アンセリンという成分が、さまざまな健康や美容で
効果を発揮してくれるのではないかということで注目されています。

アンセリンとはイミダペプチドの一種で、動物の骨格筋の中に含まれる
β‐アラニンとメチルヒスチジンという2種類のアミノ酸が結合している物質です。

 

ちなみに、私たち人間の筋肉の中にも含まれています。
アンセリンは、長時間連続して体を動かす動物に多く含まれています。

 

たとえばマグロやカツオのような広範囲を回遊する魚とか、渡り鳥のような
長時間翼を動かし続けないといけないような種類の筋肉に多く含まれます。
このように長時間運動を続けられるのは、アンセリンに
疲労予防や疲労回復サポートの効果が期待できるからとみられているのです。

 

そしてもう一つ、尿酸値を下げる効果も期待できるとして注目されています。
尿酸値の高い状態が続くと、痛風という
足などに激痛をもたらす発作が起こりやすくなります。

 

尿酸がなぜ体内でできるかというと、食事の中に含まれる
プリン体を分解するときに生成されるからです。
アンセリンにはプリン体の分解を抑制して、
再利用する働きのある酵素を増やす効果があります。
このため、尿酸ができにくくするわけです。

 

尿酸は尿によって排泄されるので、プリン体を過剰に摂取しなければ
一定のレベルで尿酸値は保たれます。

 

尿酸値を低くするためには、尿でいかに尿酸を排泄するかが重要なカギになります。

 

そしてアンセリンには、乳酸を減らす作用があります。
乳酸は体が疲れていると体内に溜まりやすい物質で、
乳酸が多く溜まると尿酸の排泄を邪魔してしまいます。

 

アンセリンの効果で乳酸を排除することで、尿酸をスムーズに排泄できます。
この2つの作用によって、アンセリンには尿酸値を下げる効果が期待できるのです。
しかも ただの仮説ではなく、
この仮説を実証できるような実験結果も出てきています。

 

尿酸値は6.5r/dl〜8.0r/dlの成人男性31人を対象にして、実験を実施しました。

 

7.0r/dlを超えてくると高尿酸血症と診断され、痛風のリスクが高まります。

 

実験対象の男性はいずれも、尿酸値は高めです。
この31人の被験者をプラセボという偽薬を飲ませたグループと
アンセリンを飲ませたグループに分けました。
プラセボを飲んだグループの尿酸値は下がらず、むしろ上がったのに対し、
アンセリンを飲ませたグループは2週間後から尿酸値が実際に下がったのです。

 

最初の尿酸値の平均が7.19r/dlだったのが、2週間後には6.97r/dlになって
高尿酸血症の基準より下になりました。
その後も摂取させたところ、さらに尿酸値は下がりました。

 

このようにアンセリンには、尿酸値を下げ痛風の発作を予防する効果が期待できます。
マグロやカツオに多く含まれているので、
できるだけ多く食べた方がいいような感じがします。

 

しかし、マグロやカツオはアンセリンが含まれる一方、
プリン体も多く含まれます。
せっかくの尿酸値を下げるアンセリンの効果も、
プリン体によって相殺される恐れもあるわけです。

 

また毎日同じ食材を食べ続けるのも味に飽きてしまって、現実的ではありません。

 

そこでアンセリンを摂取し続ける方法として、
サプリメントを使った摂取がおすすめです。
サプリメントであれば、毎日どこでも手軽に摂取できます。
携帯できるようなサイズなので、旅行や出張した場合でも
滞在先で摂取し続けることも可能です。

 

しかもアンセリンが凝縮して配合されているので、
小さな1粒でも大量の成分が含まれています。
いくつかのメーカーからアンセリンの配合されたサプリメントは販売されています。
尿酸値が高いといわれた、痛風が心配という人は
アンセリンのサプリメントでまずは対策を初めてみるのはいかがですか?




↓↓ アンセリン 240粒アンセリン 240粒【メーカー直送品】(メーカー直送品と同梱可・他商品および...