〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
プロペシア ミノキシジル
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

「プロペシア」と「ミノキシジル」は、
AGA治療薬(男性型脱毛症の治療薬)として非常に有効、
と考えられている医薬品です。

アメリカ食品医薬品局 (FDA) が
「プロペシアとミノキシジルは、AGA治療薬として有効」と認可していますしね。

 

 

通風 AGA

 

 

で・・
痛風の薬(尿酸値を下げる薬)と「プロペシア・ミノキシジル」は、
少し似ている点もあるのです。

 

それは・・

 

★「(ほぼ) 男性だけが必要なこと」

 

★「飲んでいる間“だけ”効果が見込めるのであって、
飲むのを止めると、元に戻ってしまう」

 

・・・ってことですね。
つまり、飲み続けなきゃ駄目よ、と。

 

 

そもそも、「プロペシア」と「ミノキシジル」は
どちらも、最初は育毛剤として研究開発されたものではないのです。

 

 

プロペシアは、前立腺肥大症の薬として。
ミノキシジルは、高血圧の薬(血圧降下剤)として。

 

研究を進めているうちに、副産物として、
被験者の髪がフサフサになってきたので、

 

「こっ・・これは、育毛剤として発売したほうが儲かるのではないか!?」

 

・・・と思ったのかどうかは知りませんが、結果的に、
育毛剤(AGA治療薬)としての方が有名な医薬品になってしまいました。

 

 

 

 

痛風 ミノキシジル

 

 

 

プロペシアの効能・・というか、働きを簡単に言うと、
「DHT(ジヒドロテストステロン」を阻害することによって、
皮脂を分泌させて、髪の毛穴を塞いだりさせにくくする、という作用があります。

 

DHTってのは、髪の成長を妨げる成分だったのですね。

 

 

ミノキシジルの方は、わかりやすくて、
血管を拡張して血流を良くして、頭皮への血流も改善。
そして、毛根への栄養分の流れを良くして、髪の再生を促進させる、ということ。

 

 

・・・ってことは、もしかすると?

 

 

そうです。
「プロペシア」と「ミノキシジル」は薬理作用(体に対する作用)が
異なるので、両方飲むことも可能なのです。

 

 

ただしね。
「プロペシア」と「ミノキシジル」は医薬品ですから、
やっぱり副作用があります。

 

これが心配でね。
もちろん、個人差があるので、ほとんど副作用がない人もいれば、
頭皮がかゆくなる、とか。
胃腸障害とか、性欲減退とか・・いろいろあるようです。

 

 

それに、痛風の人の場合、
フェブリクやザイロリックなどの尿酸値を下げる薬を
飲んでいる人が多いですから、これ以上、
薬を増やしたくない人もいるでしょう。

 

 

「プロペシア」や「ミノキシジル」を飲んでみて、
自分に副作用が出るかは、飲んでみないとわかりませんが・・

 

 

 

でもね。
頭髪の悩みは、なかなか人には わかってもらえませんしね。
育毛サロンとか、あまり効果のなかった育毛剤とか、
たくさんお金を使って、それこそ、何百万円も使っている人も
いますしね。

 

それくらい、本人には深刻な悩みなんですよ。
薄毛と無縁の人には、わからないでしょうけどね。

 

 

 

で・・
プロペシアを試してみるなら、ジェネリック(後発薬)が出ています。

 

▼↓[プロペシアジェネリック]フィナロ(Finalo)1mg

 

 

 

でも、痛風の薬も飲んでいるし、さらに
これ以上、薬を増やすのは、どうかな・・という人には、
内服薬ではない、ミノキシジル含有の育毛ケア(外用)を選択する、
という方法もあります。

 

外用薬といっても、皮膚から薬剤(ミノキシジル)を吸収するわけですけど、
微量ですし、内服薬よりも体に優しいかな、と思います。

 

 

まず、最初、この外用薬を試してみて、副作用の面も含めて、
自分の体に合いそうかな、大丈夫だな、と思ったら、
「プロペシア」や「ミノキシジル」などの内服薬を試してみる、
というのも方法の一つかもしれませんね。

 

 

 

▼↓爆毛根ローション(Bakumokon)7%