〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
アンセリン 筋肉
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

アンセリンの摂取がスポーツに良い効果を与える、
と考えられています。

 

アンセリンを飲めば、良い記録が出るとか、
スポーツの技量が上達する、という意味じゃないですよ?

 

筋肉痛を減少させたり、アキレス腱を痛めるなどの
怪我予防に効果がある、など、間接的ではありますが、
さまざまなスポーツへの効果が期待されているのです。

 

 

アンセリンといえば、サプリメントが有名ですが、
尿酸値を下げる効果があるとか、抗酸化作用があるとか、
疲労回復効果があるとか、持久力がアップするとか、
いろいろ言われていますが・・・

 

アンセリンが怪我予防になる、って、
あまり聞いたことがないかもしれませんね。

 

 

アンセリン スポーツ

 

 

アンセリンはね、「腱」に効果がある、と
言われているのですよ。

 

腱?
アキレス腱とか、そういう「腱」です。

 

 

激しいスポーツ、急な動作で
アキレス腱を痛めてしまったり、
アキレス腱を切って大怪我する人もいますが、
古代、大昔より「アキレス腱」というのは、
弱点の代名詞ですから。

 

この「アキレス腱」が切れてしまうと、満足に歩けませんし、
スポーツ選手の場合は、怪我が治っても、
以前と同じレベルのパフォーマンスを残すことは
困難かもしれません。

 

長期間のブランクも出来てしまいますしね。

 

 

で、アキレス腱などの「腱」は主にタンパク質で構成されています。
「コラーゲン」というタンパク質。

 

コラーゲンというと、美容の世界で有名ですが、
実は、タンパク質だったわけで。
腱も靭帯も軟骨も、みんなそうです。
ついでいうと、骨もね。

 

 

アキレス腱などの腱に弾力性があるのは、
豊富にコラーゲンが含まれているから。

 

 

ところが・・
人間、年はとりたくないもので、
だんだん経年のうちに、活性酸素などの影響を受けて、
コラーゲンが萎縮してきます。

 

そうなってくると、アキレス腱なども
弾力性を失ってきて、痛めやすくなるわけです。

 

 

スポーツ選手じゃなくて、準備運動なしに
いきなり高いところから飛び降りたりすると、
アキレス腱を切ってしまうこともありますからね。

 

子供の頃とは体も違うので、あまり
無茶してはダメです。

 

 

じゃあ、なんでアンセリンなのか。

 

アンセリンには、
コラーゲンの酸化を防ぐ効果、および、
コラーゲンの合成を促進させる効果がある、
と考えられているのです。

 

一度や二度では効果も期待できないかもしれませんが、
日常的に摂取することで、アスリートに良い影響が
出るのでは?

 

 

スポーツすることによって、呼吸が激しくなります。
ってことは、酸素をシッカリと体内に取り入れる。
さらに、体内のエネルギー活動が
普段以上に活発になる。

 

そのとき、体内に活性酸素もたくさん発生してしまうのですよ。

 

活性酸素が筋肉にダメージなどの影響を与えたり、
疲労を感じたり、筋肉痛の原因になったりするのです。

 

アンセリンが疲労回復に効果がある、持久力がアップする、
と考えられているのは、活性酸素を抑制する効果があるから、
と言われています。

 

 

スポーツといえば、練習すればするほど上達する、
というイメージがありますが、疲労回復など、
体の中からもサポートしましょう、という話です。

 

 

 

 

▼↓尿酸値が気になる方にオススメのサプリメント『慈凰』