです。

 

アンセリンには、
尿酸降下作用と尿酸排出作用の両方の作用がある、
と考えられている、数少ないサプリメントです。

 

尿酸を体内で作るのを抑制しつつ、さらに
尿酸の排出を促す・・って感じでしょうか。

 

 

世間の評価というものは、厳しいものですので、
アンセリンが全く効果がないのなら、あっという間に
淘汰されて、世の中から消え失せてしまっていることでしょう。

 

いわゆる、効果には個人差がありますので、
絶賛する人もいれば、ボロクソに言う人もいるかもしれません。

 

アンセリンで尿酸値が下がった人は、今後も飲み続けるでしょうし、
飲んでみたけど、期待したほどじゃなかった人は、
もう二度と買わないでしょう。

 

でも、なんとかして、尿酸値を下げたい。
何か方法はないものか、と探しているなら、
一度、アンセリンを試してみるのも良いかもしれませんよ。

 

 

 

▼↓尿酸値が気になる方にオススメのサプリメント『慈凰』