〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
フィンペシア 購入
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

「プロペシア」というのは、男性型脱毛症治療薬のこと。

 

飲めば、百発百中で毛が生える!
・・・というわけではなく、実は
「抜け毛の進行を抑える効果」があったり、男性型脱毛症(AGA)の
改善効果があるのは、9割程度らしい。

 

9割、といっても90パーセントですからね。
個人差があるので何とも言えない部分もありますが、
90%なら、大部分の人が「プロペシア」で ほぼ
AGA(エージーエー)改善に効果があった、と言っても良いのでは。

 

 

で、このプロペシア。
なんでAGA(男性型脱毛症)に効果が期待できるのか、というと、
「フィナステリド」という有効成分を含有しているから。

 

 

フィナステリド?
なんですか、それは?

 

フィンペシア格安

 

 

フィナステリドってのは、プロペシアに含まれている成分のことで、
薄毛を防ぐ効果がある成分、と考えられています。

 

この根拠は、どこから来ているのか・・というと、
なんで髪の毛が薄くなるのか、脱毛が進むのか、という話になってくるのですが、
ここで男性ホルモンが関係してきます。

 

まあ、女性も薄毛になる場合もありますが、
その話は、ちょっとコッチへ置いておいて。
今は男性の話ね。

 

どうして薄毛や抜け毛が増えるのか、というと、
「テストステロン」という男性ホルモンが、
「ジヒドロテストステロン」という成分に変化するから。

 

 

テストステロン?
ジヒドロテストステロン?

 

 

読むのも面倒くさいですが、要するに
「テストステロン」という男性ホルモンが、
「ジヒドロテストステロン(DHT)」という成分に変化してしまうと、
男性型脱毛症が進行してしまう、ということ。

 

 

じゃあ・・
その「テストステロン」という男性ホルモンが、
「ジヒドロテストステロン(DHT)」という成分に変換されないようにしたら、
抜け毛が減ったり、髪の毛が薄くならないのね?

 

 

ところが、ねえ・・・
男性の場合は、年齢とか遺伝とか、いろいろあって、
頭髪の悩みを抱えている人が多いのですよ。

 

 

で、なんとかしなきゃ。
なんとかしたい、ということで。

 

「プロペシア」に含まれている「フィナステリド」という成分が
「テストステロン」という男性ホルモンが、
「ジヒドロテストステロン(DHT)」という成分に変化するのを抑制してくれる。
すなわち、薄毛の進行を抑制してくれる、ということ。

 

わかりにくい話ですが、ひらたく言うと、
フィナステリドに男性ホルモンの働きを抑える作用がある、と。

 

これが、いわゆる、男性型脱毛症の治療に
「プロペシア」が広く使用されている、主な理由です。

 

 

ところがね。
この、男性型脱毛症の治療に一世風靡した「プロペシア」にも
難点があって。

 

難点っていうか・・・高いのですよ。
つまり、薬価が高くて、お財布に厳しいってわけ。

 

 

 

毎月のことですし、もうちょっと、
価格の面で、お安くならないの?

 

 

・・・というわけで、
「プロペシア」の後発薬(ジェネリック)が注目を浴びているようです。

 

 

プロペシアのジェネリック?
安いの?

 

 

フィンペシア激安

 

 

プロペシアのジェネリック →『フィンペシア』

 

 

「フィンペシア」は「プロペシア」の後発医薬品(ジェネリック医薬品)で、
プロペシアと同じく、飲むタイプのAGA(男性型脱毛症)治療薬です。

 

 

ところで、「フィンペシア」と「プロペシア」は、どう違うの?

 

ジェネリックって・・・
先発医薬品(新薬)の特許が切れただけで同一のものなんでしょ?

 

 

いえ、微妙に違うんですよ。
「先発医薬品=後発医薬品(ジェネリック)」では ないんです。

 

先発薬とジェネリックは、成分・効果効能ともに「ほぼ」同じです。

 

 

ほぼ同じ?

 

つまりね。
先発薬とジェネリックは、主成分が同一ですが、
副成分は少し違う成分である場合があるのですよ。
そうすることによって、大幅に薬価を安くして、
患者さんが購入しやすくするのです。

 

それでいて、主成分が同じですので、限りなく
先発品と「ほぼ」同じ効果効用が期待できる。

 

それが「ジェネリック」というわけ。

 

 

完璧に先発薬と一致じゃなくても、成分が「ほぼ」同じで
同じ効果が期待できるんだったら、大幅に安い薬価(購入価格)
のほうがいいでしょ?

 

・・・・というわけで、ジェネリックを買う人の方が
圧倒的に多いようです。

 

 

 

ちなみに
プロペシアには『フィナステリド 1mg』が含有されていて、
プロペシアのジェネリックの「フィンペシア」にも
『フィナステリド 1mg』が含まれています。

 

つまり、大事な成分はシッカリと「フィンペシア」にも受け継がれていて、
肝心な成分はプロペシアも安価なフィンペシアも同じ、ってこと。

 

 

また、フィナステリドってのは、FDA(米国食品医薬品局)が認めている
男性型脱毛症の治療薬ですから。
世界60か国以上で承認されているらしいので、その点は安心ですね。

 

 

フィンペシア購入

 

 

あとね。
プロペシアよりも格安な「フィンペシア」ですが、
“キノリンイエロー”という着色料が入っていないタイプのものがいいです。

 

というのも、キノリンイエローってのは、
発がん性物質の可能性がある、と話題になったことがあるので、
そうじゃないタイプのものを選択するのが無難。

 

どうせ「フィンペシア」を購入するなら、
「キノリンイエロー・フリー」、つまり、キノリンイエローが
含有されていないタイプを選ぶようにしたほうがいいです。

 

(最近は、キノリンイエローが入っているタイプなんか、
見かけないですけどね)

 

 

 

・・・・・・・・というわけで。

 

『フィナステリド 1mg』が含まれている、
プロペシアのジェネリックの「フィンペシア」。

 

飲んだから、といって、即日、
抜け毛が止まったり、発毛促進したり・・というわけではありませんが、
地道に、とりあえず、半年間、努力してみる、というのもアリかと。

 

早い人は3ヶ月くらいで
大きな成果がある人もいるようですけどね。
個人差があるので、やってみないとわかりません。

 

でも、やってみなきゃ、成果も得られないので、
試してみる価値はあるかもしれませんね。

 

 

 

 

▼↓フィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)1mg