〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
アンセリン 尿酸値 下がる?
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

アンセリンというのは、サプリメントのこと。

 

アンセリンというのは、疲労回復効果が期待できる、と
考えられているサプリですが、同時に痛風サプリとしても有名で、
このアンセリンを飲んで尿酸値が下がった、というのも
よく聞く話です。

 

これは本当なのか。
本当にアンセリンで尿酸値が下がるのか。

 

アンセリンで尿酸値が下がったことは本当かもしれないけど、
もしかしたら、実際に尿酸値が下がった人だけが
「尿酸値が さがった下がった!」と言ってるだけかもしれない。

 

つまり、アンセリンを同じように飲んでも、
尿酸値が下がった人もいれば尿酸値がたいして下がらなかった人もいて、
尿酸値が下がらなかった人はガッカリして興味を失って、
黙っているのかもしれない。

 

だから、尿酸値が下がった人の話ばかりが耳に届くけど、
万人に尿酸値が下がるかどうかは定かではない、ということ。

 

そもそも「痛風です」と病院へ行ったら、
「それではアンセリンを飲みましょう」などと医師から言われることは
決して「ない」ですからね。

 

あんせりん 通風

 

 

アンセリンの、世間での立ち位置は
「健康食品」あるいは「健康補助食品」です。
医薬品じゃありません。

 

 

「アンセリンには尿酸値を下げる効果がある」という
研究結果が発表されていますが、新聞にも載りましたが、
政府には認められていない、ということです。

 

まあ、自分で飲んで真偽を試してみるしかないですね。

 

他の人がアンセリンで尿酸値が下がっても、
自分が飲んで尿酸値が下がらないのならば、何の意味もないし。

 

 

それに、もし、アンセリンに尿酸値を下げる効果があっても、
だからといって、油断というか、アンセリンを飲んでいるから安心というか、
ビールをガブ飲みして、(プリン体の多い食品と言われている)肉やレバーを
たらふく食べて・・・その結果、痛風発作が出てしまった、と。

 

なんだ、アンセリンなんか、何の効果もないじゃないか・・
というのも、ちょっと違う気がするんです。

 

 

アンセリンを飲む人は、尿酸値を下がって欲しいから飲むのであって、
どうしてもアンセリンに対する期待値が高くなりがちですが、
過度の期待は禁物です。

 

アンセリンが
医薬品、尿酸値を下げる薬(フェブリクやザイロリックなど)より
効果絶大なハズがありません。

 

そりゃあ、もう、圧倒的に
フェブリクの方が尿酸値を大きく下げてくれるでしょう。

 

ただ、アンセリンは健康食品の範疇なので、
医薬品のような副作用もない、というメリットはあります。

 

フェブリクは大きく尿酸値を下げてくれますが、
眠くなったり、少し肝機能が落ちてきたり・・などという
デメリット(副作用)もありますからね。

 

 

アンセリン 通風

 

 

痛風改善法といえば、今も昔も
「生活習慣の改善」などと言われています。

 

どうも「生活習慣の改善」と言われてもピンと来ませんが、
基軸になるのは「徹底した食事制限」です。

 

いわゆる、プリン体の多い食品を食べ過ぎるのを控えましょう、ってヤツ。

 

控えましょう、などと言われましても、
肉とか魚とか、おいしい料理には、みんなプリン体は多めですから、
おいしくないものばかりを食べなさい、と言われているようなものです。

 

これ、なかなか、続きませんよ。

 

いえ、続きませんよ、じゃなくて、痛風なんですから、
できる範囲でもいいですから、やらなきゃしょうがない。

 

 

そこで、アンセリン、というわけです。
少し助けになるかも、と。

 

厳しい食事制限は、なかなか 実践できにくいかもしれませんが、
やや手綱を緩めた食事制限なら自分にも できるかもしれない。

 

そこに
アンセリンを併用してみる。

 

『「ぬるい食事制限+アンセリン」=尿酸値が下がったらいいのにな』
という作戦です。

 

 

 

さあ、うまくいきますかね?

 

 

▼↓プリン体が気になる方はこのサプリメント『慈凰』