アンセリンは、痛風発作の原因となる
尿酸値を低下する作用がある成分として注目されています。

マグロやカツオ、鳥類の筋肉中に含まれているので、
これらの食材を食べることでも摂取可能です。

 

しかし効率的に継続して摂取するためには、サプリを活用すべきです。
現在いくつかのメーカーから、
アンセリンの配合されているサプリメントが販売されています。

 

ところでアンセリンのサプリを摂取するにあたって、
摂取するタイミングなど何か注意すべきことはあるのでしょうか?

 

結論から言いますと、別にこの時に摂取した方がいいというルールはありません。
自分のタイミングで摂取するようにしてください。

 

アンセリンが医薬品ではないので、薬のように
食前や食後のような決まりはありません。
しかし、より高い効果を期待したいのであれば、
以下のルールを頭に入れて摂取してみてください。

 

まず、できるだけ一日数回に分けて摂取した方がいいです。
少しずつ摂取することで、成分が体内にある時間を長くできます。
こまめに摂取することによって、
より1日の中でアンセリンの効果の持続時間を長くできます。

 

その他には、毎日同じようなタイミングで飲んだ方がいいです。
そうすると、習慣として身につきやすくなるからです。

 

「○○をしたらサプリを飲む」といった習慣づけを行うことが大事です。

 

たとえば、食事をした後にサプリを飲むと決めてしまうと、
うっかり飲み忘れることも少なくなるはずです。

 

また、食後サプリを摂取するのは吸収効率を高めるためにも効果があります。
食べ物と一緒に消化・吸収されるので、体に入っていきやすいのです。

 

先ほど、アンセリンは医薬品ではないと紹介しました。
医薬品の場合、即効性に優れています。

 

しかしアンセリンは健康食品の一種なので、即効性はありません。
ですから少し摂取して思ったような効果が出なかったとしても、
もう少し我慢して使用を続けることです。

 

先ほども見たようにアンセリンには、尿酸値を低くする働きが期待されています。
すでにこのことはいくつか実験も行われていて、その有効性は実証されています。

 

その実験データを見てみると、
多くのものがアンセリンを服用してから2週間経過したところで
尿酸値の低下の有意性が認められています。

 

つまり、少なくても2週間程度は効果のあるなしに関係なく摂取を続け、
様子を見ることです。
即効性がないことはしっかりと頭の中に入れておくべきです。

 

そしてアンセリンには尿酸値低下の他にも、
抗疲労効果があることでも注目されています。

 

回遊魚や渡り鳥の筋肉中に多く含まれていることが渡っています。
このアンセリンの働きによって、長時間連続して
長距離移動できるだけのスタミナを維持できていると考えられています。
アンセリンの持つ抗酸化作用によって、
疲れにくい体質が維持されているからです。

 

そこで普段から激しい運動や練習をするアスリートの間でも、摂取されています。
もしこのような抗疲労効果を引き出すために
アンセリンのサプリメントを摂取するのであれば、
運動をする前に摂取するといいです。
そうすれば、スタミナ維持ができ長時間の練習などでも体がついてこられます。

 

さらに抗疲労作用を期待するのであれば、スポーツを行った直後
もしくは就寝前も摂取のタイミングとしておすすめです。

 

就寝前にアンセリンを摂取することで、その日1日の疲れをしっかりと取り除けます。
前日の疲れを残さずに、翌朝すっきりとした目覚めを期待できます。

 

またハードな運動をして筋肉痛が心配とか、
翌日しっかりと体がリカバリーできているかどうか不安というのであれば、
運動をした直後も摂取のタイミングといわれています。

 

アンセリンのようなアミノ酸の固まったペプチドの場合、
体内に取り込まれるまでのスピードが速いので、運動した直後に摂取するのは
体のダメージ軽減への効果が大きく期待できるためです。




↓↓ アンセリン 240粒アンセリン 240粒【メーカー直送品】(メーカー直送品と同梱可・他商品および...