〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
アンセリン 疲労回復
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

アンセリンには、尿酸値改善効果や持久力アップ効果以外に
疲労回復効果もある、と考えられていますが、
「明治フードマテリア」の研究グループの研究・実験の結果が
発表されています。

 

主に、アンセリンの「疲労回復効果」について、の実験です。

 

 

で・・
どんな実験なのか。

 

アンセリン 疲労

 

 

疲れている中高年を30人程度、集まってもらいます。

 

ここまでは簡単に集められそうですね。
元気な中高年を探すのは大変かもしれませんが。

 

 

で、この疲れた中高年の人を
「Aグループ」と「Bグループ」に分けました。

 

「Aグループ」には、本物のアンセリンを与えました。
「Bグループ」には、プラセボ(偽薬)を与えました。

 

で、3週間後に結果を見ると・・・

 

 

アンセリンを飲んだ「Aグループ」は、
疲労回復が大きく改善!

 

ですが、アンセリンを飲んでいない「Bグループ」は、
あまり疲労回復効果は なかった、と。

 

 

と、この実験結果から、
アンセリンには大きな疲労回復効果がある・・・
いや、ちょっと待ってくださいよ。

 

 

そりゃあ、まあ、確かに
実験結果から言えば、そう言えるでしょう。
アンセリンに大きな疲労回復効果がある、と断言できるでしょう。

 

 

でもね。
この実験結果というのは、被験者の「自己申告」なんですよ。

 

 

お金もらって集まってもらって
(お金もらったのかどうかは知りませんが、たぶん、そうじゃないかな、と)
アンセリン飲んでもらって、3週間経って、実験結果を
報告する日になって、担当の人から、

 

「どうでしたか? アンセリン飲んで、疲労回復しましたか?」

 

と訊かれたら、私なら、

 

 

「え・・・・ええ。まあ、なんとなく、疲労回復したような気がします」

 

と言いますよ、私ならね。
お金もらっているし(知らんけど)。

 

 

アンセリンが効果がないとか言う話じゃなくて、
なんか他の調査方法があるんじゃないか、という気もします。

 

まあ、嘘 言ってるとか、そうは思いませんが、
「アンセリン飲んだから、なんだか疲労が回復した気がする」
と私なら思い込みますけど。

 

 

じゃあ、実際には、どうなのか。
疲労回復したというのは、被験者の勘違いなのか。

 

 

 

いや・・そうじゃないのですね。

 

そこでマグロとカツオの話になってくるのです。

 

マグロやカツオの筋肉からアンセリンは抽出されているのですが、
そもそも、マグロやカツオは1日中、泳ぎ続けているのです。

 

別に泳ぐのが好きなわけじゃなくて、
泳ぐことによって、口とエラから海水に溶けた酸素を
体内に取り込むので、泳ぐのを止めたら死んでしまうのですよ。

 

だから、やむなく泳ぐ。

 

でも、そんな泳ぎ続けていたら疲れるはずなのに、
マグロもカツオも疲れ知らずなのは、なぜ?

 

それは、マグロやカツオに含まれている二種類の結合アミノ酸。
つまり、アンセリンに秘密があった、ということで。

 

アンセリンは、今でこそ、
尿酸値改善サプリメントというふうに考えられているようですが、
本来はアスリートなどのための、疲労回復サプリとして
研究開発されていたものなのです。

 

それが、いつの間にか痛風の人が飲む、
尿酸値改善がキャッチフレーズのサプリメントになってしまいましたが、
本来は、疲労回復に優れた効果が期待されているサプリなんです。

 

スポーツ選手や、選手じゃなくても運動する人が
アンセリンを飲むと疲労回復効果があるようですしね。

 

 

 

 

 

▼↓尿酸値が気になる方にオススメのサプリメント『慈凰』